サポートセンター

ソウルデスク開設 特別インタビュー/第1回 栗城健様

韓国留学お役立ち情報

お問い合わせ

毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

電話

東京カウンセリングルーム

0120-655153

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

大阪カウンセリングルーム

0120-952295

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

韓国留学

株式会社インテリジェンスコリア 代表取締役社長
栗城健様インタビュー Part.1

> > 特別インタビュー


栗城健様インタビュー

(2013年1月23日撮影)

海外留学をする上で誰でも一度は考える「海外で働く」という目標。
今回、『韓国で働く』というテーマにフォーカスし、
株式会社インテリジェンスコリア(旧社名 テンプスタッフ・コリア株式会社)
代表取締役社長の栗城健様にインタビューをさせていただきました。

******************************************


Interview

株式会社インテリジェンスコリア
(旧社名 テンプスタッフ・コリア株式会社)


代表取締役社長
栗城 健(くりき けん)様



【協力】K-ACADEMY(オンライン韓国語スクール)
【取材】箕浦敬子(毎日エデュケーション ソウルデスク)
【編集】石山飛嘉(毎日エデュケーション ソウルデスク)

栗城 健 代表取締役社長


海外でステップアップをするというチャレンジ

ソウル

---まずは現在韓国で働くに至った経緯を教えてください。

わが社は海外法人へ駐在する際に社内公募がかかり、立候補することによって決まります。初めて『海外転勤』という言葉を聞いたとき、今まで留学経験も何もなかった私ですが一気に頭の中で夢が広がり・・そして、チャレンジするに至りました。


---以前から韓国語学習など韓国で働くための努力はされていたのでしょうか。

駐在するまでは全く韓国に興味もありませんでしたので、韓国語でさえ全く学習もしませんでした。私の場合は「こんにちは」「トイレはどこですか」だけ覚えて訪韓しましたので、本当にいろいろと苦労しました。渡韓前にした事といえばソウルのガイドブックを買ったりして、実は妻を説得することが大変でしたね (笑)。


---どのようなことで最初は苦労されましたか?

外国ですから言葉が違う、文化が違う、食事も違う程度は当たり前と思っていましたし、それほど問題ありませんでしたが、仕事の面では非常に苦労しました。一緒に遊んだりお酒を飲んだりする程度であれば、日韓でそんなに違いは感じませんし、逆に陽気で親切な韓国人と飲んだりすると大変楽しいのですが、仕事は別ですね。やはり仕事のやり方も考え方も大きく異なる仲間達と言葉も通じない中でビジネスを行うという事の難しさを痛感しました。韓国に新規進出する日系企業の多くは、文化慣習のギャップに苦しんでいるように思います。



海外就職、理想と現実の差は思ったよりも大きい

---読者のみなさんの中には『韓国で働く』と言う夢を持ち韓国留学を考えている方がいらっしゃると思います。韓国で働く日本人の方々はどんな形で来られたのでしょう?

圧倒的に多いのが企業派遣の駐在員でしょう。私自身もその形で来ました。そして韓国での現地就職される方、またはワーホリビザや学生ビザでアルバイトをされる方等です。


---現地就職のハードルは高いのでしょうか?それは例えばどんなことで?

はい。非常に高いと言えます。実際にビザを取得してもらう条件で入社し、家具も生活用品も全部そろえて生活をしていたらビザが取得出来ずに、泣く泣く帰国せざるを得なかったというケースも伺えます。まずは言語ができないといけません。次いで就労ビザです。専門知識や特定の分野での経験が無ければ就労ビザが下りないと言っても過言ではありません。

栗城 健 代表取締役社長



ソウル

--専門知識とは?

一言で言えば韓国にあまりない技術や経験などです。身近な例で言えば日本食の料理人、うどんやそばの専門家などが例です。他には韓国が得意とする電子・電機製品などをつくる際に必要な先端部品や化学製品などは日本から輸入しているケースが多いので、これらを作成する技術や知識などが該当します。日本語教師や日本人向けコールセンターなども日本人だからこそ強みを活かせる専門性と言えるでしょう。


---今までに韓国での就職相談でいらした日本人の方について教えていただけますか?

弊社にご相談をいただく方は女性が多い傾向があります。海外転職と言う高いハードルを目指していらっしゃるので非常に意識も語学力も高い方が多いですが、中には目的が曖昧な方もいらっしゃるように思います。例えば韓国に永住するつもりがあるかどうかを問われた時に、「勿論です。」と即答出来るくらいで無いと正社員で現地採用される事は難しいと私は思います。


---日本語ネイティブがアドバンテージになる事は?

韓国は日本語スピーカーも非常に多いので、日本語ネイティブというだけでアドバンテージを得る事は出来ないと思います。日本人ならネイティブ並みの韓国語能力と上記の専門性があれば大きなチャンスをつかめる可能性はあると思います。さらに韓国文化慣習や韓国人の考え方なども理解していれば完璧です。



韓国の人材の能力の高さと意識の高さ

---お話を伺うと待ち構えている現実の厳しさに困惑します・・。逆に韓国の国内事情についてお話を聞かせていただけますか?

先ず学生についてですが、日本同様韓国でも就職難が続いており、どの学生も必死になってよい就職先を探しています。大企業に入る為には高度な英語能力に加えてもう1カ国語出来ないといけない等、非常に厳しい声も聞かれる程です。また韓国では就職率が悪い大学のワーストランクが発表され、就職率の悪い大学は政府からの補助金を打ち切られる為、学校も就職率を上げる為に必死になっていますし弊社では一昨年から多くの大学でセミナーを実施しながら学生の就職支援を始めていますが、就職出来ないとは信じられないくらい優秀な人材揃っているという印象を受けました。近年は行動力・語学力などの様々な能力にたけているという事から、韓国人学生を日本で採用したいという日本企業も増加しております。


就職課



---会社や社会人などの事情はどうでしょう?

韓国では転職をする事により給与と役職を上げていくという転職スタイルが当たり前で、比較的1社で長く勤務する日本とは状況が大きく異なります。1社で勤務する年数の平均は4年と言われており、20代や30代中盤ぐらいまでは1〜2年で転職を繰り返すケースも珍しくありません。同業への転職も当たり前でライバル企業からチームごと人材を引き抜くなどという事もあり、我々日本人には中々馴染みにくい面もあると思います。


---なんだか相当ハードルが高く、特別な能力が無いと不可能な夢に思えてきました・・

なんだか出鼻から厳しい話ばかりをしてしまいましたね(笑)。でも、自分が先ずすべきことを考え、必要な事を整理して行動をすれば不可能なことではないでしょう。理想を描く事は非常に大事な事だと思いますが、しっかりとした準備無しでは、理想の実現は非常に難しくなってしまいます。せっかくの韓国生活(留学)です。自分の理想を叶える為にしっかりとした準備をし、よりよい海外体験にしていただきたいと思います。



トップに戻る


毎日エデュケーション・ソウルデスクのご紹介

ソウルサポートデスクが2012年9月に開設しました!

毎日エデュケーション海外オフィスとして、2012年9月に新村(シンチョン)にオフィスを開設いたしました。現地到着時から帰国までみなさまの留学生活をサポートいたします。また、大学や語学学校、滞在先などとの連携や協力を一層深めることで、最新かつ有益な情報をリアルタイムでお届けしてまいります。

ソウルデスクのサポート情報はこちら

ソウルデスクブログ



  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページTOP


ページトップに戻る