スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

トロント大学グローバル・シチズンシップ・プログラム|毎日ジュニアプログラム



トロント大学グローバル・シチズンシップ・プログラム

【3週間】2018年7月29日(日)〜8月19日(日)

> > > トロント大学グローバル・シチズンシップ・プログラム
> > > トロント大学グローバル・シチズンシップ・プログラム

トロント大学が提供するGlobal Citizenshipを考える高校生のためのプログラム

都市名 トロント(カナダ)
研修機関 主催:トロント大学 University of Toronto
期間 【3週間】
2018年7月29日(日)〜8月19日(日)
参加年齢 高校生(16歳〜18歳)
滞在方法 大学寮(相部屋または個室、バス・トイレ共同)
申込締切日

2018年5月25日(金)

【ご注意】
先着順でのお申込み受付となります。申込締切日以前でも、コースの定員に達した場合はお申込みを締め切らせていただくことがあります。毎年早い段階で定員に達する人気コースのため、お早めにお申込み下さい。

ワークショップを通してGlobal Citizenshipと英語コミュニケーション力を身に着ける

Global Citizenship は世界基準の人材になるために必須と言われている素養の一つで、ビジネスの世界におけるGlobal Leadershipと並んで近年注目度が急速に上がってきています。
今回紹介するGlobal Citizenship Programは、将来 世界規模で活躍するための素養を高校生という早い段階から発掘する目的で作られました。カナダのトップ大学であるトロント大学によって、世界規模の視点に立って、より良い世界を構築していくためにGlobal Citizenの一人として何が出来るかを考えていくプログラムです。
プログラムは、ディスカッションとプレゼンテーションという<コミュニケーション主体>の形式で進んでいきます。そこでは、多様性や異文化について理解を深め、国や地域にこだわらず、地球規模での課題に取り組む姿勢が求められます。プログラムを通して参加者たちは次世代に活躍するグローバル人材としての素養を高めていきます。


プログラムのポイント
  • 「英語で学ぶ」を実践するプログラム。
  • 様々な国・地域から参加する留学生やカウンセリング・リーダーとして参加する現役のトロント大学の学生たちとじっくりとコミュニケーションを通して交流できる。
  • 現地カナダ人も参加するのでカナダ文化や本場英語圏のディスカッションスキルが身につく。
  • 各国から学習意欲の高い生徒が集まる。
  • グローバル人材としての素養を養うことができる。
授業


説明会日程


プログラムの特徴

先生が教壇に立ち、先生が話をする内容を一生懸命ノートに取り、それを覚える。一連の日本型の授業はグローバルの世界においては数ある形式の一つでしかありません。欧米圏のトップレベルの教育環境の中では全く異なる学習方法で授業が行われています。

当プログラムでは、様々な国や地域から参加する留学生、またカナダから参加する学生でクラスが構成され、Global Citizenshipに関連するプログラムを体験していただきます。 また、様々な分野のゲストスピーカーを招き、今まで知らなかったこと、経験をしたことのなかった分野についても積極的に知ることで自分自身に中に眠る新たな可能性や、将来の目標についても考える機会を得ることのできるプログラム構成となっています。

期間中はプログラムに参加する生徒たちはトロント大学の学生寮で寝食を共にすることで参加者同士の理解を深めていきます。 また、英語力についてもアカデミックな分野、ディスカッション形式での英語コミュニケーションの機会が多くなるのでカジュアルな英会話からのステップアップについても有効なプログラムです。

トロント大学

キャンパス


プログラム内容

English Communication Class

午後に開催するGlobal Citizenship Workshopのための英語クラスです。コミュニケーションテクニックや、ワークショップでのプレゼンテーションなどのためにライティング・スキル(エッセイなど)を学びます。


Global Citizenship Workshop

いろいろなトピックについて、ディスカッションを通して理解を深め、自分の考えをプレゼンテーションの形で発表するものです。ワークショップはいわゆる“先生”ではなく、トロント大学の厳しいセレクションを通過したトロント大学の学生をはじめとしたプログラム・カウンセラーが担当します。Global Citizenship Programにて取り扱われるテーマについては、弊社までお問い合わせください。

授業風景


スケジュール例

8:00〜10:00 朝食
10:00〜13:00 English Communication Class
13:00〜14:00 昼食
14:00〜17:00 Global Citizenship Workshop
17:30〜19:30 夕食
20:00〜22:00 アクティビティ
23:00 完全消灯

※上記のスケジュールは現地の事情により変更する場合がございます。


アクティビティーについて

週2回の全日アクティビティ、週1回の半日アクティビティ、午後、夜のキャンパス近辺でのアクティビティ


滞在方法

寮について

当プログラムの特徴の一つは、大学寮での共同生活を提供することで、参加者全員の生活環境を均一化し、不公平感のないよう配慮されていることです。

トロント大学キャンパス内にある大学寮は、フロアごとに男女で区分けされます。24時間管理体制となっていて、しかも各部屋はカードロック式のため治安の心配もなく、快適に各自部屋で過ごすことができます。
お部屋は個室または相部屋になります。相部屋の場合は原則日本人同士、同世代のルームメイトになります。各部屋は冷暖房完備で、ベッド、机、クローゼット、電話などが用意されています。各フロアには、キッチン、テレビルーム、バス、トイレが共有として用意され、ラウンジスペースでは学生同士が語り合ったりくつろいだりできます。


