サポートセンター

アイルランド留学カウンセラーレポート<特別インタビュー>

アイルランド留学情報

お問い合わせ

毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

電話

東京カウンセリングルーム

0120-655153

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

大阪カウンセリングルーム

0120-952295

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

アイルランド留学

カウンセラー視察レポート:第2回
特別インタビュー<生活編>

> > > 特別インタビュー生活編


アイルランド視察レポート

インタビュー文化編|インタビュー生活編|基本情報&語学学校レポート

アイルランドレポート

※このページの情報は2005年時点でのものです。

皆さま、第1回“アイルランドの魅力について”はお楽しみいただけたでしょうか?今回はアイルランド政府観光庁の浅野公宏さんに“教育環境”や“人の魅力”など“留学先としてのアイルランドの魅力”について伺いました。

また留学時に気になる滞在先の環境や、ダブリンでの生活についてレポートいたします。(アイルランド担当・櫻井)

アイルランド政府観光庁 日本事務所
浅野 公宏 さん

【アイルランド政府観光庁 日本事務所】

浅野 公宏 さん

<プロフィール>

大学卒業後、アイルランドのボーディングスクール(寄宿学校)にてインターンシップを体験。帰国後は欧州を中心に展開する旅行会社就職を経て、現職に就く。


留学先としてのアイルランドについて

アイルランドに留学する日本人は、以前に他の国でも留学をしたことがあり、二回目以降の留学先としてアイルランドを選んでいる方が多いように思います。「通」に受ける国と言えるでしょうか? その理由は何でしょうね。日本人が他の英語圏の国に比べて圧倒的に少ないことが一つの理由だと思います。留学生の国籍を見ても、イタリア、スペイン、フランスなど、ほとんどがヨーロッパ出身です。一昨年にEUが拡大されてからは、旧東欧圏のポーランド、ハンガリー、チェコやバルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)からの留学生が多くなってきました。それに最近は南米のブラジルからの留学生も増えていて、アイルランドに居ながらにして異なった文化的背景を持った、様々な国籍の人達と知り合えるのです。

ヨーロッパは小さな地域でも国が違うと言葉も違いますから、クラスメートとの「会話」を通じて、アイルランドでイタリア語やスペイン語に興味を持つ方もいます。日本人が少ない環境なので、あまり日本語を使う機会がない。過去に他の国で留学した経験があり、海外で暮らすことにある程度自信がある人達は、次は以前にも増して真剣に語学を習得しようと取り組もうとされるでしょう。そういった背景があってアイルランドは人気を増してきているのだと思います。

あともう一つの理由としては、アイルランド独特の文化にもあるかもしれませんね。アイルランドって音楽やダンスはもちろん、文学もそして最近では料理など、切り口がたくさんあるんですよね。そういう意味でもじっくり時間をかけて楽しめる国だと思います。

アイルランドの文化

アイルランドの文化

アイルランドの文化



アイルランドの教育について

中世に「聖人と学者の島」として広く知られたアイルランドは、教育を重視する伝統があり、現在でも大学に至るまで基本的に教育費は国が負担します(留学生は学費要)。ですので大学進学率も非常に高いのです。これまでは大学で学ぶ学生はほとんどがアイルランド人だったのですが、最近多くの大学で留学生枠を設けることになり、積極的に世界各国から留学生の受け入れをしています。それによりESL(英語研修機関)やファンデーションプログラムも設置され、大学進学を目指す留学生にとっても恵まれた環境が整っています。

アイルランドの一番の魅力は?

アイルランドの魅力ーそれは何と言っても“人”です。人々がとってもナチュラルで素朴。それはダブリンのような都市部でも小さな田舎町でも変わらず、バスの中で隣り合った人でも学校の校長先生であっても、誰もが皆すごく自然体で気さくに接してくれる。人懐っこい人が多いけど、それがベタベタと嫌な感じじゃなく、距離感がちょうどいい。一人を個として認めて、ある意味放っておいてくれるのでとっても居心地がいいんです。

アイルランドへ来られる日本人の中には、今まで色々な国を旅したり、そこで生活してきた経験のある方が多いように思うのですが、嬉しい事にアイルランドを高く評価して下さることが多いです。それはきっと、そんな人々の温かいホスピタリティーにあるのかもしれません。アイルランドの語学学校ではホームステイの人気が高いです。受け入れファミリーは生粋のアイルランド人家庭がほとんど。もてなし好きの彼らのもとでは、ホームシックなんて言葉は無縁のようです。

実は私自身、彼らの魅力にどっぷりとはまってしまった一人です(笑)アイルランドから帰国してからも、仕事・プライベート含め何度も再訪していますが、その度に違った魅力と元気を与えてくれる国。皆さんもぜひこの国を体験しに来て下さい!

協力:アイルランド政府観光庁 アイルランド政府観光庁

【協力:アイルランド政府観光庁】

アイルランドの文化

アイルランドの文化

アイルランドの文化



特集 カウンセラーのレポート 〜アイルランドの魅力
内容 カウンセラーのレポート 〜アイルランドの魅力 アイルランド留学が決まったら、気になるのが滞在先
ホームステイ、学生寮の他、学生用のアパートを近くに持っている学校もある。滞在が長期になりそうなのであれば、ホームステイから学生寮やアパートに移ることも可能。又、一般のアパートに他の人とシェアして住むこともできる。
詳しくはこちら
特集 ダブリンでの生活
内容 ダブリンでの生活 交通・買い物・インターネットなど・・・
実際、街で生活するのはどんな感じなのだろう?ここではダブリンを中心に、公共交通機関、ストア、インターネットカフェ、移民局など、留学生活の中で触れ合うであろう場所・モノについてレポートします。
詳しくはこちら


インタビュー文化編|インタビュー生活編|基本情報&語学学校レポート

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページTOP


ページトップに戻る