留学生受け入れ体制が整備された国々

> 留学生受け入れ体制が整備された国々

ニュージーランド オーストラリア

留学生を受け入れる国々

英語圏を中心に多くの国々が留学生を積極的に受け入れています。アメリカやイギリスを筆頭に長年に渡り留学生受け入れの歴史があります。ここでは、留学生を受け入れる自国の教育機関に対して、教育課程の適格認定や質の保証、留学生の生活保障に関する服務規程を設けて、留学生活の最低基準を順守するように監視する制度を導入している二つの国を紹介します。


ニュ−ジ−ランド

ニュ−ジ−ランドは1995年から国の政策として海外から留学生を積極的に受け入れてきました。高校の中にインタ−ナショナルプログラムの責任者が常駐していて、ホ−ムステイの責任者を置いている高校も数多くあります。もし何か問題が起きた時、誰と話せばよいかが明確になっていて、解決にいたる時間も短縮できます。英語力がそれほど高くない留学生は、当初 ESOL(The English for Speakers of Other Languages )のクラスで英語の授業を受けるシステムが整っています。日常生活で問題が起きないように、学校とホ−ムステイ家族との連携も密に行われます。
ニュ−ジ−ランド留学の優れた部分に The Code of Practice for the Pastoral Care of International Students(留学生の生活保障に関する服務規程 )の存在があります。政府機関 NZQA(New Zealand Qualifications Authority)学歴資格認定局が海外からの留学生に適正な学習環境を保障するため、同服務規程によって、留学生の安全と健康を保障し、安心して学習に取り組む環境作りに国を挙げて取り組んでいます。留学生が自分の待遇に懸念を抱いた場合、最初に学校内で校長や国際部長などに相談し、もし解決できない場合は  IEAA(International Education Appeal Authority)国際教育審議局に苦情を申し立てることができます。
ニュ−ジ−ランドのホ−ムステイが比較的クオリィティ−が高いことも魅力のひとつです。国民の年間所得は日本より低いかもしれませんが、決して貧しくはなくゆったりと生活しています。毎年発表される 世界幸福度ランキングでいつも上位に位置しています。
もともと農業国で、自動車や造船といった基幹産業はありませんが、自然に恵まれた環境のなか観光を中心に資源を大切にする国です。温暖な気候で治安が良いことやニュ−ジ−ランドの人々の温厚な国民性は留学生に安心感を与えます。

留学費用が安いこともニュ−ジ−ランド留学の魅力となっています。高校に1年間留学した場合の授業料(NZ$13,500〜NZ$15,000)と家庭滞在費(NZ$12,000〜NZ$15,000)で計算すると、約200万円〜約240万円と比較的安く、(これ以外にアクティビティ−費用、教科書費用、制服費用など必要)一概には言えませんが、アメリカ東海岸やカナダのボ−ディングスク−ルに留学する場合と比べるとかなり安いと思います。

ニュージーランドの教育制度・学校情報

オ−ストラリア

オ−ストラリアは古くから移民を受け入れてきた歴史があり、留学生へのサポ−トも手厚く、治安がよくて住みやすい国として知られています。留学生を受け入れるすべての教育機関は、オ−ストラリア連邦政府への登録が義務付けられています。(CRICOS: Commonwealth Register of Institutions and Courses for Overseas Students)
 留学生のための法律が整備されていることも、オ−ストラリアがいかに留学生を大切にしているかを表しています。例えばESOS法では学生ビザで渡航する留学生を対象に、オ−ストラリア人学生と同等の教育を国家法として保証しています。何らかの事情で就学予定のコ−スが開講されなかった場合、他の学校の同様のコ−スに転校、入学させることが義務づけられていて、授業料の支払い後にコ−スが開講されなかった場合には返金も保証されています。

オ−ストラリア国内各地に男子校、女子校、男女共学の高校が数多くあり、海外からの留学生を積極的に受け入れています。ニュ−ジ−ランドと同じく校内にインタ−ナショナルプログラムやホ−ムステイの責任者を常駐させている高校が数多くあります。熱心に留学生受け入れ促進を行ってきたので、国際色豊かな環境で勉強ができます。オ−ストラリアは国土が大きいので、留学する地域ごとに様々な風土や気候を楽しめるのも魅力のひとつです。

オーストラリアの教育制度・学校情報





高校留学のサポートなら、毎日エデュケーションへ
看板

留学制度の構築から現地サポートまで、高校留学なら個人・法人のお客様の実績も豊富な毎日エデュケーションへお任せください。

株式会社 毎日エデュケーション 高校留学部門
【電話】03-6267-4188
【受付時間】月〜金/10:00〜18:00
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル9階

インターネットからのお問い合わせはこちら >>>>


Some images on this website were provided as a courtesy of Education New Zealand.

ページトップに戻る