スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

東亜大学校・訪問レポート|韓国学校情報

韓国留学お役立ち情報

お問い合わせ

毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

電話

東京カウンセリングルーム

0120-655153

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

大阪カウンセリングルーム

0120-952295

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

韓国留学

東亜大学校
<学校訪問レポート 2017.6>

> > > > レポート


訪問レポート



70年の伝統のある名門私立大学。
語学堂と学生寮が一体型になった新しいキャンパス

初めまして!プサンデスクの竹村です。
この度釜山エリアにてご紹介する学校は東亜大学校です。


1946年創立。70年の伝統のある名門私立大学

東亜大学

釜山・慶尚南道エリアを代表する70年の伝統のある名門私立大学の語学堂です。スポーツに定評があり、オリンピックのメダルを獲得した選手も輩出しています。


東亜大学校は乗鶴(スンハク)・九德(グドク)・富民(ブミン)の3つのキャンパスがありますが、語学堂は富民(ブミン)キャンパスのすぐ近くにあります。富民キャンパスからは徒歩約7分ほどです。
語学堂と外国人専用寮が一体となった建物で、外国人留学生をしっかり管理してくださっています。

最寄駅は「土城駅」。釜山一の繁華街「南浦駅」、巨大な魚市場で有名な「チャガルチ駅」を過ぎた次の駅です。語学堂までは徒歩約10分です。

「土城駅」周辺は南浦洞(ナンポドン)と打って変わって閑散とした静かな町ですが、東洋のマチュピチュと呼ばれている「甘川文化村」の最寄駅でもあるので観光客も多く訪れる駅です。


甘川文化村

写真は東洋のマチュピチュ「甘川文化村」。
「土城駅」駅からマウルバス(町バス)で約10分。



では語学堂までご案内します!

土城駅

コシウォン

地下鉄1号線「土城駅」1番出口を出ると、コンビニなどの庶民的なお店が何軒かと、女性専用のコシウォンが何軒かあり、正直閑散としていて寂しい感じが否めません。。でもキャンパス周辺まで行けば飲食店が多少集中していますので、もう少し行けばにぎやかになります。ご安心を。



トースト屋

少し進むと大学のキャンパスが見える交差点に出ます。
実は一番最初の建物の写真は、交差点から見たキャンパスです。

でも語学堂はキャンパス方面とは逆の右側へ進みますのでご注意! ちょうど角にトースト屋さんがあるので、そこを曲がればいいです。


トースト屋

それにしてもこのトースト屋さん、安い!さすが学生街。
1500ウォン(約150円)からあります。

卵焼きと千切りキャベツは基本で、1500ウォンの場合、ハムかチーズが選べます。メニューも豊富です。


トースト

気になったので私はベーコントーストを食べてみました。2000ウォンでした。

ベーコンにチーズと卵焼きとキャベツの千切りが入っていて、ケチャップとマスタードをかけたというシンプルなものでしたが、これがおいしかったんです!
このお値段で買えるのは学生街ならではですね。

中年のアジュンマ(おばさん)が作っていましたが、気さくに話しかけてくれて好感が持てました。
また通ったら食べたいです。



語学堂

トースト屋を曲がって少し進み、信号を渡ってもう少し進むと、右手に語学堂が見えます。



語学堂に到着!

語学堂

東亜大学校の語学堂の特徴はキャンパスから独立した語学堂と寮が一体型の建物ということです。

2階から4階までが講義室、5階と6階はゲストハウス、7階から15階が外国人専用の寮(寄宿舎)となっています。
外国人留学生をしっかり管理してもらえて安心です。



カフェ

1階はカフェ兼売店になっています。
なかなかおしゃれな雰囲気です♪


コンビニ

もちろん近くにもコンビニがありますが、わざわざ外へ出なくても最低限の物はここで手に入りそうです。

2015年7月にできたばかりなのでまだ建物がきれいなのもポイントです。




では語学堂と寮が一体の「石堂グローバルセンター」内へ潜入

事務室

2階に上って突き当りに進むと事務室があります。

上から覗けば誰がいるか見えるので、入る前に確認できるのがいいですね。


正覚院

このようなゆったりとした休憩スペースもありました。

この隣は相談室になっていて、何かあればこの部屋を利用して先生とじっくり相談できます。



教室

こちらが教室です。
会話しやすいようにコの字型に机が配置されています。

教室は2階から4階まであるので、このグローバルハウス内ですべての授業を行っています。
1〜2級では東亜大学校オリジナルテキストを使用。
3級以上は「ソウル大韓国語」を使用しているとのこと。

