スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

コラム「こうして僕は世界を変えるために一歩を踏み出した」第1回

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

こうして僕は世界を変えるために一歩を踏み出した

> > 鬼丸 昌也さん

第6回:テラ・ルネッサンスを設立して気づいたこと。それは想いと行動を貫くこと

鬼丸 昌也さん

特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス
理事長

鬼丸 昌也 (おにまる まさや)

1979年福岡県生まれ。立命館大学法学部卒。高校在学中にアリヤラトネ博士(スリランカの農村開発指導者)と出逢い、「すべての人に未来を造りだす力がある」と教えられる。2001年、初めてカンボジアを訪れ、地雷被害の悲惨さと、地雷を通じて見えてくる世界の諸問題の原因を知り、「すべての活動はまず『知る』ことから」と、多くの人々へ伝えるための講演活動を始め、現在では年間100本にのぼる。 同年、「全ての生命が安心して生活できる社会の実現」をめざすNGO「テラ・ルネッサンス」設立。カンボジアでの地雷除去支援・義肢装具士の育成、日本国内での平和理解教育、ウガンダ北部での子ども兵の実態調査、小型武器の不法取引規制に関するキャンペーンなどを実施。2002年社団法人日本青年会議所人間力大賞受賞。

■ テラ・ルネッサンス 公式ウェブサイト  http://www.terra-r.jp
■ 鬼丸昌也 公式ウェブサイト   http://www.onimaru-masaya.net
■ 公式ブログ「代表のひとりごと」  http://blog.livedoor.jp/tokotowa_99/

こうして初めてOHPを使っての講演が終わりました。
講演を聴いてくださったミーティング参加者は大きな拍手をくれたのです。その拍手で講演がようやく終わったことを実感したぐらい、僕は緊張していました。その日は、帰宅してすぐに布団に倒れこんだのを覚えています。

しかし、単にひとつの講演が無事に終わったということでは話は終わらなかったのです。実はこの講演が、その後の人生を変える大きなきっかけになりました。

宮崎県から、そのミーティングに参加していた坂本千佳さんが、講演が終わったあと僕に話しかけてくれました。

 「感動したよ。よかったよぉ」

その坂本さんが、宮崎で環境問題への取り組みをしている上野匡毅さんを紹介してくれたのです。上野さんをご紹介いただくことで、宮崎県内での講演会が決まり、その他にも、熊本、そして鹿児島と合計11会場で地雷についての講演をすることができたのです。

この2001年5月、九州での連続講演が、僕を鍛えてくれたのは間違いありません。
鹿児島での講演会を主催してくれたのは、プライベートスクールみゆきという学習塾を経営している橋の口みゆきさん。上野匡毅さんから話を聞いて、地元である鹿児島県いちき串木野市内で講演会を企画してくださいました。

塾を経営されていることもあり、土曜日の昼間にあった講演会では、塾に通う生徒を中心に中学生が数多く参加してくれました。

僕が講演の最後にいつもお願いしていることがあります。


「今日聞いた話の中で、ひとつでもいいから心に残ったこと、感動したことがあれば、あなたの大切な人に伝えてくださいね。そこから世界が変わっていくと思うんです」


子どもたちは素直だったんです。

その夜、また同じ会場で講演会を開催してもらったのですが、昼間の講演を聞いた子どもたちが、自分の両親、祖父母などを連れて講演会場にやってきたのです。

本当に驚きました。

このようなお願いを大人にしたとしても、自分のおかれている状況を言い訳に使うことが多いのです。「家族とはあまり話をしていないし、あなたみたいに地雷のことをよく知っているわけでもないし……」と。

でも、大切なことは、まずは「やってみる」ということ。

自分の発した言葉を受け入れるのは相手の自由であって、まずはこちらから発信しないと、相手は知ることすらできないのだから。


テラ・ルネッサンスを設立し、講演活動をする中で気づいたこと。

想いを貫くことで、ヒト、モノ、カネという組織の三大要素はついてくるということ。

テラ・ルネッサンスを設立する準備ばかりやっていたら、いつまでたってもテラ・ルネッサンスが立ち上がらなかったでしょう。大切なことは「想い」が充分に心の中で満ちたら、それが自分へのゴーサインだということなのです。

今、皆さんの心の中に、満ち溢れるほどの「世界への想い」がありますか。
もし、あるのでしたら、ぜひ躊躇せず、一歩前へ踏み出してみましょう。

踏み出すことで、見えてくる世界がきっとあるはずだからです。

テラ・ルネッサンスの活動



Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る