サポートセンター

メルボルン留学特集

welcome to academic city





お問い合わせ

毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

電話
東京カウンセリングルーム

0120-655153

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

大阪カウンセリングルーム

0120-952295

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

STUDY MELBOURNE
メルボルンの教育事情

毎日留学ナビ>>メルボルン留学特集>>メルボルンで学ぶ〜メルボルンの教育制度と特徴



暮らしやすく、学習環境が整った街メルボルンは、これまでに世界各国から何十万人もの学生を 受け入れてきた人気の留学先。 ここでは、メルボルンで実現できる留学スタイルの一部を紹介しよう。


語学留学

語学留学

ビクトリア州の語学学校では、一人ひとりのレベルとニーズに合った「集中英語コース」が留学生に提供されている。これらのコースは全て政府の認可を受けており、質が保証されているので、留学生からの信頼も高い。期間は4週間から1年間と幅広く、ほとんどのコースで1年を通して入学を受け入れている。




語学学校の英語各種コース

語学学校では、英語を全般的に学ぶコースだけでなく、以下のようなさまざまなコースが提供されており、それぞれのニーズに合った幅広いコースを選ぶことができる。

 ■ 試験対策コース:
    TOEIC®TEST、TOEFL、IELTSなどのスコアアップを目指す
 ■ ビジネス英語コース:仕事で使える英語を身につける
 ■ 英語+αコース:
    英語学習とインターンシップやボランティアなどを
    組み合わせたコース
 ■ 英語教師養成コース:英語教授法を学ぶ
 ■ 専門英語コース:
    ホテル、ツーリズム、看護など特定の仕事で必要な英語を学ぶ
 ■ 進学準備コース:
    大学、職業訓練校に進学するために必要な英語力を身につける

※TOEIC® is a registered trademark of Educational Testing Service.

大学・職業訓練校付属の英語コース

大学・職業訓練校付属の英語コース

ほとんどの大学や職業訓練校に、入学に必要な英語力やスキルの習得を目的とした付属コースがある。大学、職業 訓練校の授業についていくための高い英語力とともに、ノートの取り方やレポートの書き方、プレゼンテーションの仕方などのスキルを身につけることができる。
語学留学後の進学を考えている人におすすめしたい。



さらに詳しく知りたい方は、こちらのページをチェック!
 オーストラリア・ビクトリア州メルボルンの留学情報サイトへ (外部リンク)


「メルボルン・ストーリーズ」 (ビクトリア州政府刊行)

メルボルンに語学、大学院進学など様々なスタイルで留学した方々のストーリーを紹介するパンフレットです。(無料)

ページのトップへ戻る




大学・大学院留学

メルボルン市内や近郊、そしてビクトリア州の各地に9校の公立大学と、政府の認可を受けた私立高等教育機関が数多くある。2005年、州内の大学には約51,000人の留学生が入学したが、これは大学生の5人に1人は留学生という計算になる。ビクトリア州の大学が国際的に高い評価を受けていることが、その背景にある。



ランキングで見る、オーストラリアの大学のレベル

毎年発表される「QS世界大学ランキング」で見てみるとトップ100にランクインする
大学を見るだけでもオーストラリアの教育の水準の高さが分かる。

       
 
   1.  University of Cambridge
   2.  Harvard University
          *
  20. Australian National University
   24. University of Tokyo
   25. Kyoto University
          *
  37. University of Sydney
  38. University of Melbourne

          *

【トップ100ランクイン大学数】
日本:5校
オーストラリア:7校

       

ビクトリア州の大学情報の詳細はこのサイトでチェックしよう!
 オーストラリア・ビクトリア州メルボルンの留学情報サイトへ (外部リンク)



職業訓練校留学

メルボルンをはじめビクトリア州の各地には、キャリアに直結する実践的な知識やスキル、資格の習得を目的とした職業訓練校が多数ある。18の政府機関が運営する公立と、数多くの私立の職業訓練校があり、高水準の職業教育・訓練を提供する機関として世界的に高い評価を受けている。
公立の職業訓練校はTAFE(Technical and Further Education/テイフ)と呼ばれ、独自のキャンパスを持つところや、大学の一部機関として運営されている学校もある。また、私立の職業訓練校も数多い。


職業訓練校の詳細は、こちらのページをチェック!
 オーストラリア・ビクトリア州メルボルンの留学情報サイトへ (外部リンク)



中学・高校留学

 

ビクトリア州の小学校、中学校、高校では質の高い教育が提供されており、国際的にも高く評価されている。生徒たちは週5日、毎日6時間の授業や課外活動を通して学んでいる。ビクトリア州の教育システムでは、1〜6学年が日本の小学校にあたり、7〜10学年が中学校、11〜12学年が高校にあたる。 中学と高校は一貫性でセカンダリースクール(Secondary School)と呼ばれている。大学進学を希望する生徒は、11学年から12学年で州政府公認の高校修了資格(VCE/Victorian Certificate of Education)を取得するための共通試験に向けて学ぶ。VCEを取得することにより、国内外の大学への入学資格を得ることができる。また、国際的に通用する高校卒業資格である国際バカロレア(International Baccalaureate)を授与する学校も多い。


中学・高校留学の詳細は、こちらのページをチェック!
 オーストラリア・ビクトリア州メルボルンの留学情報サイトへ (外部リンク)



メルボルン留学裏話

フレキシブルな教育制度

ビクトリア州の教育制度は非常にフレキシブルで、州内の小学校・中学校・高校、職業訓練校、大学で取得できる資格は互いに関連しており、転校や編入など教育機関間の移動がしやすくなっている。学生はニーズに合わせてコース変更や転校、編入ができる。
たとえば、職業訓練校でビジネス分野のディプロマ(diploma)資格を取得し、その資格をもって大学のビジネス専攻課程に編入することも可能。職業訓練校で取得した単位は大学入学後の単位としても認められる。また、職業訓練校で学ぶような実践的な職業スキルを大学でも身につけるということも可能だ。





「メルボルン・ストーリーズ」 (ビクトリア州政府刊行)

メルボルンに語学、大学院進学など様々なスタイルで留学した方々のストーリーを紹介するパンフレットです。(無料)

ページのトップへ戻る


メルボルンへのご留学のお問い合わせはこちら

株式会社 毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

東京本社カウンセリングルーム:0120-655153

月〜金/第1・第3土 10:00-18:00
東京都千代田区一ツ橋1-1-1
パレスサイドビル9階 地図・アクセス

大阪支社カウンセリングルーム:0120-952295

月〜金/第1・第3土 10:00-18:00
大阪府大阪市北区梅田2-5-6
桜橋八千代ビル6階  地図・アクセス


  無料留学相談(カウンセリング)も実施しています。お電話やメールでのご相談も承ります。
  下のボタンをクリックして、専用フォームからご予約いただけます。

 カウンセリング予約フォームへ



メルボルン特集インデックス


ページトップに戻る