オーストラリア学校情報|
西オーストラリア州のご紹介

> > >西オーストラリア州

気候も国籍バランスも良い、穴場の留学先


遠山桃子さん
西オーストラリア政府駐日代表部
事業開発マネージャー
遠山桃子さん

西オーストラリア州の首都パースは、素晴らしい気候に恵まれ、140カ国からの留学生がバランス良く集まり学ぶ、オーストラリアの穴場の留学先として注目度No.1の街です。


留学生に優しい街パース

西オーストラリア州は日本のおよそ 7 倍もの大きさを誇る国内最大の州。州都のパースは世界のビジネスの拠点となる東南アジアから最も近い、オーストラリアの玄関口の街として知られています。近年のパースでは様々な再開発が進んでおり、中でも街の中心部スワンリバーの再開発事業を軸に、街は活気に満ち溢れています。西オーストラリア州は資源産業の恩恵を受け国内で最も経済成長を遂げている州であり年々発展を続けています。この経済発展により、さらに豊かで国際色豊かな街づくりがなされ、留学生にも留学生活に多数の恩恵がもたらしています。


留学費用を年間約7万円〜8万円節約

パースはコンパクトな街の中に電車やバス、フェリーなどの公共交通機関が昨日的に整備されているためどこに行くのも大変便利です。共通カードのスマートライダー1枚で全公共交通機関の乗り降りが自由です。留学生は学生用スマートライダーが利用でき、現地の学生と同様の4割引の料金で利用可能です。これに加え学生の」集まる主要の街では CATよよばれる無料の巡回バスが走ります。継続して必要になる交通費は、意外と留学生活の中で大きなシェアを占めています。これらの学割と無料バスの利用で、年間A$800-A$1,000の節約が可能です。

厳選された学校での留学生活

留学生の受け入れは、西オーストラリア州の教育省が認定している公立学校だけに許可されています。(私立学校は学校によって異なります。)  留学生の受け入れを行っている学校は政府の審査基準をクリアしているため、高い教育の質と万全なサポート体制を保証されています。英語コースを設けたり、寮やホームステイなどの滞在先の手配をしたり、勉強、生活面でのサポートを行っています。
⇒ 公立学校に関する情報はこちらから

私立学校も優れた設備のもと、芸術、スポーツ、環境、言語等様々な分野に特化したカリキュラムを導入し高い進学率を誇っています。

家族で留学? 扶養家族の学費は州が負担します

西オーストラリア州政府は、マスターコースや PhDコースで学ぶ留学生の扶養家族の学費を無料にしており、これはオーストラリア国内で西 オーストラリア州だけです。これらのコースに通う留学生の12年生(日本の高校3年生)までの扶養家族が公立校に入学する場合、学費は州政府が負担しします。

パースの生活、留学情報は StudyPerthのサイトから!http://studyperth.com.au/ja 
コースや学校検索も可能です。

また現地の最新情報、学校に関するニュースは FacebookやTwitterから。
https://www.facebook.com/StudyinPerthJapan/
https://twitter.com/StudyinPerthJap




>> オーストラリア学校一覧へ戻る


高校留学のサポートなら、毎日エデュケーションへ
看板

留学制度の構築から現地サポートまで、高校留学なら個人・法人のお客様の実績も豊富な毎日エデュケーションへお任せください。

株式会社 毎日エデュケーション 高校留学部門
【電話】03-6267-4188
【受付時間】月〜金/10:00〜18:00
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル9階

インターネットからのお問い合わせはこちら >>>>


Some images on this website were provided as a courtesy of Education New Zealand.

ページトップに戻る