スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

コラム「海外経験をキャリアにつなげる!〜「留学」の先にあるもの〜」第6回

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

海外経験をキャリアにつなげる!
〜「留学」の先にあるもの〜

> > 海外経験をキャリアにつなげる!〜「留学」の先にあるもの〜

第6回:「グローバル」なキャリア、とは何か?
〜これから留学する人へ〜

マイナビ国際派就職 広報・編集担当
俊野 香織

■マイナビ国際派就職:株式会社毎日コミュニケーションズが運営する、海外留学経験者やバイリンガルのための就職情報サイト。夏と冬の年2回、グローバル人材のためのジョブフェア「マイナビ国際派就職EXPO」も開催。

■俊野香織:マイナビ国際派就職の広報・編集担当。留学前や留学中、帰国後の学生を対象に「留学と就職」に関するガイダンスを開催。大学時代には、アメリカ・インディアナ州の大学に留学経験あり。

先日、仕事をする中でとても驚く出来事がありました。

とある語学スクールで「留学と就職」に関する講演をさせていただいた際、日本の学生をアメリカの大学に留学させるための奨学金を提供している団体の方が聴講してくださっており、終了後にごあいさつをさせていただきました。そのご縁で後日ランチをご一緒する機会があったのですが、私の母校であるアメリカの大学にも奨学生を送り出していることが分かり、さらにはその担当窓口が、私の留学時代からの親友だということが発覚したのです!It’s a small world…とはよく言ったもの。本当に「ご縁」というのは、時間を越えて、また国境をも越えて、地球規模でつながっているものなのだなと痛感しました。

私の親友は、現在、母校に外国人留学生を呼び込むためのリクルーティングを担当しています。世界各国にあるたくさんの高校を訪問しながら、アメリカの田舎町にある小さな大学の良さを伝えるために飛び回り、数多くの学生を母校に迎え入れているのです。

そんな彼女の仕事について、大学時代の友人は口々にこう言います。「世界各地を飛び回って、本当にグローバルな仕事をしているね」。確かに、彼女は数ヶ月単位で数々の国を飛び回り、その意味で「グローバルな」仕事をしています。世界中の人たちにアメリカという国で学ぶ機会を伝え、それを受け入れている点でもグローバルな仕事だと思います。

でも、彼女の価値観の根底にあるものは、もっと別の切り口で「グローバル」だと思うのです。

彼女は私が留学していた頃に知り合った、数少ない「本当の親友」と呼べるアメリカ人のひとりでした。アメリカ中西部の田舎町は私が想像する以上に保守的で、当時まだ30名ほどしかいなかった外国人留学生、しかもアジア圏からの学生に対して友好的なアメリカ人は、まだそれほど多くありませんでした(今は彼女の頑張りもあり、100名を越える外国人が母校に留学しているそうです!)。

でも、彼女は最初から私に対して、良くも悪くも「特別扱い」をしませんでした。アメリカ人同士で遊ぶのと同じように私をさまざまな場所に連れて行き、同じようにいろいろな話をしました。何気ない日常のこと、恋愛のこと、将来の夢のこと、家族のこと…。同じように一緒に授業を受け、一緒に宿題をして、分からないことがあれば互いに教え合いました。

また、アメリカに行ってすぐの私が彼女の英語を理解できないときには、きちんと理解できるまで説明をしてくれましたが、最初から「外国人向けの英語」を話すことは決してなく、周りの人たちと同じように話し続けてくれました。このことは、語学力の面で成長のきっかけになっただけでなく、「対等なコミュニケーション」を楽しんでいくことが自信にもつながりました。そんな彼女とのやりとりの中で、私は「彼女はアメリカ人で、私は日本人である」ということを感じる必要がまったくありませんでした。

私は、彼女のこうした考え方こそ「グローバル」だと思います。国境を越えて、言語の壁を越えて、または価値観の違いを越えて、常に対等な目線で相手を見る。簡単なようで難しいことだと思いますが、これを自然にやってしまう彼女だからこそ、世界各地を飛び回るこの仕事も、まさに彼女の天職なのではないかと思います。

最近は「グローバル」という言葉が日常的に聞かれるようになり、海外留学経験者を中心に、「グローバルなキャリア」を目指す人も増えています。私が現在の仕事の中で出会う学生の方のなかにも「グローバルに働きたい」「世界を飛び回りたい」といった夢を語ってくださる方が多くいます。

このコラムを読んでくださっている方の中にも、そのような夢を抱き、目標を掲げている方が多くいらっしゃると思います。きっとこれから世界中に留学をされて、その先にあるキャリアについて考える機会が多くあると思います。その際、仕事内容や勤務地などのキャリアビジョンに思いを巡らせることももちろんですが、ぜひ心の中に留めておいていただきたいのが、「グローバル」であるということの、みなさん自身の定義です。

世の中にはさまざまな仕事があり、一見すると語学を活かすわけでも、どこか外国に出張するわけでもない仕事も多くあります。ですが、グローバルなキャリアというものは、身近なところに、いろいろな形で存在しています。その可能性を広げるためにも、ぜひ世界に飛び出してみてください!そして留学生活の中で得た多くのものを胸に、日本社会で、国際社会でご活躍されることを期待しています。



Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る