サポートセンター

海外留学をもっと楽しく!〜 毎日留学ナビ、2月の特集

トピックス



2/15号 トーチリレーで実感した「カナダの最大の資源」とは?

こんにちは、バンクーバー現地スタッフです。
本日は現地デスクも位置する、ジョージアストリートからのリポートです。

ジョージアストリートはバンクーバーのダウンタウンを東西に横断して走る主要ストリート。世界でもトップクラスのホテルや、大手企業のオフィスビルが立ち並ぶビジネスエリアです。

いつもは車が忙しなく往来するこのストリートが、2月12日にはオリンピック・トーチリレーの走行コースとして、一時的に封鎖されました。同日は沢山の人々の声援を受けて走者が駆け抜けて行くのを目にしながら、バンクーバー、そしてカナダの息吹を感じました。

実はカナダは今年でやっと143歳になるとても若い国。 多くの日本人の方にとってはカナダはアメリカの上にある寒くて自然の豊かな国といったイメージではないでしょうか。

ウォーターフロントステイション

確かにカナダにはまだ手付かずの自然が豊かに残され、林業をはじめとする農産業、そして天然資源も豊かです。しかし、この国が持つ最大の資源は実は『人的資源』です。異なる民族的背景を持つ人々が平和裏に共存し、個々の能力技能を活かし、協力しあってこの国を支えています。

英語あるいはフランス語をコミュニケーションの基軸とし、世界各国から訪れる人々を受け入れ、共に国を育てようとする意識。違いを学び、それらの文化的差異を地域の財産として共に楽しみながらチャレンジに対して前向きに取り組もうとする姿勢。

カナダを横断して辿りついたトーチを様々な民族的背景を持った人々が一様に目を輝かせ沿道で声援を送る姿は、1つの言語、共通の文化的背景の中で育った私たち日本人にとって、改めてなかなか圧倒的な光景でした。

この都市の持つ、多様性が生み出すエネルギーをひとりひとりに感じ取っていただきたいから、そして国を超えてのコミュニケーションに欠かせない日本語以外の言葉を学んで欲しいから、ぜひ一度、日本を離れ、バンクーバーで学んでみませんか。

リンク バンクーバー現地サポートデスクの情報はこちら

トーチリレー





「バンクーバー現地デスクレポート」 バックナンバー

リンク 2/9号 見どころがいっぱい!ウォーターフロントステイション
リンク 2/1号 ロブソンストリートも五輪ムードに


  【おすすめブログ】 ただいまオリンピック・ボランティア中!orangeさんのブログ


Letters from Vancouver   Letters from Vancouver

バンクーバー在住のorangeさんによるブログ。2006年に大学留学のためにバンクーバーへ渡り、現在はカナダ永住権をもつorangeさん。日々の生活やトピックスが、きれいな写真とともに綴られています。授業のエピソードも詳しく紹介されているので、大学留学希望者は必見です。 オリンピック期間中は、なんとオリンピック・ボランティアとして活躍されるとのこと。読んでいるとカナダで暮らしてみたくなります!

 2月の特集「バンクーバーで留学生活!」に戻る

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る