サポートセンター

古川 周さん(コーク)-2|アイルランド留学体験談

アイルランド留学情報

お問い合わせ

毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

電話

東京カウンセリングルーム

0120-655153

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

大阪カウンセリングルーム

0120-952295

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

アイルランド留学

留学体験談
古川 周さん(コーク)-2

> > > 古川 周さん


休学留学体験談 (2) 学校と滞在先

名前 古川 周さん 新藤さん
プログラム 大学休学留学
都市 アイルランド/コーク
学校 コーク・ランゲージ・センター・インターナショナル
期間 12ヶ月 (2002年4月〜)

学校はコーク・ランゲージ・センター・インターナショナル。4月から2月までの11ヶ月間お世話になりました。学校自体は大きい方で気分としては予備校に通っているようでした。


【先生は「当たり」だった】
先生は「当たり」でした。親切で飲みに行ったりサッカーを一緒にしたりしました。学校の先生というよりも知り合いの家庭教師のような感じでした。最終日にケーキを用意してパーティーを開いてくれプレゼントやカードを先生やスタッフの方から貰ったりと、とてもいい学校でした。ただ、夏の時期はヨーロッパの国々から夏休みを利用してたくさんの生徒が来るので人数が増え、落ち着かない時もありますがいろんな人が来るので面白かったです。クラス全員イタリア人になった時にはクラスの中でイタリア語が飛び交い先生も苦労していました。


【しゃべるための英語に力を入れた授業】
授業内容は全て英語で行われる予備校のようなものと思えばいい感じ。教科書に沿って勉強したり、ビデオを観たり、やり方は先生によります。六大学の大学受験を通過した程度の英語力があれば文法に関しては問題ないです。
ただ、受験勉強のようにイディオムを暗記する事に力を入れたりせず、「現在完了」の使い方(日本の教科書にある説明は、いかに暗記用に説明づけられた物だと感じた)などの基本的な文法を丁寧にやったりと、喋るための英語の学習に力を入れています。丁寧にやるために繰り返しがあり退屈しますが、実際にちゃんと理解できている人は少ないのでいいレッスンになると思います。

リスニングなどの練習は「慣れ」ですので自分なりに工夫してください。テクニックなんかに頼らないのが一番です。結局は英語が上達するかどうかは自分しだいです。先生はいいのでそこからは自分のアプローチしだいでいろんな勉強ができるはずです。実際に学校の生徒管理の人や先生に相談すればいろんなテキストや勉強方を教えてくれるので利用してください。


【日本人の少ないクラス】
クラスの国籍に関すると日本人は学校全体でも少なかったです。最初の3ヶ月は日本語を喋る機会がありませんでしたし。基本的にスイス人やドイツ人、スペイン人が多かったと思います。しかし、最近ではアジア系が増えており日本人も以前よりも多くなったそうですし、特に韓国人が多くなってきたそうです。


【滞在先の相性は人それぞれ】
滞在先は最初の半年間はホームステイで、その後は気分転換でアパートに移って自炊していました。前者の場合、一人部屋でベッドとクローゼット付きで、食事として朝はパンとシリアルで勝手に食べていました。夜はパスタや芋料理が多かったです。
コークでは留学生が多く、たくさんの家が外国人の受け入れをしていました。中には洗濯をしなかったり飯がまずかったりと「はずれ」もあったようですが、その時には学校などに相談すれば解決するはずです。私の場合は、ホストファミリーと仲良くなりサッカーのユニフォームやタバコ、また家を出た後もクリスマスプレゼントを貰ったり、飲みに連れて行ってくれたりといい人達で、「儲けた」という感じでした。しかし、他の同じ家に住む生徒達によってはあわない人もいました。つまり、自分次第です。


(1) アイルランドに決めた理由/コークについて
(2) 学校と滞在先
(3)サッカー漬けの留学生活




アイルランド留学 アイルランド 留学体験談へもどる >>




  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページTOP


ページトップに戻る