サポートセンター

オーストラリア基本情報

オーストラリア留学情報

お問い合わせ

毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

電話

東京カウンセリングルーム

0120-655153

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

大阪カウンセリングルーム

0120-952295

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

オーストラリア留学

基本情報

> > 基本情報


大自然とのんびりした雰囲気が魅力

オーストラリア基本情報

地図

【国名】 オーストラリア連邦
【首都】 キャンベラ
【言語】 公用語は英語(豪語)。文字の綴りなどは基本的に英国式が用いられている。
【通貨】 オーストラリア・ドル A$1.00=100A¢=約90.29円 (2016年5月現在)

【パスポート】 入国に際し、滞在予定期間有効のものが必要。残存有効期間が6か月を切っているような場合は、更新しておいた方が安心だ。
【大使館】 オーストラリア大使館
〒108-8361 東京都港区三田2-1-14
【物価】 経済の成長に伴い、物価が上昇している。
水500ml約1.5$〜、コーヒー約4$〜、サンドウィッチ約5$〜、映画約20$〜
【気候】 南半球にある国なので、季節は日本と逆。面積は日本の21倍という広さだけあって、都市により気候は実に多様だ。四季のあるシドニー、メルボルン、パースでも、気温は比較的温暖。年間を通して日差しが強いので、帽子、サングラス、日焼け止めクリームは必携。夜は夏でも気温が下がるところもあり、また、建物の中は冷房が効いていることも多いので、羽織るものを用意することを勧める。
【日本との時差】 標準時間は3つあり、東部で+1時間、中央部で+30分、西部で-1時間。一部の州でサマータイム制を実施。原則としてNSW州、AUS連邦首都特別区、 VIC州、南AUS州は10月最終日曜から3月最終日曜まで、TAS州は10月第一日曜から3月最終日曜日が、さらにプラス1時間となる。
【電話】 公衆電話は、コインとテレホンカード両方使用でき、市内通話は1回50セントで時間は無制限。テレホンカードはニュース・エージェントやコンビニエンス・ストアなどで購入できる。国際電話も、市内の銀色の電話(青やオレンジ色でも一部可能)からテレホンカードやクレジットカードで簡単にかけられる。

KDDI国際電話のかけ方ガイド

【インターネット】 気軽に利用できるインターネットカフェは、主要都市、特に学生やバックパッカーなど若者の多いエリアに数多くある。料金は場所によって異なるが1時間3ドル程度。
【日本からの
フライト】
日本からの直行便は日本航空、カンタス航空、ジェットスターの3社がシドニー、ケアンズ、ゴールドコーストへ就航している。直行便の運行していないブリスベンやメルボルンへはアジア系航空会社を利用し経由便にて就航している。
【治安・安全情報】 治安その他の安全情報については、外務省「海外安全ホームページ」にてご確認ください。 外務省 海外安全ホームページ

>>オーストラリア留学のトップページへ戻る

  • カウンセリング予約
  • 説明会とイベント
  • 資料請求

ページTOP


ページトップに戻る