ニュージーランドの教育制度

> > ニュージーランドの教育制度

ニュージーランドの教育制度 ニュージーランドの受け入れ校一覧


ニュージーランドの教育制度

ニュージーランドの教育制度は、イギリス式教育を元にしています。

年齢 日本 ニュージーランド
5才 年長 1 小学校
(Primary School)
小中一貫
(Full Primary School)
  小中高一貫
6才 小1 2
7才 小2 3
8才 小3 4
9才 小4 5
10才 小5 6
11才 小6 7 中学校
(Intermediate School)
中高一貫
12才 中1 8
13才 中2 9
14才 中3 10 高校 (Secondary School)
15才 高1 11 NCEA Level 1
16才 高2 12 NCEA Level 2 Polytechnic
(職業技術専門学校)
17才 高3 13 NCEA Level 3/Foundation Studies(大学準備コース)
18才 大学(University)
19才
20才
21才
22才 大学院(University Postgraduate)
23才

    は義務教育の期間です。

教育機関の特徴

義務教育期間修了後のYear11〜13に、NCEA(全国共通資格試験)のレベル1〜レベル3を各学年末に受験します。
このNCEAレベル3は大学の入学資格を得る為の試験であるため、ニュージーランドの大学進学を希望する留学生も試験を受けます。
高等教育機関は、大学のほかにポリテクニックと呼ばれる即戦力となる知識や専門スキルを身に付ける為の国立高等教育機関があり、すぐに就職に結びつく専門教育を行っています。また、そのポリテクニックで取得した単位はニュージーランドの多くの大学で認められている為、編入も可能です。

学期

ニュージーランドの新学期は1月下旬〜2月上旬に始まり12月中旬に終わる4学期制となり、学期の間には2週間程度の休暇があります。それぞれの学期始まりから入学が可能となります。

留学生の受入体制

ニュージーランドの高校は、ほとんどが政府が設立した公立校です。そして、質の高い教育を提供するために、The Code of Practice for the Pastoral Care of International Students(留学生の生活保障に関する服務規定)を設け、公立高校であっても留学生へのサポートが確立されています。また、多くの学校では、ESOL(The English for Speakers of Other Languages)と呼ばれる留学生のための英語クラスを設置しており、英語力が十分でない学生も入学が可能な学校が多く存在します。私立は、ほとんどがカトリックやアングリカンなどの宗教団体によって運営されており、寮のある学校もあります。


ニュージーランドの受入校一覧はこちら



学校選定のご相談は毎日エデュケーションまで

数ある学校から、どこを選んだら良いのでしょうか?
学校選定は慎重にしたいものの、時間がかかる・・・。
毎日エデュケーションでは、弊社独自のチェック機能を設け、厳選した学校選定に取り組んでおります。
ご希望に沿った学校選びのお手伝いをさせていただきます。
またWEB上では知りえない情報も、コンサルティングでお話しさせていただきます。


高校留学のサポートなら、毎日エデュケーションへ
看板

留学制度の構築から現地サポートまで、高校留学なら個人・法人のお客様の実績も豊富な毎日エデュケーションへお任せください。

株式会社 毎日エデュケーション 高校留学部門
【電話】03-6267-4188
【受付時間】月〜金/10:00〜18:00
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル9階

インターネットからのお問い合わせはこちら >>>>


Some images on this website were provided as a courtesy of Education New Zealand.

ページトップに戻る