サポートセンター

S.Hさん(上海師範大学)5|中国留学体験談

中国留学お役立ち情報

お問い合わせ

毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

電話

東京カウンセリングルーム

0120-655153

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

大阪カウンセリングルーム

0120-952295

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

中国留学

留学体験談
S.Hさん(上海師範大学)5

> > > S.Hさん(上海師範大学)5


中村先生への便り(5)  「再びペッペの巻」

名前 S.Hさん (63歳) S.Hさん
プログラム 長期語学留学
都市 中国/上海
学校 上海師範大学
期間 6カ月 (2008年8月〜) 

中村先生

中国の問題は「あ、またか!」と思いますが日本の三笠フーズはどうもわかりません。あの社長さんを見ると なんだか人が良さそうで、「なんでこんな人がこんな怖いことが出来るんだろう」と思わずにはおられません。
毒が入っているから事故米で安くかったんでしょう。なぜそれを普通に売るのか?まあ普通の神経では理解できません。あのお歳では多分70歳くらいで一番分別をわきまえた方だと思うのですが。日本は少しづつ狂って来てるようです。全く先生のおっしゃる通りであります。

ところで今日又新しい発見がありましたのでご報告いたします。


★ 再びペッペの巻

外賓楼の部屋からの眺め今日カーテンレールが壊れかけているのを発見、いつも部屋を奇麗にしベッドメイキングしてくれる若い服務員(これ中国語で非常に普通の言葉であります。若いと言っても中堅(30歳未満か)の女性であります。)に修理を頼んだところテキパキ処理し、大工のおじさんが大きな脚立を持って修理にやって来ました。服務員の彼女もいっしょにきて、脚立を支えておりました。


とその服務員の女性が窓を開けました。
風を入れるためかと思いましたらななななななななんとガーという音と共にペっと口のなかのものを窓の外に吐き出したのであります。私はいつも服務員に気を使い、服務員が私を気にしないといっても、私もお客ですからねえ。もうびっくりであります。

その前もその後も全く普通の態度です。私のところは5階ですからちゃんと下を見たのかなあと気になります。つまりぺっぺっと道に吐き出すのは悪いことではないんです。多分人にそれが当たっても「あんた運が悪いねえ」と思うだけではないかと思います。つまり道路はごみ箱なんですね。

そそっそれからもうひとつあるんです。

大工さんが修理終了し当然屑が出るわけです、大工さんはそれを紙に包み、その紙を服務員に渡したのです。
私は「これもきっと窓から捨てるぞ。道路がごみ箱なんだから。」と確信して見ていたのです。
そしたら果たして窓からぽいと捨てたんです。「当たったあ!」と複雑な心境でした。
この服務員が部屋はピッカピカにしてくれるんです。トイレもバスタブもピッカピカなんです。

つまり中国の文化は家の外と内が明確に分かれているのだと確信しました。
これは多分有史以来王朝が変わるたびに外はメチャメチャに壊され汚れ、自分の家の中だけが大切な守るべきところという認識が中国4000年の歴史で出来上がったのではないでしょうか?(私の新説)

又ご報告いたします。


【中村先生への便り】 全27回


中国 中国 留学体験談へもどる >>




  • カウンセリング
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページTOP


ページトップに戻る