スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

コラム「写真に込める一瞬のエネルギー」第3回

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

写真に込める一瞬のエネルギー

> > 安田 菜津紀さん

第3回:“伝える”写真、“残す”写真

安田 菜津紀さん

studioAFTERMODE 所属
フォトジャーナリスト

安田 菜津紀

1987年生まれ。2003年8月、「国境なき子どもたち」の友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。2006年、写真と出会ったことを機に、カンボジアを中心に、東南アジアの貧困問題や、中東の難民問題などの取材を始める。2008年7月、青年版国民栄誉賞「人間力大賞」会頭特別賞を受賞。2009年日本ドキュメンタリー写真ユースコンテスト大賞受賞。主な写真展に2010年「緑の村」HIVと共に生きる(コニカミノルタプラザ)など。上智大学卒。

◆オフィシャルサイト   http://www.yasudanatsuki.com/
◆ブログ   http://ameblo.jp/nyasuda0330/
◆Twitter http://twitter.com/NatsukiYasuda

3月26日、震災から2週間後、私は同じ事務所のジャーナリスト佐藤慧と共に、陸前高田に向かいました。一面の瓦礫に埋め尽くされた市街地、その間に残された家具の一つ一つに、かつて人々が静かに生活を営んでいた2万人の痕跡がありました。シャッターを切るわけでもなく、ただただそこに立ち尽くすしかありませんでした。

そんな圧倒的な光景の中、よく見ると瓦礫の撤去作業にあたっている自衛隊や工事の方々が、積み重なるコンクリートや木の柱の間から、大切そうに何かを拾い集めているのです。水につかって色あせながらも残っていた、写真たちでした。拾い集めた写真やアルバムを、貴重品と一緒に届けているのだそうです。「津波で思い出まで流されちゃいけないからね」、と。

「3月11日は、卒業アルバムが届いた日だったんです。でもアルバムも、学校に保管していた写真も、全て流されてしまいました」。最も海に近い中学の先生はそうお話されていました。3年間の思い出の形、大切な仲間と歩んできた軌跡が込められている写真が、一瞬にして波に飲まれてしまったのです。

4月21日、陸前高田では少しずつ、桜が咲き始めていました。この日、各小中学校では、少し遅い入学式が行われていました。残念ながら街の写真館の方々の姿は、この日学校にはありませんでした。市街地は壊滅、写真館も流され、学校の先生方も写真を撮る余裕もないほど疲弊していたのです。

この日NPO「みんつな」のプロジェクトとして、写真家の先輩方にもご協力頂きながら、6校の入学式の記念撮影を行なわせていただきました。私が担当させて頂いた小学校では新入生が2人、仲良くランドセルを並べながら、緊張した面持ちで式に臨む姿を、先生方そして親御さんが微笑みながら見守っています。そんな2人をファインダー越しに覗きながら、一枚一枚シャッターを切ります。2人の未来への、希望を込めて。

今まではずっと、「伝える」ための写真のことだけを考えてきました。けれどこの陸前高田で、「残す」ための写真の役割を、初めて身をもって感じたのです。私たちには過去の思い出を再生することは、残念ながらできません。けれどこれから積み上げていく日々を残す、ほんの少しの力にして頂ければ、と思うのです。

撮影データは学校側に全てお渡しさせて頂き、これから町の写真館が復興された際、卒業アルバムの制作などに役立てて頂ければと思っています。新しい日々の始まるこの日の思い出が、「未来につながる写真」となってくれることを信じて。



3月11日14時46分、震災発生から止まったままの小学校の時計
3月11日14時46分、震災発生から止まったままの小学校の時計



Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る