スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

コラム「留学あんしんサポート」第1回

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

留学あんしんサポート

> > 留学あんしんサポート1

第1回:快適な留学生活の転ばぬ先の杖-“Insurance”

プランニングスタジオ・ベガ 中野かおる

プランニングスタジオ・ベガ

中野かおる

商品、販売促進などを中心に、様々な企画・制作を行っているプランニングスタジオ・ベガ代表。留学生の取材記事も多く手がける。自身も海外旅行先で、スキー、ゴルフ、乗馬などのアクティビティを楽しむのが趣味。

私は仕事柄、留学生や留学を目指す人達とお話する機会が多くあります。語学を学ぶため、ファッションビジネスやアスレチックトレーニングなどの専門分野の勉強をするためと目的は様々ですが、皆さんキラキラした目で留学や帰国後の夢を語ってくれます。

そんな方達も、留学中に生活環境の変化で体調を崩したり、思わぬトラブルに遭遇することも少なくないようです。医療費が高いから、風邪をひいても病院に行けずにこじらせてしまったとか、勉強疲れでうっかり眠ってしまって、お風呂のお湯をあふれさせてアパートの階下に漏れ、大変な修繕費を弁償することになったという人もいました。そんなことになったら、本来学びたいことに集中できないし、留学生活をエンジョイできませんよね。

そんな時、保険に入っていたら、経済的にも精神的にも負担は大きく軽減できます。留学前は、勉強の追い込み、渡航の準備などやることがたくさんあって、保険のことまで気がまわらない人も多いのですが、安全・快適な留学生活を送るために保険には必ず加入しましょう。

では、いつ、どんな保険に入ればいいのでしょうか?まず、タイミングは日本出国前です。空港で入ることも可能ですが、自宅を出たときから保険の対象になるので、出発前日までに入ることをお勧めします。インターネットでも加入できますが、自分に最適なプランに入るためにも、留学代理店や旅行代理店、保険会社のサービスセンターなどで、専門家に相談するのが一番です。余裕を持って1カ月くらい前には手続きをしましょう。

保険の種類は、ずばり海外留学保険があります。現地の滞在方法によって、寮・ホームステイ用プランやアパート・借家用プランがあり、長期留学(6ヶ月以上)には歯科治療費用まで補償されるものもあります。費用は、1カ月の留学だと、1.5万円くらいです。

もし、現地で病気になったら、加入した保険のサービスセンターに電話すれば、近くの病院を紹介してくれるので心強いです。保険は英語で、“Insurance”。病院で保険証券を見せて、「Can I use this insurance?(この保険使えますか?)」って言えば、病院側で対応してくれます。保険は、快適な留学生活の転ばぬ先の杖ですね。

次号は、留学経験者にインタビューしますので、お楽しみにしてください。


AIUの海外留学保険
安心の補償内容で長期留学もしっかりサポートするAIUの海外留学保険。出発当日までインターネットから加入できます。 (リンクをクリックするとAIU保険会社のサイトへジャンプします)



Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る