スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

コラム「行けばわかるさ」第19回

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

行けばわかるさ

> > 行けばわかるさ

第19回: 就職・転職が上手くいっていないキミへ…大丈夫だぁ。

丹勇貴

扶桑法務事務所

丹 勇貴(たん ゆたか)


大学卒業後、特殊法人職員、翻訳・通訳業などをしながら、週4日はサッカークラブの夜間練習に参加するという“夢追い人生活”を経験。夢追い終了後、商社勤務、レストラン経営等を経て現職。著書「就職は自分の“売り”で勝負しろ」


大学生・高校生の就職戦線が非常に厳しいというニュースがマスコミで連日のように報道されていますが、今このコラムを見ている人の中にも、まだ内定がもらえず、悶々としている学生さんや、転職しようと思っていたのに、景気の悪化で予定が狂ってしまったという社会人もいるのでは?
でも、大丈夫。こんなときは、落ち着いて状況を見つつ、しっかりと勝負時のための準備をしておけば、絶対に何とかなりますよ。

この手のコメントは、よく安定した立場にある評論家先生たちが発せられるので、「バカやろう、気休め言うんじゃないよ!」と思われる方もいるかと思いますが、私は零細法務事務所を営む個人事業主なので、私の「大丈夫だぁ」はそこいらの評論家先生たちの「気休めの言葉」とは真実味が違いまっせ!

私は他人よりもちょっと独立心が強いため、組織に所属しては独立するということを、これまで数回繰り返してきました。ただ、不思議なことに、私が独立しようと決心すると、決まって経済情勢が急転直下で悪化するんですね〜。結果として、結構痛い目に遭ったことも少なくないのですが、人間というものは、目一杯もがくと、何とか最悪の事態は免れるものなんですよ。

ちょっと主旨が違うたとえ話かも知れませんが、皆さんは「ハイブリッドイグアナ」というものをご存知でしょうか?数年前にガラパゴス諸島海域の海草がエルニーニョ現象のため、枯れてしまい、それを主食としていた「海イグアナ」が壊滅的な打撃を受けたときに、飢えにじっと耐えていた海イグアナの一部が種族存続のために、サボテンを主食とする「陸イグアナ」と交尾して、海陸両方で生きることのできる「ハイブリッドイグアナ」を作ったのです!

まさにダーウィンの有名な言葉「強い生物が生き残るのではない、賢い生物が生き残るのでもない。生き残るのは、変化に対応できる生物だ」(といった主旨のもの)をそのまま事例にしたような話ですが、これは私たち人間にも当てはまることですよね。

今日、いくら就職事情が悪いといっても、まったく就職先がないわけではありません。ダーウィン的に言えば、志望企業・業界に対する目線を変え、今、この状況下で自分が就職できる会社に入り、自分の能力を磨いてチャンスを待つ、というのも「進化」するための選択肢の一つではないでしょうか。
イグアナ的に今でも進化中の私は、絶対そう思いますよ。



Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る