サポートセンター

ソウルデスク・スタッフコラム/石山飛嘉さん 第1回

韓国留学お役立ち情報

お問い合わせ

毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

電話

東京カウンセリングルーム

0120-655153

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

大阪カウンセリングルーム

0120-952295

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

韓国留学

<スタッフ・コラム>
毎日エデュケーション ソウルインターンを終えて
大学生が考えた『グローバル人材』 第1回

> > > スタッフコラム第1回


ソウルスタッフコラム第1回


PROFIL

毎日エデュケーションソウル連絡事務所
元インターン
石山飛嘉さん (いしやま あすか)

大学3年次を休学し韓国へ渡航、2012年8月から2013年3月まで毎日エデュケーションソウル連絡事務所インターンとして勤務。正体は政治学を専攻する変わり者の大学生。主に冷戦後の東アジア政治や旧ソ連地域の民主化問題を扱い、翻訳者としても活動中。バックパック旅行とサイクリングが趣味です!

石山飛嘉


はじめに

新村事務所前

初めまして、今年3月まで毎日エデュケーションソウル連絡事務所でインターンとして勤務しました石山飛嘉と申します。突然ですが『グローバル人材』ってなんでしょう。毎日エデュケーションのHPでも『グローバルキャリア塾』という連載コラムのページがありますね、ご存知の方が多いと思います。『グローバル人材』とは何ヵ国語も操る一流大学を卒業した人でしょうか、近未来的なオフィスで働きビジネスクラスで各国を飛び回る人でしょうか、それとも意外な場所で意外事を支えている・・そんな人だったりするのでしょうか。

今回は6か月間のインターンを振り返り、そして『グローバル人材』という一種の命題について絡み合わせながら本コラムを執筆させていただきます。未熟なところが露呈するかと思いますが、ご容赦しつつ読んで頂ければ幸いです。



渡韓の経緯は

まず。私が渡韓に至った経緯ですが、実はとても単純で「在学中に何か面白いことをしてみたい、特別な事をしてみたい」というありきたりの発想から始まったものでした。

ちょうど交換留学や語学研修、ワーキングホリデー等といった形で海外に長期滞在している大学生が多かったという事があり、「じゃぁ自分も海外にでてみたい」と、いとも簡単に影響されたわけです、ギャップイヤーを取ったということですね。

それでは渡航先は?という事になりますが、自分には縁があり、大学の勉強でも第二外国語や政治学のイシューとして深く関わってきた日本人としても何かと話題に出やすい「韓国」に行ってみよう、という具合です。それからはアルバイトをして渡航費用を貯めつつ、あとは言葉の勉強をしながらただ漠然とした渡航後の姿を描いていました。

石山飛嘉



『なんちゃって就活』とソウル連絡事務所デビュー

さて、時間は飛びます。韓国に来て4か月が過ぎたあたりでしょうか、日々韓国語能力を伸ばすべく勉強しつつ大学の勉強もそれなりに続け、週末は楽しいソウルの街で遊ぶ・・とても充実していました、怖いものなんて何も無く、帰国後の就活なんてどんと来い状態。ところが、新しい環境の下で一定期間が過ぎると色々なことが不安になってくる、私も例外ではありませんでした。

そんな時、ただ悩むだけよりもとりあえず行動してやれという結論に至りました。ましてやここは日本でなく、海外・・少しくらいなら大胆になっていいのではという事で『なんちゃって就職活動』を始めます。片っ端からソウルにある日系企業や日本と関連のある会社、NPO団体等を調べ上げ、そして見よう見まねで履歴書を作成、ネットのテンプレを参考にしたなんちゃってビジネスメールでインターンとして雇って下さいというメールを連発します、今考えても恥ずかしい。

『あいにくそのような採用はしておりません・・・』と言うような返信が来ればいいもので、先ずほとんどからは返信がありませんでしたね。しかし、運命とはわからないもので、ひょんなことから毎日エデュケーションソウル連絡事務所でのポストにめぐり会う事となります。考えてみれば初めてのインターン勤務地が韓国のソウルです、行動すればチャンスも広がるなと最も実感した時でした。余談ですが、上記のなんちゃって就職活動では日英翻訳者のポストがみつかり、1年たった今でも続けています(笑)。

少し自分語りが長くなりましたがここで第一回を終わらせていただきます。



index

第1回 渡韓の経緯、そしてソウル連絡事務所デビュー

第2回 韓流を知る事、韓流になる事

第3回 変われば良いのに、じゃなくて変わってみれば良い


毎日エデュケーション・ソウルデスクのご紹介

毎日エデュケーション海外オフィスとして、2012年9月に新村(シンチョン)にオフィスを開設いたしました。現地到着時から帰国までみなさまの留学生活をサポートいたします。また、大学や語学学校、滞在先などとの連携や協力を一層深めることで、最新かつ有益な情報をリアルタイムでお届けしてまいります。

ソウルデスクのサポート情報はこちら

ソウルデスクブログ



  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページTOP


ページトップに戻る