サポートセンター

C.Sさん(中国人民大学)3|中国留学体験談

中国留学お役立ち情報

お問い合わせ

毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

電話

東京カウンセリングルーム

0120-655153

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

大阪カウンセリングルーム

0120-952295

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

中国留学

留学体験談
C.Sさん(中国人民大学)3

> > > C.Sさん(中国人民大学)3


中国人民大学・留学生活レポート (3) 学習編〜授業について

名前 C.Sさん(女性・20代)

C.S.さん

写真左がC.S.さん
プログラム 長期語学留学
都市 中国/北京
学校 中国人民大学
期間 1年 (2012年3月〜) 

週5日、1日2コマの授業が行われます。
テキストはクラスによって違うので、指定されたものを学校で購入します。
中間テストと期末テストが行われます。

成績は、先生の方針によって異なりますが、たいてい中間、期末の成績と普段の出席や授業態度などを総合的に判断してつけられるようです。


■設置クラス

語学のクラスは、次の4種類があります。

 

基礎
初級
中級
高級


2月から始まる後期の授業は、高級のクラスが前期よりも多く開設されます。
2011年度の後期のクラスでは、基礎クラスを除いて各レベルごとに4クラスずつ開設されました。

つまり、例えば中級なら、中級クラスの中でA@、AA、B@、BAの4つのクラスが開設され、A@が一番上のクラスとなり、このように細かくレベル分けされたクラスで半年間授業を受けることになります。
その年の留学生の数によって変動はあると思いますが、例年このような感じのようです。
このように、人民大学では細かくクラス分けされた授業を受けることになり、より自分にあったクラスで授業を受けることができます。


■授業内容

授業内容は、次の5種類あります。

 

@ 口语 (会話の授業)
A 听力 (聞き取りの授業)
B 阅读 (文章を速く正確に読む授業)
C 精读 (文法事項などを詳しく取り上げて、文章を正確に読む授業)
D 写作 (作文の授業)


休み時間を挟んで、一日に2つの授業が行われます。また、授業が1日に1つしかない日が、週に1度各クラスにあります。また各授業の担当は、それぞれ違う先生が担当しますが、クラスによっては一人の先生が2つの授業を兼任している場合もあります。

また、各クラスには担任の先生がいます。授業のどれかの先生が担任の先生になります。

また、授業開始後1週間の間は、各自自分が指定されたクラス以外の授業を自由に受けられるようなっています。これは、自分が指定されたクラスが自分のレベルに合っていないと感じた場合に、クラスを移動するために行われています。

試しに授業を受けたあと、自分が当初指定されたクラスよりも上のクラスに行きたい場合は、1週間のお試し期間が終わったあとに行われるテストを受けて、合格すればクラスを移動できます。
ただし、希望するクラスの人数や定員などによって、テストに合格しても移動できないこともあります。下のクラスに下がる場合も同様です。このようなことはまれにあるようです。


■レベル
多国籍なクラスメート

クラスによって生徒の数には開きがありますが、だいたい20名前後です。

人民大学の語学留学には、様々な国の人がやってきます。 ロシア人、韓国人、日本人が特に多いと思います。

2011年度の日本人の語学留学生の数は、20名前後でした。

ロシア人、韓国人はもっと多かったです。


各自の中国語学習歴やレベルによって異なりますが、多くの日本人留学生は中級から始めるのが多いようです。その他、英語圏の様々な国からも多くの留学生がやって来ます。ほぼ大半の留学生は、9月から1年コースで語学コースに入学してきます。9月から始まる前期の授業時は、初級と中級のクラスが後期よりも多く開設されます。

平均的に見て、前期は多くの留学生の中国語レベル(主に会話)はあまり高くないようですが、後期が始まる頃にはみんなある程度は中国語での会話ができるレベルになっています。

それにより、前期と同じクラスでも、後期ではレベルが全体的に前期と比べて少し高くなっています。

例年、2月(後期)から留学に来る人はあまりいないようです。ちなみに、2011年度の後期から入学した生徒は、10名以下だったようです(日本人は4名)。

ですから、後期から授業に合流する場合、始めは前期から留学しているクラスメートに比べて、とりわけ会話の力の点では、遅れをとっていると感じてしまうこともあるかもしれませんが、徐々に自分も力をつけていくことが出来るので、心配はいりません。

ちなみに、日本人は、海外の国の人と比べて、漢字を日頃から読み書きしているという点で少し有利です。多くの外国人は漢字を覚えるのに非常に苦労しているために、会話(中国語のリスニング・スピーキング)の能力は高いけれども、文章を読んだり、書いたりするのがあまり出来ない人が多いと感じました。中にはもちろん、一生懸命勉強して読み書きもできる外国人も大勢いますが、そのような外国人はとりわけ高級以下のレベルの外国人に多いと思います。

先生によって授業の進めかたや、出す宿題の量は変わってくるので、何とも言えませんが、さほど多くの宿題はだされないと思います。




【中国人民大学・留学生活レポート】 全4回

(1) 生活編
(2) 宿舎編
(3) 学習編 〜授業について
(4) 学習編 〜授業以外での学習環境について



中国 中国 留学体験談へもどる >>




  • カウンセリング
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページTOP


ページトップに戻る