スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

コラム「英語が楽しくなるコラム」第6回

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

英語が楽しくなるコラム

> > 英語が楽しくなるコラム

第6回:息抜きしながらお勉強

粟野亮二

英語講師、通訳、翻訳

雪めいこ

1980年大阪生まれ。フリーランスで英語講師、通訳、翻訳を手がけている。神戸大学で芸術学を専攻し、広くアートの知識を深める。卒業後、事務職として某大学に約4年半勤務し、その間に1年間アメリカで業務研修を受ける。退職後、ニューヨーク大学で国際教育の修士号を取得。その後、様々な企業や国際機関等で翻訳や通訳の仕事を経験。転職の合間にアジア、アフリカ、中東をバックパック旅行でまわり、現在は英語、国際交流、アート、食などの多様なテーマでイベントの主催も行っている。
■Facebookページ https://www.facebook.com/YukiNoEnglish

みなさん、電車の中や、待ち合わせまでの空き時間など、何をして過ごされていますか?最近はスマートフォンでFacebook、Twitter、Instagramを見たり、ネットのニュースをチェックしたりしている人も多いのではないでしょうか。寝る前などでも、見始めると止まらなくなって、後で後悔したりする人も少なくないのでは?

「英語勉強しようと思ってたのに、ダラダラして時間が過ぎてしまった!」という経験ってありますよね。これは、"英語を勉強する時間"を、これまでの日常の時間にプラスしようとするから、無理が出てくるのです。今までの日常のスケジュールの一部を、"英語でやる"ように切り替えれば、プラスする必要はないのです。(英語の基礎を身につけるには、ある程度の"しっかり英語に向き合って勉強する"時間は必要だと思いますが…)

そんな方法の一つとして今回オススメしたいのは、"息抜きにしているネットサーフィンを英語に切り替えてやってみる"です。例えば、SNSで好きな外国人アーティストやスポーツ選手などをフォローしてみる。Facebookなどによくシェアされている記事も、日本語のサイトではなく、英語のサイトを見てみるとか。代表的なものでは、Huffington PostやBuzzfeedなどがあります。

あらたまって"英語を勉強する"のではなく、"楽しみで取り入れている情報を英語に切り替える"のです。大切なのは、自分が興味のある情報を追いかけること。スポーツが好きな人であれば、スポーツの情報を。動物好きな人は動物、料理好きな人は料理、ゴシップ好きな人は海外セレブのゴシップなど。なんでも、自分が「気になる」「もっと知りたい」と思うことが大事。

この方法の利点は、教科書的ではない、日常的なボキャブラリーを取り入れられること。そして、英語での会話のネタ作りもできますよね。

英語能力の維持と向上のために大切なこと。
  • たくさんのインプット(聞く、読む)とアウトプット(話す、書く)
  • 楽しむこと
  • 続けること

特に、アウトプットに力を入れている人が多いですが、英語が中々上達しない人の共通点は、圧倒的なインプット不足です。自然な英語表現を知らなければ、それが口から出てこないのは当たり前のこと。たくさん英語を聞いて読んで、自然な表現やボキャブラリーを身につけましょう。

楽しいと思っている時、人はより成長するそうです。そして、自分が楽しいと感じられる方法があれば、自然にもっとインプットしたくなるし、続けようという気持ちになるでしょう。

"辛い勉強の時間を今までの日常に追加する"ではなくて"これまでの日常の楽しいことを英語に替えてみる"。ぜひ挑戦してみてください。

**************************

【大阪イベント】 雪めいこ先生の英語セミナー開催中!!
セミナー

毎日エデュケーション大阪オフィスでは、雪めいこ先生を講師をお招きした英語セミナーを開催しています。主に留学したい人や海外に住んでみたい人に向けた英語レッスンです。

英語を基礎の基礎から学びたい方や、「英語上達したいけれど、人前で話すのが恥ずかしい」「人見知りを克服して、楽しく英会話したい」という方にもオススメです!

★最新セミナー情報は、雪めいこ先生のFacebookで!
https://www.facebook.com/YukiNoEnglish



Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る