スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

コラム「在米カウンセラーのメッセージ「留学は修行!」第7回

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

在米カウンセラーのメッセージ「留学は修行!」

> > 在米カウンセラーのメッセージ「留学は修行!」

第7回:うつの学生のカウンセリング例:その1

神戸出身、県立神戸高校、武庫川女子大学薬学部、ニューヨーク・ハンターカレッジ・ソーシャルワーク修士課程終了、米国ワシントン州認定臨床ソーシャルワーカー、サクセス・アブロード・カウンセリング代表

留学先の学校のアドバイザーから「カウンセリングに行って、うつの治療を受けないと退学です」と言われて、カウンセリングに来る学生がいます。留学には、学生ビザというしがらみがあるため、うつで不登校が続いても、成績不振が続いても、学校から退学になってしまう可能性があるのです。

そんな彼らがカウンセリングに来ると、「学校に日本人が多くて嫌だ」「ホストファミリーとうまく行かない」というような話がまず出てきます。日本での話を聞くと、同じような状態が昔もあったという人も多くいます。留学を機に、新天地でいちからやり直したい、いろいろな外国人がいる場所で勉強してみたい、という気持ちで渡米したのに、二学期目くらいから次第に元気がなくなり、朝学校に行く気力もなくなり、うつになって不登校になったというのです。

現在の学校やホームステイの問題を話し進めていくうちに、日本で不登校になった理由やうつの原因になる「決定的事実」が浮上してきます。それは、家族内の問題であったり、いじめられた経験であったり、人によって違いますが、共通して言えるのは、その事実を話すまでには結構時間がかかるということです。

それは、カウンセラーが信用できると思えなければ話せないほど辛い事実だからです。そこまでは、悩みの種ではあるけれど、それほど重要ではない問題が語られます。そういった事柄を話し、「このカウンセラーには話せる」と学生が感じ、カウンセリングの流れで「やっぱり『あのこと』が今の問題に関連している」という事実に直面したとき初めて「実は・・・」という段階になるのです。ここでは「いじめ」が「あのこと」の例題としてお話しましょう。

事実を話せたこと、まず、これが「やっと話せた」解放感をもたらせます。そして、第三者に「いじめがどんな風に自分に影響してきたか」の説明を客観的に受けることで、「きっとそうに違いない、いや、自分が悪いのかも知れない」とうまく整理できなかったことが明らかになり、それは「納得」と「理解された」という安心感を与えるのです。

しかし、カウンセリングはそこからです。いじめがあったから自分が問題を抱えることになった、という理解は過去の自分をわかったことに過ぎません。ここから「なりたい自分」になる作業が始まるのです。いじめによって、人間不信、自信喪失、挙動不審などが起こります。それらを乗り越え、「人と堂々と接することができる自分、うつを克服しうつにならない自分、やろうと思ったことが最後まで終えられる自分」を作るために、これから何段階かのプロセスの始まりです。それらのプロセスは次回にご説明します。



お知らせ

留学、駐在、国際結婚を控えてる方へ〜カウンセリングのご案内
角谷さんによる留学、駐在、国際結婚などのカウンセリング例を掲載したページです!留学前にぜひ読んでいただきたいページです。
サクセスアブロード 【読むカウンセリング】

角谷さんの著書のご紹介
留学生をはじめとした在米日本人を対象にカウンセリングを行っている角谷さんは、留学生や保護者向けの本を執筆されています。豊富な経験からくるアドバイスをまとめた著書は、これから留学される方におすすめです!
>> 本のご紹介はこちらから!



Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る