スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

コラム「日本人妻の異文化奮闘記」第4回

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

日本人妻の異文化奮闘記

> > 日本人妻の異文化奮闘記

第4回:韓国人男性の特徴

鍛冶谷 このみ

K-Academy
コミュニケーションサポート部マネージャー

鍛冶谷 このみ

オンライン韓国語スクールK-Academy

高校卒業と同時にニュージーランドの私立カレッジへ留学したが、生活が合わず半年後オーストラリアへ渡り、国立ラトローブ大学へ入学、2008年卒業。その後東京で雑貨メーカーの社員として働く中、レストランで出会った韓国人男性と結婚し半年後渡韓。韓国では言語学習のかたわら、オンライン韓国語スクールK-Academyにて自身の長期にわたる多文化生活の経験から、コミュニケーションサポート部マネージャーとしてアイディア満載な語学レッスンと留学サポートを企画・提供している。
■ K-Academy HP: http://k-kaiwa.com/
■ K-Academy Facebook : http://www.facebook.com/kkaiwa

韓国のアイドルやドラマから始まった、韓流ブーム。それをきっかけに、韓国人男性に興味を持たれた方、実際にお付き合いしてみたい方もたくさんいらっしゃることでしょう。第4回目の今回は、夫の友達、友達の夫・彼氏、そして夫をもとに、私が感じた「韓国人男性の特徴」についてを少しお話します。

まず、私の韓国人男性に対する一番の印象は、「昭和の人」です。韓国は急速に近代化が進んでいるので、高校生以下の方々はまた少し違うかもしれませんが、それより上の年齢の方々は、日本のちょうど10〜20年ほど昔の考えや感覚を持っています。ですので、韓国人男性にレトロという言葉は通じません。そのわかり易い例が、前に夫とその友達で映画「三丁目の夕日」を鑑賞した際に、私たちからするとあの映画の雰囲気は、レトロで古き良き時代という感じなのですが、韓国人からすると、少し前の韓国、自分の幼少時代とかなり類似点が多く、レトロというよりは「懐かしい」という感覚なのだそうです。それを聞いたとき、前に自分の祖父と一緒に観た際、感動するというよりはただ一昔前の生活だと言っていたのを思い出しました。現に夫、そして周りの友達は、いわゆる「硬派」、「バカ正直」、「熱血」、「頑固」という言葉がぴったりな人たちが多く、まさしくあの時代の男性像。なので夫は私の世代よりも私の父、そして祖父ととてもよく話が合い、たいへん気に入られています。

次に、韓国は男性に対して徴兵制度があるためか、社会生活での上下関係がとても厳しく、同期や同じ学年でも年齢が上の方には、尊敬語を使い敬う傾向にあります。会社ともなるとそれが顕著に現れ、日本ではパワハラとして問題になりかねないような行動も、こちらではしばしば一般的に行われます。また、上司の言葉には絶対的に従わなければいけないことから、飲み会にばかり出かけ、私自身も、彼らは奥さんや彼女をないがしろにしているのではないかと不満に思うこともありますが、それも上下関係に厳しい韓国人男性だからこそのサガなのだ、と心に言い聞かせています。

そして、これは私が韓国に来てとても驚いたことなのですが、韓国人の男性は私含め日本人に比べ、国や政治の話に自ら興味を持ち、自分の意見をしっかりと持っています。なので韓国人男性が男友達とお酒を飲みながら話していると、国の情勢や政治関係の話になることがしばしばあり、特にお隣の国や某島の議論になると、大変熱くなり時には口論に発展してしまうことさえあります。韓国に来るまで、私は歴史や情勢に全くといっていいほど疎く、自分の考えさえ曖昧でした。ですがそういった韓国人男性の熱い姿勢を見て、私も自分の国やその周りの国々をもっと知り、自分の考えを主張できるようにならなければなぁと思っています。

そんな硬派で熱い実際の韓国人男性、皆さんの持つ彼らのイメージとは、少し違いましたか? 今回は、私が知る韓国人男性の特徴をお話しました。



Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る