> > イマドキのコミュニケーション(3)

中高生留学オフィスダイアリー|
イマドキのコミュニケーション(3) 〜自己紹介のポイント

世界地図

こんにちは、毎日エデュケーションにて留学コンサルタントをしております関根と申します。巷で話題のグローバリゼーションや仕事柄、訪問することの多い海外の情報、そして日々の留学業務を通して感じたことなどをコラム形式で皆さまにお届けしたいと思っております。

*********************

前回、日本における中高生の自己紹介というのは主に以下の様な内容というお話をしました。

1、名前
2、家族構成
3、出身地
4、部活や好きな科目

社会人になってくると、段々とそれが足りない事に気付くので結構印象的な自己紹介をする人が増えてくるのでこれは「こうでなければならない!」といったルールがある訳でも、我々日本人の性格や能力的なものでも無くて、中高時代に自己紹介を改めてしっかりとする機会が無い事に起因しているのだと感じています。

前回のコラムでも言いましたが、中高生だからこそ、そして留学を控えている中高生には特に!このところをしっかりと準備して欲しいと思っています。

それでは自己紹介。どんな内容をお話しましょうか?

その前にこんな経験を皆さんとシェアさせて下さい。

春休みの短期留学で子供達のグループを連れて留学をした時のこと。
ホームステイファミリーに対して、そしてクラスメイトに対して非常に印象に残る自己紹介をした男の子がいました。

初めての留学、初めての外国人との会話に緊張しながらもその彼は大体先程挙げた4つの項目について英語で無難な自己紹介を終えました。しかしまだ終わっていません、最後に彼が付け加えた自己紹介それは


「私の好きな色は紫色です。」
「・・・。」


いいです!これで良いのです!
+1つ話題を提供できた彼を私は褒めたい!

自己紹介の内容というはなしになると、我々はどうしても「項目」に目が行きがちです。「経歴?」「部活?」「趣味?」「成績?」どんな項目を話そう?となりませんか?

彼の場合は多分英語の授業で自己紹介の練習があってその項目に「好きな色」があったのでしょう。だからそのままの形で自己紹介したのだと思います。

でも突然、好きな色を真顔で他の4つの同じ温度感で伝えられると聞いている方は困ってしまうのです。「どう反応したらいいの?」となります。

私が伝えたいのは、紫色が好きなのであればそれについて活き活きと「なぜならば・・・」を伝えてもらいたいという事です。

ポイントは伝えるべき「項目」ではなくて「何を伝えたいのか?」という事なのです。



コラム・バックナンバー


海外留学コラム一覧へ戻る



高校留学のサポートなら、毎日エデュケーションへ
看板

留学制度の構築から現地サポートまで、高校留学なら個人・法人のお客様の実績も豊富な毎日エデュケーションへお任せください。

株式会社 毎日エデュケーション 高校留学部門
【電話】03-6267-4188
【受付時間】月〜金/10:00〜18:00
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル9階

インターネットからのお問い合わせはこちら >>>>


Some images on this website were provided as a courtesy of Education New Zealand.

ページトップに戻る