スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

コラム「在米カウンセラーのメッセージ「留学は修行!」第8回

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

在米カウンセラーのメッセージ「留学は修行!」

> > 在米カウンセラーのメッセージ「留学は修行!」

第8回:うつの学生のカウンセリング例:その2

神戸出身、県立神戸高校、武庫川女子大学薬学部、ニューヨーク・ハンターカレッジ・ソーシャルワーク修士課程終了、米国ワシントン州認定臨床ソーシャルワーカー、サクセス・アブロード・カウンセリング代表

前回に続いて、うつの治療の段階です。まず、「こんなに辛かった」という心の膿(うみ)を出す作業が第一段階です。ケガの膿と同じで、膿は出してもまた次の日にたまっています。でもまた出して消毒してという作業を続けると、いつか膿はなくなりかさぶたとなり、ケガはきれいに直るのです。心の膿がなくなるまで、辛かった時代の話をしてもらいます。

第二段階は「自信を得る」作業です。いじめられて、留学先でも不登校になった人は、情けない自分だけを見ているので自信をなくしています。しかし、いじめられたのに、一念発起して留学してきたことだけを見ても向上心がある証拠、カウンセリングに来るのも勇気がいることです。
このように、これまで自分が達成したこと、ほめられたこと、自分なりによくできたと思えたことを、ひとつずつ詳しく思い出してもらいます。自分の人生がいじめだけで成り立っているのではないこと、自分を認めてくれた人も、自分ができたこともたくさんあるはずなのに、これまでは、そういうポジティブなことには目が行かなかっただけです。それを、「自分の長所」に焦点を当て、それを受け入れることで自信は戻ってくるのです。

第三段階は、いじめによって「自分はどこに行ってもいじめられる」「人は信用できない」といった、ねじれてしまったモノの考え方を直す作業です。実際の日常の問題を使って、こう考えればこう行動する、でも違うように考えるとこういう行動になる、というように「なりたい自分ならどう考え、どう行動するか」と新しいやり方を身に着けるのです。

第四段階は、「人との対話の練習」です。いじめられた人は、人にどう思われるかを極端に気にするあまり、自分の話をしないものです。いい人と思われたいばっかりに、人に合わせ、人の顔色をうかがい、というパターンになりがちです。いろいろな設定でモノの言い方の練習をします。今まで言ったことのないような意見や反論を言葉にし、実際に口にすることで、「なりたい自分でいること」に少しずつ慣れていくわけです。

以上の段階を経ると、学生の顔の表情も態度も変わります。つきものが取れたような表情になったり、不信感で人を見ていた目が真っ直ぐに人を見れるようになったり、声に力強さが出たり、笑顔が増えます。もっと素晴らしいのは、学校に行く気力が戻り、自分の将来に希望が持て、自分のために生きれるようになることです。彼らにとっての留学は、長年のうつの克服という意味もあったわけです。



お知らせ

留学、駐在、国際結婚を控えてる方へ〜カウンセリングのご案内
角谷さんによる留学、駐在、国際結婚などのカウンセリング例を掲載したページです!留学前にぜひ読んでいただきたいページです。
サクセスアブロード 【読むカウンセリング】

角谷さんの著書のご紹介
留学生をはじめとした在米日本人を対象にカウンセリングを行っている角谷さんは、留学生や保護者向けの本を執筆されています。豊富な経験からくるアドバイスをまとめた著書は、これから留学される方におすすめです!
>> 本のご紹介はこちらから!



Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る