サポートセンター

ソウルデスク・スタッフコラム/石山飛嘉さん 第2回

韓国留学お役立ち情報

お問い合わせ

毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

電話

東京カウンセリングルーム

0120-655153

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

大阪カウンセリングルーム

0120-952295

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

韓国留学

<スタッフ・コラム>
毎日エデュケーション ソウルインターンを終えて
大学生が考えた『グローバル人材』 第2回

> > > スタッフコラム第2回


PROFIL

毎日エデュケーションソウル連絡事務所
元インターン
石山飛嘉さん (いしやま あすか)

大学3年次を休学し韓国へ渡航、2012年8月から2013年3月まで毎日エデュケーションソウル連絡事務所インターンとして勤務。正体は政治学を専攻する変わり者の大学生。主に冷戦後の東アジア政治や旧ソ連地域の民主化問題を扱い、翻訳者としても活動中。バックパック旅行とサイクリングが趣味です!

石山飛嘉


インターン、始動

新村事務所前

▲ソウル事務所の外観

 6か月のインターンで経験した業務は多岐に渡りますが主に、留学生の皆さんのサポート、韓国の語学学校のリサーチ・開拓、そして事務作業の3つに大きく分けられます。そしてこれらの業務こそ『グローバル人材』という命題について考える大きな機会だったのです。

インターンとして本格的に始動したのは9月からですが、8月から研修のような形で適宜出勤することになりました。新村(シンチョン)に事務所を構え、会社用のパソコンと携帯が貸与され、無駄に武者震いしていたのを覚えています。初めは先輩社員に手取り足取り仕事を教えられるのだろうか、そう考えていた私ですが実は蓋を開けてみるとこのインターン、超実践型のインターンシップだったのです。

先ず、私に与えられたものは上述の事務所、パソコン、携帯のいわば『三種の神器』です。そしてスタッフは自分1人、あとは日本からの指示を適宜受け、わからないことはとにかく自分で調べて考える!!こういった環境から始まりました。



韓流を知る事、韓流になる事

韓国で働く上為に知って置く事、そして学んだ事が多くありました。例えば『韓国語学学校のリサーチ・開拓』という業務を例に出してみます。今までHP上で公開している学校の情報更新や新たに提携する為に学校を調べたり、訪問したりするわけです。

先ずこの業務をするに当たって必要だったことは韓国語能力です。大げさに言えば韓国で韓国人相手にビジネスをする時にはそれなりの語学力は必要です。中には英語でコミュニケーションを取る場合や日本語が流暢な方も多いですが韓国語ができるに越したことは無いでしょう。

それだけでは無く、メールの書き方等のビジネスマナーも必要です。インターンの学生だからと言って無礼は許されません。メールの締めくくりには『그럼 오늘도 좋은 하루 되세요 (それでは今日も良い一日をお過ごしください)』等の一言を添えることもここから覚えました。

石山飛嘉

▲訪問先の大学にて

また、韓国固有の文化を理解するという事も大切だったと思います。年上を重んじる韓国では目上の人の前で酒を飲むときは横を向くというのは有名な話ですが、会議で目上の人とのアイコンタクトを避ける、はては女性が食事の席でお酌をすることは避けるという到底自分に必要のなさそうな事まで覚えましたが、こういった事はすべて韓国で韓国人と働く事で学び、そしてその為に必要だった事なのだと思っています。



日本流である事、日本の常識を知っている事

外国で異文化を知り、適応するという事は『グローバル人材』『グローバルキャリア』を考えるうえで必要不可欠なことだと思います。しかし、それ以上に必要な事が『日本流である事』という事だと感じました。

留学生の現地サポートを例に出してみましょう。これは留学生の皆様を空港までお出迎えしたり、留学中の住まいやその周辺のご案内をしたりするサポートです。留学生の皆様の中には留学自体が初めてと言う方は勿論、海外経験さえ少ないけど・・!という方もいらっしゃいました。その様な皆さんにとって安心なことは日本規格のサポートを最初に受けられるという事では無いでしょうか。

あまり詳しくは書けませんが、留学中の住まい等を手配して下さっているYさんと言う現地に住む日本人の方がいらっしゃいました。どんな厳しいスケジュールでも的確に指示をくれ、また手配先の住まいは日本人にとっても住みやすいという具合の完全にその道のプロでした。

韓国を知り尽くしている以前に日本を知っているからこそできるサービス、これも『グローバル人材』に必須な事では無いのでしょうか。



index

第1回 渡韓の経緯、そしてソウル連絡事務所デビュー

第2回 韓流を知る事、韓流になる事

第3回 変われば良いのに、じゃなくて変わってみれば良い


毎日エデュケーション・ソウルデスクのご紹介

毎日エデュケーション海外オフィスとして、2012年9月に新村(シンチョン)にオフィスを開設いたしました。現地到着時から帰国までみなさまの留学生活をサポートいたします。また、大学や語学学校、滞在先などとの連携や協力を一層深めることで、最新かつ有益な情報をリアルタイムでお届けしてまいります。

ソウルデスクのサポート情報はこちら

ソウルデスクブログ



  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページTOP


ページトップに戻る