スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

コラム「Mainichi Daily News編集長の目」第30回

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

Mainichi Daily News編集長の目

> > Mainichi Daily News編集長の目

第30回 2011.11.1 スイカの不思議

ナバ 高田容冶氏

英文毎日編集部長、毎日デイリーニューズ
編集長

福井 聡 (ふくい さとし)

1954年名古屋市生まれ。80年毎日新聞入社。甲府支局、東京社会部、外信部、90-93年アフリカ特派員ハラレ支局長、93-95年同ヨハネスブルク支局長、99-03年ウィーン支局長、03-05年外信部副部長、05-09年パリ支局長、09年4月から現職。著作 『アフリカの底流を読む』(ちくま新書)、『南アフリカ 白人帝国の終焉』(第三書館)。
パリ支局長時代の経験をもとにフランス社会の抱える問題について書かれたコラム「ボボたちのパリ」も同時連載中です。>>連載コラム「ボボたちのパリ」

居間の蛍光灯がチラつくようになり、有楽町のビックカメラに買いに出かけた。

まず、近くのファミレスでランチを食べ、支払いはJR東日本のプリペイド型カード「スイカ」で済ます。地下鉄を乗り継いで有楽町に行くが、切符は地下鉄もスイカで払える。ビックカメラでの蛍光灯の支払いも、もちろんスイカ。結局、この日は現金を一銭も使わず、買い物を終えた。

スイカはJR東日本の切符購入用から始まり、駅周辺の自販機や店舗、地下鉄・私鉄を含めた交通機関、コンビニやファミレスーーなど、多方面の支払いに広がった。支払いが簡単だけでなく、駅の発券機でクレジットカードから入金チャージができるため、スイカだけでなくクレジットカードのポイントも貯まり、利用者にお得となっている。JR西日本は「イコカ」で、JR東海は「トイカ」。こんな大規模展開は私鉄ではできずJRグループの独壇場で、なんだか東電、関電、中電の地域独占を連想させる。

ところで、蛍光灯だが、数年ぶりに換えてみるとその明るさにビックリ。秋の夜長に居間の雰囲気を変えてみたい方は、灯りの交換をご検討されたし。

 Mainichi Daily News 最近のお薦め記事  2011.11.1

※ Mainichi Daily Newsのサイトでは、基本的に各記事の掲載期間が1ヶ月となっています。掲載後1ヶ月経過した記事については、ページが削除されている可能性がありますので、ご了承ください。

★日本愛したジョブズ氏 すし屋で「お別れ会」 

★金原ひとみさん:子どものため東京から岡山へ

★元組員の生活保護支給「組に絶対戻りたくない…認めてほしい」

★ギャンブル依存症:負けない 家族の心に光を

★滋賀の旅




福井さんの新刊発売のお知らせ

「パリに吹くBoboの風 「豊かな左派」のフランス政治」
(第三書館 2010年6月)

毎日新聞社パリ支局長として約4年間をパリで過ごした福井さんが、その時の経験をもとに書き下ろした新作。移民や格差社会の問題、新たな政治的・文化的スタイルをもつ人々の登場など、フランス社会の変容とその背景に迫ります。
詳しくはこちら



Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る