スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

コラム「国際機関で働く―ことはじめ―」特別編

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

国際機関で働く ―ことはじめ―

> > 国際機関で働く―ことはじめ―

特別編:2016年度(平成28年度)ジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO)派遣候補者選考試験

阿部 智

外務省 国際機関人事センター長

阿部 智 (あべ・さとし)

■83年外務省入省、86-88年在アフガニスタン大使館、88-92年外務省無償資金協力課、92-94年同文化第一課、94-96年同研修所、96-99年在ヒューストン日本総領事館、99-02年在ウクライナ大使館、02-05年外務省大洋州課、05-07年同国別第1課、07-11年日本貿易振興機構(JETRO)農林水産部主査、11-14年在パプアニューギニア大使館参事官、14年7月から現職。
■外務省国際機関人事センター HP: http://www.mofa-irc.go.jp/
■Facebookページ: https://www.facebook.com/MOFA.jinji.center

外務省では、将来的に国連をはじめとする国際機関の正規職員として勤務することを志す若手の日本人を、日本政府が派遣経費を負担して一定期間(原則2年間)各国際機関に派遣し、国際機関の正規職員となるために必要な知識・経験を積む機会を提供するJPO派遣制度を実施しており、その候補者を選ぶ「JPO派遣候補者選考試験」の応募受付が4月1日から開始されます。

注:詳細については、外務省国際機関人事センターHPの「2016年度(平成28年度)JPO派遣候補者選考試験」の「募集要項 http://www.mofa-irc.go.jp/jpo/boshu.html」を参照のこと。特に、UNDP及びWFPの選考は選考方法が他の国際機関と異なりますので、「募集要項」の該当箇所をご覧下さい。



■今年度の改善点

今年の試験では、2つ改善したところがあります。
まず、応募の際に提出する英語スコアでは、従来のTOEFLテストに加え、IELTSも採用しました。
二つ目は、第二次審査の会場として従来の東京に加え、ニューヨークとジュネーブの2カ所でも受験できるようにしたことです。

■JPOが派遣される国際機関

JPOの派遣先は、外務省が派遣取決めを結んでいる以下の国際機関が対象です。

  • UN (国連事務局)
  • UNDP (国連開発計画)
  • UNEP (国連環境計画)
  • UNFPA (国連人口基金)
  • UNHCR (国連難民高等弁務官事務所)
  • UNICEF (国連児童基金)
  • UNRWA (国連パレスチナ難民救済事業機関)
  • UNV (国連ボランティア計画)
  • WFP (国連世界食糧計画)
  • UN Women (ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関)
  • ILO (国際労働機関)
  • FAO (国連食糧農業機関)
  • UNESCO (国連教育科学文化機関)
  • UNIDO (国連工業開発機関)
  • WHO (世界保健機関)
  • WIPO (世界知的所有権機関)
  • IAEA (国際原子力機関)
  • IOM (国際移住機関)
  • OECD 経済協力開発機構) 等
■求められる職務分野

国連をはじめとする国際機関では、開発、人権、人道、教育、保健、平和構築等の分野に加え、IT、ロジスティクス、調達、法務、財務、広報(渉外関係)、人事、会議管理、モニタリング評価(M&E)、環境、工学、理学、農学、薬学、建築、防災等の分野のバックグランドを有する人材が広く求められています。

■選考

JPO試験に応募するには、受験者本人に概要以下の条件が必要です(詳細については上記「応募要項」参照)。

  • 35歳以下であること
  • 修士号を取得または取得見込みであること
  • 2年以上の職務経験があること
  • 英語で職務遂行が可能
  • 将来にわたり国際機関で働く意思を有すること
  • 日本国籍を有すること
■応募方法

応募書類の提出については、今年も紙媒体での郵送等に加え、電子メールでも受付を行います。応募期間は電子メールの場合は4月1日(金)〜5月9日(月)23:59必着(紙媒体の場合は4月1日〜5月9日外務省必着)となっています。

■選考方法

(1) 第一次審査 書類選考
(2) 第二次審査 第一次審査合格者に対し、以下ア又はイのいずれかを外務省が指定します。
ア. 外務省選考枠(外務省による候補者選考)
・試験方法:英語筆記試験(パソコン入力)及び対面による面接試験
・試験地:東京、ジュネーブ、ニューヨーク
・試験日:以下の期間中、外務省が各受験者に対して指定する1日ないし2日間
 東京 2016年7月4日(月)から7月22日(金)(予定)
 ジュネーブ 2016年7月25日(月)から7月29日(金)(予定)
 ニューヨーク 2016年8月1日(月)から8月5日(金)(予定)

イ. 国際機関選考枠(UNDP又はWFPによる候補者選考)
・試験方法:電話による面接試験(その他、必要に応じ国際機関がリファレンス
チェック等を実施する場合があります。)
・試験日:国際機関が指定します。

■問い合わせ先

外務省国際機関人事センター(東京)
TEL:+81−(0)3−3580−3311(内線2841)
<jinji-center[@]mofa.go.jp> 
合格者数は予算額などにより毎年変動しますが、昨年度は301名の方にご応募いただき、60名以上が合格しています。

*************************************

当センターのHPやfacebookには、国際機関で働きたいと思う皆様のために必要な情報、様々なイベント情報、最新の国際機関の空席ポスト情報を紹介していますので、一度アクセスしてみてください。

国際機関人事センターHP http://www.mofa-irc.go.jp
Facebookページ https://www.facebook.com/MOFA.jinji.center



Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る