サポートセンター

ソウルデスク・スタッフコラム/小原雪乃さん

韓国留学お役立ち情報

お問い合わせ

毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

電話

東京カウンセリングルーム

0120-655153

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

大阪カウンセリングルーム

0120-952295

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

韓国留学

<ソウルデスクスタッフ・コラム>
≪好き≫を行動に移せば人生が変わる

> > > 小原雪乃さんコラム


ソウルスタッフコラム


池田 明穂さん
PROFIL

毎日エデュケーション・ソウルデスク
元インターン
小原 雪乃 (こはら ゆきの)

大学4回生2学期次を休学し、半年間ソウル市内の語学堂に自費留学。毎日エデュケーションを通し渡韓し、留学生活スタートと同時に現地デスクで学生インターンとして勤務。大学では主に政治学、政治史学に関心があり勉強していました。ファッション、メイク、맛집(おいしいお店)探しが大好きな普通の女子大生ですが、アメリカ政治にも関心を持つなど様々な方面に興味あり!


「好き」から高じ湧き出てきた「やりたい」という気持ち

はじめに

みなさん、こんにちは。
今回コラムを書かせていただきます、小原雪乃と申します。私は2016年の3月まで語学研修生として半年間ソウル市内の語学学校に通いながら、毎日エデュケーションソウルデスクでインターンもさせていただきました。今回のコラムでは私の留学までの道のりを振り返りながら「行動力」とは何か、についてまとめさせていただきました。拙文ではありますが、最後までお付き合いいただけたら幸いです。



韓国語学習のキッカケ

MISSHA

私が韓国語を勉強しようと思ったきっかけ、それはK-POPです。高校時代、周りの友人が韓国アイドルの話をしているのを聞き、自然に自分も好きになっていった事がきっかけでした。
初めは音楽を聞き、パフォーマンスを見る、それだけで満足していたのですが、どんどん彼らが話している韓国語、育ってきた環境や文化に興味を持つようになり韓国語の勉強を始めました。そんなミーハーな始まりが大学生活、更にはこれからの人生の方向を変えるなんて思ってもいませんでした。



好きは人生を変える?

突然ですがみなさんは「行動力」とは何だと思いますか?
バックパック世界一周をする事、若くして起業する事等…書店で「行動力」について書かれている本を探してみると、何となく自分とはかけ離れている様に感じますよね。

しかし、私は今までの経験を通し、こんな自分でも少しは「行動力」があるのではないかと感じました。友人知人の「行動力があるね」という言葉もその理由として挙げられますが、何よりも今自分がしてきた事を振り返った時に、大学1回生の時には想像もしていなかった自分の姿、考え、出会い、経験をする様になったからです。それは全て「好き」が高じ湧き出てきた「やりたい」という気持ちを形にしてきた結果でした。



短期留学へ

大学入学後、第2外国語の授業で韓国語を選択してからは、どんどん韓国語の魅力にはまっていきました。「もっと理解したい」「もっと話したい」その思いから先ずは学校の1か月短期留学プログラムへの参加を決意しました。しかし学校のプログラムといえど数十万円の費用が掛かります。親に頼めば費用も出してくれたのですが、私は自分がしたい事は自分の力でするという意思のもと、日々のアルバイトと徹底した金銭管理で留学費用全額を自分で用意する事が出来ました。

教科書
▲トウミのグループで漢江公園へ


そして1か月の短期留学へ。正直1か月という期間は少し長めの旅行にもなり得ますが、得るものは沢山ありました。
まず、何と言っても人間関係です。

同じ学校の友人達とは韓国語と韓国文化を学びたいという共通した目的のお陰ですぐに打ち解け、一緒に様々な場所へ遊びに行きました。勿論韓国人の友人も出来ました。私の通っていた学校にはトウミ制度がありましたので韓国人のトウミ達とも週に一度は必ず遊びに行きました。このプログラムを通して出会い、3年ほど経った今でも連絡を取り合う友人もいて、短期留学に行かなければ出会えなかったであろう人々と仲良くなる事も出来ました。

修了証

次に、これは帰国後に得たものとなりますが、次の目標への挑戦心です。
短期留学では遊んでばかりだったにも関わらず、成績は最優秀賞をもらうことができ、帰国後の韓国語能力試験でもこれまた大した勉強もせず中級に合格することができました。短期留学に行ったことに満足し、「やりたい」こともなく過ごす毎日が続きました。

そんな日々を過ごしていましたが、次の「やりたい」ことを見つけるきっかけとなる事件が起こりました。アルバイト先に韓国人のお客様がご来店された時のことです。お客様は日本語が話せないため、留学経験のある私が対応することになったのですが、その時私が話した韓国語は네(はい). 아뇨(いいえ)と 初級レベルの単語のみでした。「せっかく留学まで行ったのに…」と悔しい気持ちが一気に湧き上がってきました。その時から次の目標として、不便なく意思疎通をするためにもう一度、今度は長期留学をしてみたい!と思い、その目標の為に進むことになります。


ついに待望の長期留学へ!

