スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

コラム「国際機関で働きませんか?」第3回

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

国際機関で働きませんか?

> > 国際機関で働きませんか?

第3回:「国際機関でのインターンシップ」について

阿部 智

外務省 国際機関人事センター長

阿部 智 (あべ・さとし)

■83年外務省入省、86-88年在アフガニスタン大使館、88-92年外務省無償資金協力課、92-94年同文化第一課、94-96年同研修所、96-99年在ヒューストン日本総領事館、99-02年在ウクライナ大使館、02-05年外務省大洋州課、05-07年同国別第1課、07-11年日本貿易振興機構(JETRO)農林水産部主査、11-14年在パプアニューギニア大使館参事官、14年7月から現職。
■外務省国際機関人事センター HP: http://www.mofa-irc.go.jp/
■Facebookページ: https://www.facebook.com/MOFA.jinji.center

今回は国際機関でインターンをすることについての有用性について考察していきたいと思います。


■インターンは大学院生、無給が基本

国際機関では大学院生を中心にインターン希望者を募集しています(一部学部生も可能な国際機関もあります)。ほとんどのインターンは通常、無給が多いです(一部の国際機関では少額の日当が支払われる場合もあります)。

【参考】学部生がインターンをできる国際機関(2014年12月現在)

  • 国連事務局(UN) (自己負担)
  • 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR) (自己負担)
  • 国連児童基金(UNICEF) (日本ユニセフ協会を通じた渡航費等支給制度あり)
  • 国際原子力機関(IAEA) (手当あり)
  • ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関(UN-WOMEN) (自己負担)
  • 世界保健機関(WHO) (自己負担)
  • 国際移住機関(IOM) (手当あり)
  • 国際農業開発基金(IFAD) (手当あり)
  • 経済協力開発機構(OECD)

その他、詳細は、国際機関人事センターHP「専門性を伸ばすための職務経験」を参照ください。


■何故、インターンをするのか?

しかし、実際、国連をはじめとする国際機関へ就職する方で、大学院生時代に国際機関でインターンをする人が少なからずいらっしゃいます。「無給なのに何故?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。確かに同じ時間をアルバイトに当てれば、相当な金額が稼げるかもしれません。

しかし、将来、国連をはじめとする国際機関で勤務しようと志す人にとって、インターンとして国際機関内で働くことは、実際の業務の現場や組織文化を知るためには非常に有効な方法です。業務内容と身につけるべき能力についての具体像が把握できるはずです。また、インターン時代に上司に自分の仕事ぶりを評価してもらうことができれば、将来、正規職員として応募する場合に、当該上司が履歴書に推薦文を書いてくれる可能性もあり得るでしょうし、何よりも国際機関内に自分のことを知ってくれている人が複数いるというのは、強いアドバンテージとなるでしょう。これらがインターンをする効用であると言えましょう。


■海外でインターンをしようと思っている学生・院生の皆さんへ朗報

インターンの効用は分かっていても無給で働くのはなかなか学部生・院生にとっては苦しいところかもしれません。しかし、文部科学省「トビタテ!留学JAPAN」では、留学だけでなく海外の国際機関本部や事務所でインターンを行う場合も奨学金の対象となる可能性があります。

1月末から第3期の募集がはじまりますので、国際機関でインターンをしようとお考えの学部生・院生の皆さんは是非、応募してみてください。
トビタテ!留学JAPAN」日本代表プロジェクト

一人でも多くの学部生・院生の皆さんが国際機関でインターンを経験して、将来、国際機関の正規職員のポストを手にする夢を実現して欲しいと思います。


*************************************

当センターのHPやfacebookには、国際機関で働きたいと思う皆様のために必要な情報、様々なイベント情報、最新の国際機関の空席ポスト情報を紹介していますので、一度アクセスしてみてください。

国際機関人事センターHP http://www.mofa-irc.go.jp
Facebookページ https://www.facebook.com/MOFA.jinji.center



Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る