留学を成功に導く

> 留学を成功に導く

The Process of Adjustment

住み慣れた日本を離れるとき、期待と不安が入り交っているはずです。家族や友人たちから色々な励ましの言葉を掛けられ、頑張る気持が湧き出て気分も高揚します。一方、知らない国に留学する不安や家族と離れる寂しさもあり、言葉では表せない複雑な気持ちになります。

現地に到着すると留学生活がいよいよ始まる実感が湧きますが、長旅の疲れ、周囲から飛び込んでくる英語や見慣れない表示など混乱した気分になります。現地生活が始まっても、当初は聞き取れない英語、戸惑う生活習慣や慣れない食事など多くのカルチャ−ショックに襲われて、「留学したのは間違いではないか?」「自分は留学の成果を得られるのか?」と気分が落ち込みます。「 Feeling very unhappy 」状態ですが、このような気分になるのは決して珍しいことではなく、多くの留学生が経験することだと思います。言わば、気分が底の状態で、ここから「 Adjustment 」が始まります。

留学生活への意欲を高めたり維持していく要素は、ホストファミリ−との交流や支え、英語が少しずつ理解できている実感、友人ができる、楽しい課外活動など些細なことがきっかけになります。いくつかのきっかけを得ながら、留学当初に失いかけた自信を少しずつ取り戻して、意義ある留学生活を送る道筋を見つけます。当然の事ですが、現地に順応する速度は人によって様々で、他人と比較するものではありません。しかし、留学生すべてにとって必要なのは、前向きな考え方、積極的な姿勢と自分なりの工夫です。

留学の成果を手に入れる

留学生のほとんどが、留学先に到着当初はカルチャ−ショックを受けます。その後、色々なきっかけをつかんで「 Adjustment 」していきますが、最後に満足できる成果を手に入れる留学生には共通した考え方や行動があります。

誰でも英語に関して慣れるまで時間がかかりますが、自信がなくても積極的に英語を話そうとする留学生は上達速度も早くなります。相手の言う事が分からない場合、分かった振りをせずに恥ずかしがらないで「わからない」と伝えることも重要です。どのようにすれば英語が上達するのか自分自身で考えて、話す際も単語の羅列ではなく文章で話す努力をしたり、日本人同士で固まらないで英語を話す機会を多く持つことが必要です。

学校のスポ−ツや芸術関連の課外活動に積極的に参加して、知り合いを増やす事も留学生活を楽しく過ごす要素となります。いつまでも日本のことが忘れられず、頻繁に日本へ連絡を入れる行動は愚痴や不満を生むことになります。

ホストファミリ−との良好な関係作りは、留学生活を成功させる大きな要素です。ホストファミリ−と積極的に時間を過ごすことでお互いの信頼関係が醸成できれば、慣れない留学生活の心の支えになってくれることでしょう。ホストファミリ−と行動を共にする事で現地社会に早く溶け込むことができ、英語力の向上につながります。

常に前向きな考え方と積極的な行動を忘れず、学校の先生やスタッフ、ホストファミリ−や友人たちとのネットワ−クが広がれば、彼らのサポ−トを得て孤独感を感じることもなく、大きな留学の成果を得るチャンスを拡げることができます。



高校留学のサポートなら、毎日エデュケーションへ
看板

留学制度の構築から現地サポートまで、高校留学なら個人・法人のお客様の実績も豊富な毎日エデュケーションへお任せください。

株式会社 毎日エデュケーション 高校留学部門
【電話】03-6267-4188
【受付時間】月〜金/10:00〜18:00
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル9階

インターネットからのお問い合わせはこちら >>>>


Some images on this website were provided as a courtesy of Education New Zealand.

ページトップに戻る