現在東亜大学校の語学堂の在籍人数は244名(2017年6月現在)で、一番多い国籍は順に中国、ベトナムです。日本人はまだまだ少なく、交換留学生を含めると20名ほどで、純粋な語学研修生は5名ほどとのことです。
韓国語を使って生活しやすい環境ですのでおすすめです。



気になる寮の様子をレポート!

部屋

バスルーム

こちらが外国人専用寮です。
2017年現在で築2年ということでまだまだきれいです!
適度な広さで快適に暮らせそうです。

小さいですがベランダがあるのもポイントです。洗濯物を干したり、気分転換にベランダから外の景色を眺めることができます。(上の階だったら海が見えます!)



廊下

WiFiは教室では入るのですが、寮では入りません。
無線LAN親機を購入して設置すれば利用可能です。

有線のLANはもちろんあるので、ノートパソコンはすぐ利用できます。


洗濯室

洗濯機もドラム式できれいです。左が女性用、右が男性用です。
500ウォン玉2枚を入れれば使えます。



ラウンジ

残念ながら食堂はないのですが、このようなカフェ風の簡易キッチンとテーブルがあります。おしゃれです♪

コンロは現在使用禁止になってしまいましたが、電子レンジとトースターは使えます。近くのコンビニや飲食店で何か買ってきてここで寛ぎながら頂くことができます。
もちろん近くの富民キャンパスの学食を利用するのもありです!



屋上

そしてこの石堂グローバルセンターの一番の自慢はこの屋上です!
釜山の景色が一望できます♪ 釜山のマチュピチュ「甘川文化村」も見えます。
下のパノラマ写真は釜山一の繁華街の南浦洞側で、釜山のランドマークの釜山タワー、影島、釜山の海まですべて見渡せます。テーブルとイスがあるので、ここで食事やお茶も可能ですよ。

屋上からのパノラマ



富民(ブミン)キャンパス周辺は実は隠れた歴史の宝庫

東亜大学校石堂博物館

釜山と言えば、朝鮮戦争(1950〜1953年)当時は臨時首都になったところでもあります。
実は富民キャンパス正門に入ってすぐ目の前にある「東亜大学校石堂博物館」ですが、日本統治時代は「慶尚南道庁」として、朝鮮戦争時は「釜山臨時首都政府庁舎」として利用されていた歴史ある建物です。 日本統治時代の近代建築として貴重な建物です。



東亜大学校石堂博物館

またキャンパスの周り(正門から見て左サイド)は「臨時首記念通り」となっていて、当時走っていた路面電車など当時を象徴するものが展示されています。

更にその通りを奥に進むと「臨時首都記念館」があります。



臨時首都記念館

こちらが「臨時首都記念館」で、朝鮮戦争当時は李承晩(イ・スンマン)大統領の官邸として使用されたとのことです。入場無料で観覧できます。



展示パネル

意外と知られていない穴場で、朝鮮戦争当時の避難民たちの苦悩を垣間見ることができます。

楽しい観光もいいですが、釜山の悲しい歴史についてちょっと触れてみるのもいい機会ではないでしょうか。



*********************************

まとめ -------

海も山もあり、都市と自然が絶妙な形で調和した魅力的な都市である釜山。これからもますます発展し目が離せません。

そんな素敵な環境で一緒に韓国語を勉強してみませんか?



取材・記事作成: 毎日エデュケーション プサンデスク
Reported by 竹村 美希 (2017年6月)

プサンデスクの紹介はこちら!






東亜大学校の学校情報へ戻る


Share (facebook)  この記事をFacebookでシェアする。



韓国留学のご相談

韓国留学チーム

「自分に合った学校を見つけたい!」
「どんな滞在方法がある?」など、
 どうぞお気軽にお問い合わせください!

お電話でのカウンセリングも承ります。


  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページTOP


ページトップに戻る