スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

コラム「ぽっかぽか大連だより」第3回

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

ぽっかぽか大連だより

> > ぽっかぽか大連だより

第三回:それぞれのチャイナドリームを叶える場

篠崎氏

ハオ中国語アカデミー

篠崎将彦(しのざきまさひこ)


1975年5月4日生まれ。埼玉県出身。株式会社ハオ中国語アカデミー中国語講師を経て、大連校マネージャーとなる。中国や東南アジアを放浪する癖がある。一方で、演歌と落語をこよなく愛す。

今回のお話は我が職場、ハオ中国語アカデミー大連校について。

日本では、ハオ中国語アカデミーといえば、全国9ヶ所に拠点をもつ中国語学校だが、我が大連校は少々特別。というのは、日本のハオからの語学留学生を除けば、ほとんどの生徒さんは、ここ大連でコールセンター事業を行っているマスターピース大連の社員の方であるということ。通信販売の電話注文を受けたり、家電のテクニカルサポートが主な業務とのことだ。大勢の日本人オペレーターさんたちが、退勤後や休日を利用して、当校に通ってくださっている訳で、会社の補助もあり、なんと毎月20回程度のマンツーマンレッスンを受けている。(ほぼ毎日中国語を勉強できるマスターピース社の環境は、すばらしいの一言!だから上達も早い!)

また、ここの生徒さんたちは実によく勉強する。退勤後、疲れているにもかかわらず、休まずにレッスンに来る。そう、なぜなら彼らにはそれぞれの夢があるからだ。ある生徒さんは、中国語を身に付けたら、貿易会社で日本と中国を行き来する仕事をするのが夢。ある人は、中国で自ら会社を起こす。ある人は、中国で自分のレストランを開きたい。またある人は、香港に行ってアクションスターになりたいのだとか。ここハオ中国語アカデミー大連校には、生徒さんの数だけ夢がある。

そんな生徒さんたちの夢を叶えるサポートをするのが、マネージャーとしての私の仕事。夢を叶えるお手伝いをする、そんな私の仕事もまた夢があると思っている。


ハオ中国語アカデミー大連衡の様子



Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る