次の目標の為に

お菓子を煮る実験
▲バイト先の留学生と뿌셔뿌셔という韓国のおかしを煮て食べるという実験中


アルバイトではその後も韓国人のお客様が来られたのですが、毎回悔しい思いをするだけでした。「もっと伝えたい」その思いが次の留学への原動力となりました。

とはいえ思い立ってすぐに留学できるわけがありません。実際に私が長期留学(大学休学の自費留学)を実行できたのは留学行きを決意した時から1年後でした。その1年間、交換留学で一足先に留学に行った知り合いを羨ましいと思ったり、毎日学校とアルバイト先の往復だけで、なんでこんな生活をしているのだろうとくじけそうになったことが幾度とありました。さらに大学休学での自費留学には様々なリスクがつきまといました。費用、大学の単位、就活など…。

様々なリスクがありながらも、どうして自分は留学に行きたかったのか?その理由は「韓国が好き」ということが根本にあったからだと思います。韓国のことを言語、文化、社会その他すべての側面から実際に見てみたい、知りたいと思った結果が留学という形になりました。よく恋愛において相手のことを知りたいと思ったら恋だ、と言いますがまさにそんな感じでした(笑)



ついに韓国へ!

そしてついに待望の留学生活がスタートしました。

勉強しつつ遊びつつと、本当に6か月間があっという間に感じるくらい楽しく、得るものが多い充実した日々を過ごしました。語学力は言うまでもなく伸びましたし、外国で生活するという事で様々な適応力もつきました。他にも韓国文化を肌で感じたことで、本やネットだけではわからないことも学びました。

しかし留学生活で得たものの中で一番大きかったのは、人との出会いだと思います。学校では日本人も含め様々な国の人達と仲良くなりました。またインターンのお仕事を通してスタッフの方をはじめ不動産のおばちゃんおじちゃん、お客様とも色々なお話をすることができましたし、もちろん韓国人の友人もたくさん作ることができました。色々なバックグラウンドを持った人達と話をする中で、新たな気づきや自分の中にはなかった選択肢が広がったと思います。大学やアルバイト先でも年齢性別関係なく様々な人と出会い、人の生き方はいろいろだと感じながら、留学はまさに「多様性」の意味を考えることができる時間でした。

日本で普通にアルバイトをして遊んで…という生活では絶対に経験できなかったことを経験し、たくさんの人々と出会えたことはとても幸せだと感じています。振り返れば、初めはただ好きだからという理由で始めた韓国語ですが、何年後かには自分にとって大切なものを作り出し、たくさんの学びを与えてくれ、4年前には思ってもみなかった自分になれたことに驚きと喜びを感じています。

釜山
市場
▲友達と共にプサンへ



まとめ

ここまで私の留学体験記(?)を書いてきましたが、この経験を通して自分の軸にしたいものがあります。それは「好きを行動に移せば人生が変わる」ということです。とても大袈裟ですが(笑)、実際私は大学1回生まで留学自体には全く興味を持っていませんでした。しかし韓国に興味を持ち始めたことで留学生や同じ韓国語学習者とも出会い、好きだからもっと知りたい!という思いが留学という形となって更なる出会いを生み、更なる学びを与えてくれました。

先の2章での「行動力」について、海外の大学に正規留学されている方や大学生のうちに起業した方、世界一周バックパッカーをした方などに比べれば、私の体験は本当に些細な経験に過ぎないと思います。しかし、私のような平凡な大学生でも、好きを形にするべく行動を起こせば、数年前の自分より何倍も学び、成長した自分になれるのではないかと思います。

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事が今何かに没頭している方、何かに踏み出そうとしている方にとって少しでも後押しになれば幸いです。

そしてインターン、コラム執筆の機会を与えてくださった毎日エデュケーションの社員の皆様、本当にありがとうございました。




毎日エデュケーション・ソウルデスクのご紹介

毎日エデュケーション海外オフィスとして、2012年9月に新村(シンチョン)にオフィスを開設いたしました。現地到着時から帰国までみなさまの留学生活をサポートいたします。また、大学や語学学校、滞在先などとの連携や協力を一層深めることで、最新かつ有益な情報をリアルタイムでお届けしてまいります。

ソウルデスクのサポート情報はこちら

ソウルデスクブログ



  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページTOP


ページトップに戻る