スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

特集:アイルランド留学

アイルランド留学の基本情報

> > > アイルランド留学の基本情報

なぜアイルランド留学か?

アイルランド地図
  • 日本人留学生が少ない
  • フレンドリーな国民性で、会話の機会が多い
  • 治安が良い
  • 文学・音楽・ケルトなど独自の文化と歴史
  • 変化に富んだ自然
  • 多くの外資系企業が拠点を置く、技術立国

以上、アイルランドを留学先としてお勧めするポイントをざっと挙げてみました。
でも「そもそもアイルランドって何語を話しているの?」という方も多いはず。そう、欧米では存在感抜群なのに、日本ではまだマイナーなのが、アイルランド。 つまり、穴場の留学先と言えます!

では、そんなアイルランド留学のための基礎知識をご紹介していきます!


学べる言語は何?

英語がメインで使われています。

空港表示
ダブリン空港の表示。上がアイルランド語。しかしアイルランド語で会話ができる人は少ない。

もともとアイルランド語またはゲール語と呼ばれるアイルランド独自の言語がありましたが、イギリスによる長い支配の下、英語が主に使われるようになりました。近年はアイルランド語の復興に力を入れており、公共の看板には英語とアイルランド語が併記されています。

ワンポイント アイルランドの英語はなまりがある?

よく聞かれる質問ですが、ダブリンに関しては全くと言っていいほど問題がありません。ダブリンでは抑揚が少なく、聴き取りやすい英語が話されています。(ややこもった発音の人もいますが、コツがわかれば慣れてくるようです。「おじさん達の、あのモゴモゴ話す感じがかっこいい」と言っている留学生もいましたよ!)

地方によってはアクセントの強い英語が話されますが、語学学校の先生やスタッフ、大学の学生たちの間では、ほぼ問題ないでしょう。

詳しくはこちら 「ダブリン留学生活レポート:留学生インタビュー」>> 


どこで英語を勉強するの?

語学学校や大学付属の語学センターで学びます。

DCU

▲大学付属は設備が充実

Horner

▲アットホームな語学学校

他の英語圏の国と同じく、大学付属の語学研修センターと、民間の語学学校があります。

大学の語学付属センターオンキャンパスなので、ソーシャルアクティビティやクラブ活動など、キャンパスライフを体験できるのが特徴。日本語学科や日本語研修コースを設けている大学の場合、現地の学生との文化交流の機会もあります。また、大学によってはキャンパス内のスポーツ施設を利用できます(有料)。

民間の語学学校は小〜中規模の学校が多いのが特徴です。そのためスタッフのケアが行届いており、生徒同士の交流も自然と多くなります。
家族経営のアットホームな語学学校や、イギリスにもセンターがあり両国で留学体験ができる学校、ジョージアン様式と呼ばれる200年前の美しい建物を校舎にした学校など、それぞれユニークな特徴があるので、ぜひご相談ください。

アイルランドの語学研修機関の一覧はこちら!


ワンポイント 少ない日本人比率

留学生の国籍はヨーロッパを中心に、南米、中東、アジアなどからバランスよく留学生が在籍しているのが特徴。
日本人比率は、大学の語学センターでは10〜20%前後、語学学校で3〜10%にとどまっており、国際色豊かな環境で学べます。


滞在先はどんなところ?

アイルランドのホスピタリティを体験できる、ホームステイが人気

語学学校

▲留学生の受け入れに慣れた親身なファミリーが多い。

アイルランドは「最もフレンドリーな国」に選ばれた国(2008年「Lonely Planet Brue List」)。そのホスピタリティを体験できるホームステイには定評があります。

また費用を抑えたい方、プライベートな時間を持ちたい方は、シェア・アパートなどを利用するのもよいでしょう。大学付属コースの場合、夏期は大学寮を利用できることもあるので、お問い合わせください。

写真提供:玉川奈央子さん 玉川さんの留学体験談はこちら!


ビザは必要ですか?

日本人学生は、ビザ取得不要。思い立ったらすぐ留学可能

日本人がアイルランドへ留学する場合は、期間に関係なくビザは必要ありません
ただし、90日間以上滞在する人は、所轄の警察署で外国人登録が必要になります。

(北アイルランドはイギリスになるので、ビザが必要です)

アイルランド留学のデメリット

物価の高さがネックか?

物価が高め
90年代からの経済成長およびユーロ導入以降、特に生活費が上がっている。市内の中心部ではサンドイッチが3ユーロ後半(約450円)と、外食すると高めです。2008年の世界不況以降、家賃は下がり気味とのこと。

■日本からの直行便がない
日本からの直行便がないため、イギリスやオランダで乗り継いでアイルランドに入国するのが一般的。海外旅行が初めてという人にはやや不安な要素かもしれません。(空港乗り継ぎの情報などは事前にアドバイスします)


こんな人におすすめです!

語学学校

▲ヨーロッパを中心とした国籍バランスの良さが特徴(写真提供:井原成実さん)

路上にて

▲路上でも毎日のようにプロ級のライブが聴ける(写真提供:井原成実さん)

  1. 日本人が少ない所マイナーな所に行きたい人
  2. 相互文化交流がしたい人
    (大学付属コースの場合、日本語学科の学生との交流が盛ん)
  3. 起業やイノベーションに興味がある人
    (国の規模が小さい分、実験的な政策やサービスへの取り組みが盛ん。人口の9%がオーナー経営者)
  4. 旅行好きな人
    (国がコンパクト。ヨーロッパへのアクセスも良く、格安で行ける)
  5. 歴史に興味がある人 (先史時代の遺跡から、ケルト文化、中世の修道院文化、イギリスとの関係など、長く複雑な歴史をもつ)
  6. 音楽やアート全般が好きな人
    (パブでも路上でも、レベルの高い演奏が聴ける。小劇場も多い)

留学体験者に聞く!
「アイルランドはどんな人にお薦め?」

  1. のんびりしている人
  2. 競争が嫌いな人
  3. 東京が苦手な人
  4. お酒が好きな人
  5. コミュニケーションが好きな人
  6. 新しいことに挑戦したい人

詳しくは「ダブリン留学生活レポート/留学生インタビュー」にて!


   
ページのトップへ戻る

「アイルランド留学についてもっと知りたい」という方には、留学相談も受付中!

毎日エデュケーション海外留学サポートセンターでは、無料留学相談(留学カウンセリング)を実施中!
ぜひお気軽にお問い合わせください。 留学カウンセリングの詳細は下記ボタンから。

カウンセリング予約

アイルランド留学のお問い合わせ先

毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター
東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル9F

フリーダイヤル 0120-655153

<受付時間>
月〜金 10:00-18:00/第1・3土 10:00-13:00

ページトップに戻る