スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

コラム「国際機関で働く―ことはじめ―」特別編2

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

国際機関で働く ―ことはじめ―

> > 国際機関で働く―ことはじめ―

特別編2:2016年国連事務局ヤング・プロフェッショナル・プログラム(YPP)の応募開始

阿部 智

外務省 国際機関人事センター長

阿部 智 (あべ・さとし)

■83年外務省入省、86-88年在アフガニスタン大使館、88-92年外務省無償資金協力課、92-94年同文化第一課、94-96年同研修所、96-99年在ヒューストン日本総領事館、99-02年在ウクライナ大使館、02-05年外務省大洋州課、05-07年同国別第1課、07-11年日本貿易振興機構(JETRO)農林水産部主査、11-14年在パプアニューギニア大使館参事官、14年7月から現職。
■外務省国際機関人事センター HP: http://www.mofa-irc.go.jp/
■Facebookページ: https://www.facebook.com/MOFA.jinji.center

国連事務局が実施するヤング・プロフェッショナル・プログラム(YPP)は、同事務局が優秀な候補者を選抜し育成するプログラムで、修士号や職務経験がなくても応募きるのが特徴となっています。応募期間は,5月19日(木)〜7月19日(火)までとなっています。

試験対象国は毎年見直されますが、今年2016年も日本は対象国となっています。


■応募資格

応募資格は次のとおりです。
 年齢制限: 32才以下(1984年1月1日生まれ以降)
 学歴: 学士号以上
 言語: 英語又は仏語ができること
 職務経験: 問わない
 国籍: 日本国籍を有すること

■2016年の募集職種

募集される分野は毎年異なります。2016年のYPP募集職種は次のとおりです。自分が応募できそうな職種=専門が合致している分野があれば、期日までにウェブ上で応募できます。昨年は6分野の募集がありましたが、今年は2分野となっています。
 1 Economic Affairs
 2 Information and Systems Technology

■選考と筆記試験

応募し選考された候補者は、筆記試験に進みます。今年の筆記試験は12月14日(水)に開催されます。筆記試験は,一般試験(英語又は仏語の要約問題)と専門試験(多肢選択問題,エッセイ及び小問)に分かれ,4時間半行われます。例年、東京の国連大学が会場となっています。

■合格後

筆記試験に合格すると電話などによる口頭インタビューが行われ、その後、国連事務局内のポストをオファーされ、2年間勤務することになります。勤務中の成績が優秀であれば、引き続き、国連事務局内で勤務します。

■JPO試験や空席情報との関係

国連をはじめとする国際機関への就職を目指している方は、JPO試験に応募していたり、空席公告に応募している人もいるかもしれませんが、何の気がねもなく、同時並行でYPPに応募できます。

また、YPPであれば、JPO試験や空席公告に応募するには学歴や職歴の条件が整っていない人も、「学部卒・職歴なし」で応募できますので、是非、チャレンジしてみてください!

YPPについての詳細は,以下で確認してください!
国際機関人事センターHP
http://www.mofa-irc.go.jp/apply/ypp.html

UN Careers HP:過去問も出ています!
https://careers.un.org/lbw/home.aspx?viewtype=NCE

*************************************

当センターのHPやfacebookには、国際機関で働きたいと思う皆様のために必要な情報、様々なイベント情報、最新の国際機関の空席ポスト情報を紹介していますので、一度アクセスしてみてください。

国際機関人事センターHP http://www.mofa-irc.go.jp
Facebookページ https://www.facebook.com/MOFA.jinji.center



Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る