社会人向け海外留学

新着情報

2017.10.13
高校留学カウンセラーのコラム、ニュージーランド訪問記の第7回は「クライストチャーチで出会った笑顔」
2017.10.2
英語科、進学担当教師対象「トロント大学進学準備プログラムセミナー」10/7(土)@東京
2017.9.19
高校留学カウンセラーのコラム、ニュージーランド訪問記の第6回は「クライストチャーチの高校訪問」
2017.8.21
高校留学カウンセラーのコラム、ニュージーランド訪問記の第5回は「オークランドの語学学校」

よくあるご質問
よくあるご質問
「留学の受入先はどのように選ばれますか?」「必要な英語力は?」など、よくいただくご質問にお答えします。
海外留学コラム
海外留学コラム
毎日エデュケーション、高校留学担当カウンセラーによるコラムがスタートしました。


なぜ高校留学か?

海外で実践的な英語力+問題解決能力を磨きます

中学生・高校生の時に様々な経験を通して自分の将来を考えることは大変重要なことです。それがボンヤリしたものであっても、自分の未来に一定の方向性を見つければ、学習意欲、日常生活の過ごし方も違ってきます。近年は通信手段の発達であらゆる情報が素早く飛び交い、様々なビジネスが国を超えて結びつき、仕事のパ−トナ−や競合相手が外国人や海外の国々であることも珍しくありません。中学生・高校生の時から国際的視野を育み、外国語を習得して異文化を理解する事は大変重要です。

さらに詳しく読む
学校



なぜ高校留学か?

中学・高校の留学制度の構築・運用をサポートします

高校の制度の一つとして、中長期の留学プログラムを導入している学校は、年々増えてきています。プログラム立案では様々なポイントを整備する必要があります。毎日エデュケ−ションは留学プログラムを立案するご担当者のパ−トナ−として、プログラムの趣旨や目的など注意深くヒアリングしながら、過去の経験に基づき、立案から実施まで具体的資料を用いながらコンサルティングとアウトソ−シング(手配実務代行)のト−タルサポ−トを行います。

導入から実施までの流れを詳しく見る
ToDOリスト





なぜ高校留学か?

留学生の受入体制が整っている2カ国

英語圏を中心に多くの国々が留学生を積極的に受け入れています。アメリカやイギリスを筆頭に長年に渡り留学生受け入れの歴史があります。ここでは、留学生を受け入れる自国の教育機関に対して、教育課程の適格認定や質の保証、留学生の生活保障に関する服務規程を設けて、留学生活の最低基準を順守するように監視する制度を導入している二つの国を紹介します。


ニュージーランド・オーストラリアの留学事情について


学校



現地サポート

学校により求める留学サポートのカタチは様々です

手厚いサポートが必須な場合もあれば最低限のサポートのみでも問題の無い場合もございます。毎日エデュケーションの現地サポートは貴社の求めるサポート内容を個別にカスタマイズ。経験豊富なスタッフが貴社のご要望、学生、保護者の方々からのご意見、その他考えられるリスクなどを元に最適なサポートを提案いたします。

現地サポートの内容について詳しく見る



Some images on this website were provided as a courtesy of Education New Zealand.


ページトップに戻る