サポートセンター

ソウルデスク・スタッフコラム/石山飛嘉さん 第3回

韓国留学お役立ち情報

お問い合わせ

毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

電話

東京カウンセリングルーム

0120-655153

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

大阪カウンセリングルーム

0120-952295

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

韓国留学

<スタッフ・コラム>
毎日エデュケーション ソウルインターンを終えて
大学生が考えた『グローバル人材』 第3回

> > > スタッフコラム第3回


PROFIL

毎日エデュケーションソウル連絡事務所
元インターン
石山飛嘉さん (いしやま あすか)

大学3年次を休学し韓国へ渡航、2012年8月から2013年3月まで毎日エデュケーションソウル連絡事務所インターンとして勤務。正体は政治学を専攻する変わり者の大学生。主に冷戦後の東アジア政治や旧ソ連地域の民主化問題を扱い、翻訳者としても活動中。バックパック旅行とサイクリングが趣味です!

石山飛嘉



さて、前回までは実際のインターンの業務を経験して、そして目の当たりにした
「グローバル人材」、「グローバルキャリア」ってなんだろうという問いについて
自分なりの見解を書いてみました。
今回は締めとしてもう少し幅広く一般的な事について触れてみます。


一緒に働ける仲間

石山飛嘉

海外に限った話ではありませんが、新しい場所、環境に身を置いてみて人間関係の重要さについて気づかされると思います。

インターンを始めたころは私が一人だけで業務をしていたと書きましたが、次第に業務が複雑化し、仕事量が増えていき3か月目にはとても一人では手が回らない状態に・・・急きょ東京にむけてSOSを出したのです。

予め『何か必要なものがあったら遠慮せずにすぐに言って』と言われてはいましたが3か月目にして初めての、そして結構重要な要請だったと思います。そこで紹介されたのが留学生のMさん。自分と年齢も近く、色々な経験をされている方でとても頼りになりました。

こうして晴れて2人体制となったソウル事務所での仕事は以前よりも何か違った感じでした。やっぱり、仕事を分担できる(というか押し付ける・・汗)事で自分の負担も減りますし、常に様々な事を指摘し協力できる仲間がいる、当たり前の事ですけど海外で仕事をしてみて改めて実感した事だったと思います。

ちなみに彼女は今も現役でソウルにて勤務されています。



キャリアの作り方

大学生の分際でたいそれた事を、と思われたかもしれませんがインターンをして『キャリアって何よ』という非常に根本的な事をじっくり考える機会となりました。

目標の職業、働きたい業界が決まっていればそれに向けた勉強をすることが第一歩ですし、いまある職の経験と得た技術を生かしてさらにステップアップするという事。志高く国際機関で働きたければ修士以上の学位を取り、さらに職業経験もあり専門知識と経験で勝負する、こういった基本的な事を恥ずかしながら今まで考えていませんでした。

じゃぁ留学業界・旅行業界でインターンをしたら就職先はそこだけに狭まるの?と聞かれたら、そうではないと思います。確かに関連する業界に就職することはベターで筋が通っているかもしれませんがインターンという身分だからこそ、そして海外インターンというちょっとした特殊事情があるからこそ、身に着けたより一般的な知識と経験が生きていくのかなと思っています。

余談になりますが勉強になった事とは何かと聞かれれば私は『経費の書き方』と答えます。出張時の経費を出すときにバカ正直に『食事代』なんて項目を入れて笑われた事もありました(笑)。

石山飛嘉



変われば良いのに、じゃなくて変わって見れば良い

よく、『日本の就活システムは〜』とか『欧米の学生はもっと〜』など海外を引合いにだして日本の息苦しさを訴える事ってありますよね。私もそのクチで、『1年くらい卒業が遅れたっていいじゃない、若いうちに海外に出れば何かが得られる!』っていう考えがあって渡韓したという事は書きました。結果、行動してみればそれに見合った成果は出たなと思います。

勿論、もっと明確な目標を打ち立ててから行けばよかった等後悔もはじめたらしきれません。『大学が9月入学にならないと〜』とか『採用時期が〜』っていう不満を出す事は変化を求める為に重要だと思いますが、それを待たずに自分が変わって見るという事は一つの手じゃないでしょうか。ワーホリでも語学留学でも世界一周でも日本一周でも海外ボランティアでもなんでもいいと思います。

誤解して欲しくないのですが私は決して『アンチ・日本の就活』ではありません。むしろ経験も何もない新卒が大企業に飛び級で入れるし、仕事を手取り足取り教えて貰いながらしっかり初任給もでるなんて素晴らしいと思います、ぜひ積極的に利用すべきです。ただ自分の場合、それまでにもっと経験値を積みたかったので1年韓国で過ごす事を決めました。今は、目標に向かってしっかり勉強し、それに関連する実務的な経験を積む努力をしています。


**********************************************************

長くなりましたが、私が毎日エデュケーションソウル連絡事務所で
6か月インターンをした経験の振り返りを終わります。
最後に改めて自分を『修業』させて下さった毎日エデュケーションと社員の皆様に感謝いたします。
ありがとうございました。


index

第1回 渡韓の経緯、そしてソウル連絡事務所デビュー

第2回 韓流を知る事、韓流になる事

第3回 変われば良いのに、じゃなくて変わってみれば良い


毎日エデュケーション・ソウルデスクのご紹介

毎日エデュケーション海外オフィスとして、2012年9月に新村(シンチョン)にオフィスを開設いたしました。現地到着時から帰国までみなさまの留学生活をサポートいたします。また、大学や語学学校、滞在先などとの連携や協力を一層深めることで、最新かつ有益な情報をリアルタイムでお届けしてまいります。

ソウルデスクのサポート情報はこちら

ソウルデスクブログ



  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページTOP


ページトップに戻る