サポートセンター

「日常会話をマスターに必要な留学期間は?」韓国留学Q&A

韓国留学お役立ち情報

お問い合わせ

毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

電話

東京カウンセリングルーム

0120-655153

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

大阪カウンセリングルーム

0120-952295

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

韓国留学

よくあるご質問
「日常会話をマスターに必要な留学期間は?」

> > > 韓国語のマスターに必要な留学期間


韓国留学Q&A

韓国留学全般について

韓国語の日常会話をマスターするには、どのくらい留学すべき?

簡単な日常会話をマスターするためには、何カ月ぐらい留学すべきでしょうか。 ちなみに私は、韓国語がまだ全然わからないビギナーです。

まったく韓国語の基礎がない入門レベルの方でも留学していただけます。

日常会話をマスターするには、個人差がかなりありますが、大体の方は3ヶ月〜半年ほど勉強すれば韓国で生活していく上での基本的な日常会話を習得することができるでしょう。

大学のコースにもよりますが、初級から上級までレベルを6段階に分け、1学期間(3ヶ月)でそれぞれのレベルをマスターするようにしている学校が多いです。

以下をご参考ください。

(例)延世大学の正規課程・各レベルの目標 ※一部資料より抜粋

<レベル1> ハングルを完全に読み書きでき、基本的な発音を理解し正しく発音できる。自己紹介、食事の注文、買い物、道の尋ね方、交通機関の利用、電話など日常生活に必要な簡単な表現を使うことができる。

<レベル2> 韓国語の個別の発音と音韻規則になれ、文章の中で正確に発音することができる。レベル1で習った短文を基礎として、より複雑な文章を作ることができる。話し手の意思を部分的に理解し、友達同士で使う表現や間接話法で話すことができ、日常生活に必要な表現を使うことができる。

<レベル3> ハングルの音韻を体系的に理解し自然に発音することができる。比較的複雑な内容の文章や会話に表れる韓国的な脈絡を理解することができる。韓国で生活するにあたって、不便がない程度の意思疎通が可能である

<レベル4> 母語の抑揚と発音が残ってはいるが比較的自然に話すことができる。話し手と聞き手の関係によって変化する会話体系を理解することができる。一般的な職場での業務が可能で、韓国的な考え方と文化を理解することができる。

<レベル5> 母語の影響が多少はあるが普通の速度で自然に話すことができる。大部分の文章構造を理解し、これを活用して新しい文章を自由に作ることができる。口語体と文語体など、時と場合に応じて使いこなすことができる。韓国語と韓国文化に関して深く理解し、積極的に社会活動に参加することができる。

<レベル6> 韓国人とほとんど同じ発音で話すことができる。文法に関する問題はほとんどない。頻度が低い接尾詞と接頭詞、慣用表現、複合語尾、敬語などを使いこなすことができる。韓国社会における専門的な業務遂行が可能で、大学生水準の専門的な活動に参加でき、韓国文化の紹介及び案内をすることができる。

また、できることならば、留学前に文字と読み方・簡単な挨拶などを覚えていくとよいでしょう。


関連する韓国留学のページはこちら!

関連項目 韓国学校一覧



韓国留学のご相談

韓国留学チーム

「自分に合った学校を見つけたい!」
「どんな滞在方法がある?」など、
どうぞお気軽にお問い合わせください!

お電話でのカウンセリングも承ります。


  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページTOP


ページトップに戻る