スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

コラム「国際機関で働く―ことはじめ―」第1回

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

国際機関で働く ―ことはじめ―

> > 国際機関で働く―ことはじめ―

第1回:国連ボランティアとして国際機関で働く (1)

阿部 智

外務省 国際機関人事センター長

阿部 智 (あべ・さとし)

■83年外務省入省、86-88年在アフガニスタン大使館、88-92年外務省無償資金協力課、92-94年同文化第一課、94-96年同研修所、96-99年在ヒューストン日本総領事館、99-02年在ウクライナ大使館、02-05年外務省大洋州課、05-07年同国別第1課、07-11年日本貿易振興機構(JETRO)農林水産部主査、11-14年在パプアニューギニア大使館参事官、14年7月から現職。
■外務省国際機関人事センター HP: http://www.mofa-irc.go.jp/
■Facebookページ: https://www.facebook.com/MOFA.jinji.center

前回のシリーズでは、日本人が実際に国際機関の正規職員として働く主な「方法論(なり方)」を中心に6回にわたって解説してきましたが、今回の新シリーズでは「国際機関で正規職員にこだわらず、とりあえず中に入って働き始めるにはどのような経験を積み、どのようなルートを辿れば良いか?」という視点で、国連ボランティアや外務省が実施している人材育成事業等について紹介していきたいと思います。

まず、国連ボランティアから説明してきたいと思います。

■国連ボランティアとは?

国連ボランティア(UNV)は、国際機関等が行っている開発支援や人道援助の活動に実際に従事し、国際機関の中に入って勤務する経験ができます。
UNVは厳密には正規の国際機関職員ではありませんが、将来、国際機関で勤務することを目指す人にとっては、国際機関でのインターンの経験以上に実際の業務内容を確認でき、国際機関内部での人脈構築する機会を得る等貴重な経験を提供してくれます。
日本人はこれまで約1500人が登録(「ロスター登録」といいます)をし、うち318人(2013年4月現在)が有効登録者となっています。

■応募年齢

原則として25歳以上で上限はありません。実際に派遣されているUNVの 平均年齢は38歳です。

■派遣先

開発途上国に派遣されます(先進国勤務はなし)。

■学歴

大学卒業または専門資格の取得が基本条件です。

■職歴

UNVは即戦力としての活躍が期待されています。最低でも2〜3年、できれば5年程度の専門分野での勤務経験が望まれます。特に、開発途上国での勤務経験は選考の際に有利になります。

■応募年齢

原則として25歳以上で上限はありません。実際に派遣されているUNVの 平均年齢は38歳です。

■言語

英語、フランス語またはスペイン語でのコミュニケーション能力が不可欠です。その上でアラビア語、ロシア語、スワヒリ語等の能力があれば選考の際に有利です。
通常選考にあたって英語(またはフランス語、スペイン語)による面接が行われます。

■勤務期間

通常1年〜2年間ですが、緊急人道援助や選挙監視プログラムでは6ヶ月といった短期間の場合もあります。任期は、原則として6年以上続けることはできません。

■生活費

UNVは所謂、国際機関の正規職員が取得する俸給はありませんが、現地で必要な生活費が支給されます。金額は派遣地域や家族構成によって異なりますが、住居費を含めて月額およそ1200〜2000米ドルです。
その他に渡航費用(採用時の居住地から赴任地までの最短ルートのエコノミー料金)や渡航準備金(350米ドル)、荷物郵送費(500米ドル)、着任手当(生活費の3か月分同等額)等が支給されます。

■応募方法

応募は、オンラインでの登録のみです。UNV本部サイトにアクセスの上、必要事項を記入(英文)後、送信します。
オンラインでのご応募により、適格者としてロスターに登録された場合には、後日、派遣の打診の際に必要書類(学歴・資格の証明、推薦状等)を改めて提出していただくことになります。

■派遣要請

派遣要請が出された段階でその要請にマッチする候補者の方をロスターより数名選出し、ドイツにあるUNV本部事務局より連絡します。
なお、登録された方全てに要請が必ず来る保障はありません。

■職種

UNVは、保健・医療、農村開発といった開発分野における活動から、紛争や自然災害等に対応する為の緊急人道支援、また効果的な開発協力の基盤となる平和構築や選挙支援・民主主義の推進、人権擁護などの活動、自動車整備、航空管制、通信などの後方支援分野に至るまで、100種類以上の職種にわたる活動を行なっています。

次回は更にUNVについての詳細について見ていくことにします。

*************************************

当センターのHPやfacebookには、国際機関で働きたいと思う皆様のために必要な情報、様々なイベント情報、最新の国際機関の空席ポスト情報を紹介していますので、一度アクセスしてみてください。

国際機関人事センターHP http://www.mofa-irc.go.jp
Facebookページ https://www.facebook.com/MOFA.jinji.center



Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る