スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

「健康コラム」第4回

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

健康コラム

> > 健康コラム

第四回:乾燥への対策

日中友好医院 http://www.jcf-clinic.com/


温暖化の影響で暖かかった10月も過ぎ、漸く本来の涼しさ(寒さ?)に戻りつつあります。
それでも、10月末には台風が日本近海を通過したりと、通常ではあまり想像のできない不安定な気象状況もあり、健康の管理もますます難しくなっています。

ところで、最近の台風にはそれぞれ名前がついているのに気が付かれましたか?
10月末の台風(台風20号)が「ファクサイ」。その前の台風(10月中旬の台風19号)が「カジキ」でした。一体これらの名前は何処から来たのでしょうか?実はこれらは「台風委員会」という、れっきとした国際組織が命名しているのだそうです。地域の14カ国が加盟し、それぞれが10個づつ名前を持ち寄り、台風の発生順に各国が出した名前を一つずつ、あらかじめ用意された順番に付けていくという方法です。ちなみに、日本からの名前は10種類で;

●テンビン ●ヤギ   ●ウサギ  ●カジキ  ●カンムリ  ●クジラ  ●コップ  ●コンパス ●トカゲ  ●ワシ

なのだそうです。コップ?コンパス?何だ??と思われた方、夜空を見上げてみましょう。これらは全て星座の名前なのです。(でも「台風コップが迫ってきました。」何ていうニュースも結構面白いかもしれませんね)

話は変わって、これからの季節はいよいよ乾燥との戦いとなります。「五行説」にもこれからの季節を「燥邪(そうじゃ)」とし、乾燥による人体への悪影響に警鐘を鳴らしています。特に呼吸器系が弱い方、現在は各種のうがい薬が気軽に求められますので、少なくとも帰宅時、また、できれば就寝前にもそれらを使い充分にうがいをするようにしましょう。それだけでも各種の流行性疾患へのかなりの予防効果が期待できるのです(勿論、水だけでも効果はあります)。

単純なようですが、この単純な作業が往々にして最も効果を発揮するものなのです。是非お試しください。



Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る