スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

コラム「韓日の架け橋になる!!ー韓国で起業した26才コラム」第1回

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

韓日の架け橋になる!!
─ 韓国で起業した26才コラム ─

> > 韓日の架け橋になる!!韓国で起業した26才コラム

第1回:世界に飛び出す1歩を。

田中 政道さん

Seoul Japan Media LCC 代表

田中 政道 (たなか まさみち)

1986年生(福岡県早良区生まれ、長崎県佐世保市育ち) 創価大学経営学部卒, 在学中に国立済州大学(韓国)へ交換留学。大学卒業後,東京にある在来外国人を対象にした不動産に入社。同社韓国支店に駐在。同社退社後、韓国ソウルにて在韓日本人向けの不動産賃貸情報サイトを立ち上げ独立。自身の留学経験、駐在経験を活かし、韓国にてビジネスを展開中。

▼ブログ  http://ameblo.jp/seoul-heyanavi/
▼不動産情報サイトソウル部屋ナビ http://www.seoul-heyanavi.com/
▼日系向け韓国進出支援 http://www.incubation-korea.com/
▼携帯情報サイトソウル携帯ナビ http://www.seoul-keitainavi.com/

毎日留学ナビの皆様初めましてこんにちは。
Seoul Japan Media代表の田中と申します。

私は現在,韓国ソウルにて「不動産賃貸事業」をメインとして
「日系向け韓国進出支援事業」「携帯代理店業」を運営しております。

「毎日留学ナビ」にアクセスされているということは何かしら
「海外に出てみたい」「海外の情報を得たい」という方々かと思います。

私のコラムでは今後、海外に出ようと考えられている方々に「世界に飛びだす楽しさ」
「韓国での就職、起業について」コラムを書いていこうと思っております。

第1回は「世界に飛びだす楽しさ」をお伝えできればと思います。

**************************************

1、さまざまな業種業界の方々と出会える楽しさ

日本人会

日本で働いていると積極的に行動しない限り、同じ会社、同じ業界までの広がりで人脈がとまってしまいます。しかし「海外」だと、現地で就職された方、日系企業駐在員の方々など、年齢に関係なく「日本人」という共通点で、日本にいたら出会わなかっただろう、さまざまな業界の方々と出会うことができます。
「出身地別の県人会」「スポーツ等の同好会」
「卒業した大学の同窓会」「起業家クラブ」などなど
海外では日本人が集まる組織が多くあります。


2、言語を学び、現地の人と対話する楽しさ。

もちろん海外に出れば、言語を学び、学んだ言語を使って現地の人たちと遊ぶことができます。現地の彼氏、彼女をつくることもできれば、国際結婚する方もいらっしゃいます。日本にいたら感じれない価値観を共有できるのも海外に出る魅力ですね。


3、海外でビジネスをする楽しさ。

日本よりも安い賃料で日本よりも広くて綺麗な家に住めます。
美味しい食事が安く食べれます。(現地にある日本食もおいしいですが、、)
日本じゃ高すぎて乗れないタクシーも気軽に乗れます。


そんなことができるの?と思われるかもしれませんが本当の話なのです。

「就職」「アルバイト」「起業」など、働いてお金を得るための方法はさまざまですが、私がオススメするのは「自分のビジネスをもつ」ことです。 (日本より物価の安い国で)インターネット上で決済まで完結するビジネスモデル、駐在員向けビジネス、現地の富裕層向けビジネスなど。

日本人の細かいサービス、日本の商品の質を売りにしていけば、現地の競合他社に勝てるマーケットはまだまだたくさんあるようです。


4、「日本」という国の良さに気づく。

「日本」という国が、どれだけ素晴らしいかが海外に出てみるとわかります。
「日本人のサービスマインド」「ゴミのない綺麗な道路」「治安の良さ」などなど海外に出て初めて「日本の素晴らしさ」に気づきます。

**************************************

このように「世界に飛びだす楽しさ」をいくつかあげましたが、
もちろん楽しいことだけでなく「辛い、寂しいこと」もたくさんあります。

人間というのは「変化」を怖れ、苦労したくない道を選びがちです。しかし困難を避けて通っている限り、自分自身の本当の可能性、夢、目標はいつまでたっても手に入りません。

「留学して語学を学びたい」「いつか海外で働きたい」などなど、、
そう思っている方は今すぐ「行動」に移されることを強くオススメ致します。


不動産情報サイトソウル部屋ナビ世界は近い存在となりました。私の住む韓国も以前は「近くて遠い国,韓国」とも言われていましたが、文化交流が進み、今では年間300万人も日本人観光客が訪れる 「近くて近い国,韓国」となりました。

世界各国の中でも「韓国」で挑戦したい!という方は是非ご連絡頂けると嬉しいです。

皆さんも「でかい世界」で「でかい価値観」に出会いましょう!

第2回目のコラムからは「韓国での就職、起業」について書かさせて頂きます。
最後まで読んで頂きまして有り難うございました。



Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

▼バックナンバーを読む

  1. 世界に飛び出す1歩を。
  2. 韓国での就職について
  3. 「韓国で起業する」ことについて
  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る