スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

コラム「在米カウンセラーのメッセージ「留学は修行!」第5回

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

在米カウンセラーのメッセージ「留学は修行!」

> > 在米カウンセラーのメッセージ「留学は修行!」

第5回:留学先の恋愛でよく見られる症候群:その1

神戸出身、県立神戸高校、武庫川女子大学薬学部、ニューヨーク・ハンターカレッジ・ソーシャルワーク修士課程終了、米国ワシントン州認定臨床ソーシャルワーカー、サクセス・アブロード・カウンセリング代表

海外での恋愛はとてもドラマチック。日本なら絶対に出会うことのなかった人と知り合い、外国語で話し、デートが始まって・・・ すべてが新鮮でワクワクする経験です。恋愛は成長の機会でもあります。留学先でいい恋愛ができるよう、今回と次回に渡って、「日本人に多い恋愛症候群」を紹介しましょう。

「これだけ尽くしているんだから、幸せになれるはず」症候群

<症状経過>
相手に嫌われたくなくて、相手に合わせる 

相手と意見が違うことが出てきたが、相手の気持ちを考えて自分の気持ちは言わない

次第に相手中心に事が進むようになる

それでもいつかは、相手が自分のがまんをわかってくれると思い同じことを続ける

相手がますます自己中になり、あなたの怒りが爆発する

いきなり怒り出したあなたに相手は唖然とし、「あなたは変わってしまった」と言われる

謝るどころか開き直った相手にがっかりする


これは、日本女性やゲイの男性によく見られる現象です。恋愛始めはとても優しく思いやりのあった相手が、途中からわがままで横柄になり、日本人は「こんな人とはとってもやっていけない」と冷めてしまうのです。日本人が始めのころにやっているのは、「相手を立て、相手に合わす」ということです。何でも自分の思うとおりに事が運ぶので、外国人のほうは当然喜ぶし、不満は何もありません。

しかし、日本人は「相手のために生きること」が目的でそんなことをしているのではありません。「自分が相手にどれだけ尽くしているのかわかったら、相手も自分を思いやってくれるはずだ、そうすると関係はうまくいく」という思いでやっているのです。

この考え方は日本文化です。相手も日本人で、しかもあなたが我慢していることを察してくれる人なら、「君はどう思うの?」と聞いてくれるかもしれませんが、例えば、相手がアメリカ人の場合はどうでしょうか。ほとんどのアメリカ人にとっては「自分がやりたいから」が言動の動機です。

その観点から上記の日本人の言動を見ると、「この人には意見がないか、もしくは、自分のやりたいようにやらせてくれる人」というふうに思われるのです。まさか、自分のために相手が我慢し、意見を控えているなんて思いません。だから、日本人が我慢の限度を超えて怒り出したとき、「あなたは変わってしまった」というセリフが出てくるのです。

外国人との恋愛では、「愛しているならわかってくれるはず」「尽くせばいつかは優しくしてくれるはず」という希望的観測や「不言実行」はなしです。今までの恋愛関係で、100言いたいことがあって、そのうち20言っていたとすると、少なくとも100、その説明を加えて120から150くらい言って、やっとコミュニケーションがうまく行くと考えてください。

上記のようなことを外国人とやると、相手に振り回され、相手に尊重されなくなり、相手のどこに惹かれたのかもわからなくなってしまいます。留学先での恋愛は「有言実行」です。次回は「愛情の出し惜しみ症候群」です。



お知らせ

留学、駐在、国際結婚を控えてる方へ〜カウンセリングのご案内
角谷さんによる留学、駐在、国際結婚などのカウンセリング例を掲載したページです!留学前にぜひ読んでいただきたいページです。
サクセスアブロード 【読むカウンセリング】

角谷さんの著書のご紹介
留学生をはじめとした在米日本人を対象にカウンセリングを行っている角谷さんは、留学生や保護者向けの本を執筆されています。豊富な経験からくるアドバイスをまとめた著書は、これから留学される方におすすめです!
>> 本のご紹介はこちらから!



Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る