スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

コラム「Where there is a will, there is a way.〜意志あるところに道は開ける〜」第3回

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

Where there is a will, there is a way.
〜意志あるところに道は開ける〜

> > 文美月さん

第3回:一回り大きな自分に会うため、いざソウルへ

ヘアアクセサリー製造販売・リトルムーンを経営。
同志社大学経済学部卒業、日本生命の総合職を経て韓国留学、結婚・出産。2001年専業主婦で自宅のPC一台から起業。出産後の再就職が難しく「一生クビにならずに働くには、自分で自分を雇うしかない!」と感じたのがきっかけ。2004年〜最良最強のパートナーである夫が加わり、夫が社長に。ともにヘアアクセの商品オリジナル化を進め、特許取得、海外工場を作りSPA化。その後卸も開始。
●日本最大級の品揃えヘアアクセECサイト「リトルムーン」の運営責任者。2011年末時点のヘアアクセサリー販売総数は、375万点以上。
●2011 楽天Shop of the year ジャンル賞、2006年ジャンル大賞を受賞、ほかEC系受賞多数。
●約11万「いいね!」を世界から獲得(2011年末時点)するFacebookページの管理人。
●2010年〜大阪府のプロジェクト、大阪通販道場で師範を務め、大阪活性化に携わる。
●2010年〜ラオス訪問、日本でユーズドヘアアクセを回収して途上国へ送るCSR活動を継続中。
●起業、女性のキャリア形成、EC、facebookのビジネス活用等に関する講演も行う。

晴れて社会人となった私は、大阪で中小企業融資、東京転勤後は大企業融資の担当に。激務・勉強・一人暮らしの苦労は当然あったものの、どんな環境でもそれなりに状況を楽しむタフさが付き、また自営業の環境で育った私が大企業で揉まれた経験は、私に俯瞰的な視点を与えてくれました。思えば大学進学も親戚の中で私が最初。進学や就職への両親世代の思いを考えると、頑張らずにいられませんでした。保守的な金融業界にあって、未知数の私を本名で総合職採用してくれた敬愛なる日本生命に、今も心から感謝しています。

しかし私は僅か3年余で退職する事に。韓国留学を決心したのです。本名の素晴らしさを大学で知り、日本社会で本気で働く事を決めて大海原に出るも、会社の雑談で韓国について聞かれても事情に疎く答えられない。言葉が出来ず滞在経験もない私の、キャパの限界。自分の半端さが無性に嫌になりました。

キャリア形成や結婚・出産が現実味を帯びてくる20代後半の女性にとって、転勤職種はとても半端な思いではこなせないもの。私は一生働き続けたかったからこそ、女性に立ちはだかるであろう多くの壁を前に、自分のidentityの軸を再設計したいと感じるようになりました。

「韓国で勉強して、自分のキャパを広げたい。実際の韓国を体感して、納得したい。」働き続けながら勉強という道もあったのですが、私の場合は人生そのものに関わる問題でもあり、片手間ではなく自分の体ごとその環境に飛び込む方を選びました。「留学は素晴らしい経験になる。いや絶対にそうしてみせる。」会社には大変申し訳なかったのですが、そう思い出すと止まらない“猪突猛進”の私が、また顔を出しました。

「苦労して入った会社を辞めるの?」「帰国後の日本での仕事は?」「その年から留学?結婚は?」周りからの助言は留学に賛成しないものが多く、私も当時悩みましたが、人生の選択肢に悩んだ時に私が最優先するのは、理屈ではなく自分の心の声。“一回り大きな自分”になるためには、今持っているものを何か捨てないと新しいものは得られないと感じ、退職に至ったのです。

私は、奈良の実家に戻り、本格的に韓国語の勉強を開始。読み書き0からのスタートです。留学先は、実績ある延世大学語学堂に決めました。生きた韓国語を学ぶ為にすぐ渡韓して基礎から学ぶという選択肢もありましたが、私はあえて半年先に留学開始を設定し、途中(延世大でいう3級)から合流、というキツめの目標を自分に課しました。すぐ渡韓しなかったのには3つ理由が。実家での家族との時間確保、超初級部分は(どの語学でも)日本で勉強可能である事、留学費の節約です。

考え付くだけの低コスト勉強法を全部試そうと、私はNHKラジオ講座3年分を書店で一度に取り寄せ、自治体の無料講座を複数見つけて顔を出し、検定試験を受け、大阪国際交流会館で韓国人留学生を見つけて男女構わず友人になってもらいました(変な人だったかもしれません)。「自分のアンテナをどこに張るかでこんなに毎日が変わるのか」と自分で苦笑したほど、私と韓国の心の距離はぐっと近づきました。

そして1996年秋、26歳になったばかりの私は満を持してソウルへ。3級からの入学でした。



Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る