24時間管理体制で安心


2人部屋も比較的ゆったりした作り


食事について

食事については、課外活動などで外出する場合を除き、すべて寮に付設されているカフェテリアを利用します。カフェテリアではビュッフェ形式で、栄養やボリュームなどのバランスを考えて作られるメニューが提供されます。カフェテリアでは、他の国から来た学生と交流するきっかけにもなります。

ただし、日本と比べるとバリエーションも少なく日本食は出ないので、3週間以上の滞在となると食事に飽きてくることも多いです。毎年、日本食を持参していくべきだったという声もありますので、各自常備食やレトルトライスなどを持参してくこともお薦めします。

カフェテリア
広々とした大学寮のカフェテリア

カフェテリア
朝食の例


トロント大学について

1827年創立のカナダ屈指の名門大学。イギリスの教育専門誌「Times Higher Education」が毎年発表する世界大学ランキングで、2017/18年には22位にランクイン(東京大学は46位)するなど、国際的にも評価の高い大学です。1921年に糖尿病の治療薬、インシュリンを発見したフレデリック・バンティングをはじめ、8人のノーベル賞受賞者や女性宇宙飛行士など、各分野で活躍する人材を多数輩出しています。約7万人の学生(うち約6000人が留学生)が学び、17の学部、13の付属病院、19の大学院があり、北米で第3の規模を誇る図書館などを有する世界レベルの研究機関となっています。

トロント大学キャンパス
国際的評価の高い名門大学


トロントはこんな街!活気あふれる、カナダ最大の都市

オンタリオ州の州都トロントは、約600万人が住むカナダ最大の都市で、商業や経済などのカナダの中心となる街です。約半数の市民が移住者で200以上の民族が集まる文字通りのマルチカルチャータウンです。
ダウンタウンはオンタリオ湖に面しており、庶民的な市場からショッピング街、最先端のレストランやナイトスポットが並ぶほか、チャイナタウンやリトルイタリーといったエスニックタウンなどの個性豊かな街並みが広がっています。
また、美術館や博物館も充実しており、ミュージカルやオペラ、メジャーリーグを始めとした人気スポーツの観戦ができるトロントは、大都市ならではのエンターテイメントが楽しめる、エキサイティングな街です。

トロント
オンタリオ湖から見たトロント


注意事項

■心身の持病やアレルギー(食物・動物等)をお持ちの方は必ずお申し出ください。
又、その内容によりましては、診断書をお取りいただく場合やご参加をお断りさせていただくことがありますが、プログラム催行の趣旨から何卒ご了承ください。
※心身の持病を事前にお申し出いただかなかった場合には、プログラム催行中に発作等が起きた場合、対処が遅れるばかりでなく、当社では一切の責任を負いかねますことを予めご了承ください。
■天候や交通機関・現地諸事情により日程の調整・変更が生じる場合があります。
■弊社およびトロント大学のセレクションによる合否判断にてご期待に添えない場合があります。


参加者特典★英語学習紙「毎日ウィークリー」6ヶ月分購読プレゼント!

「インターナショナル・イングリッシュ・プログラム」にご参加いただいた皆様に、毎日新聞社が発行する週刊英語学習紙「毎日ウィークリー」の無料購読6ヶ月分をプレゼントいたします!

話題のニュースや映画・海外ドラマなど、旬な情報を日本語の注釈つきで読めるので、生きた英語が楽しく身につきます。英作文やTOEIC対策など学習コーナーも充実しているので、ジュニアプログラム参加後の英語力の維持と向上にぜひお役立てください。

「毎日ウィークリー」のご紹介はこちら!

毎日ウィークリー


プログラム概要

プログラム名 グローバル・シチズンシップ・プログラム
研修機関 主催:トロント大学 University of Toronto
授業スタイル グループレッスン (インターナショナル・クラス)
日程 【3週間】
2018年7月29日(日)〜8月19日(日)
参加資格

・高校生対象(16歳〜18歳)※渡航時。大学生不可
・基本的な英語コミュニケーションが出来る英語力を有する事。
・プログラムの趣旨を理解し、積極的にプログラムに参加することができる事。

※日本における英語面談、トロント大学とのビデオ面談によるセレクションがあります。
※英語力の目安としてはTOEFL70-75 IELTS 5.5程度が、基本となる英語コミュニケーションをとることが出来れば参加は可能です。別途ご相談ください。

最少催行人員 1名
同行スタッフ あり(詳細はお問い合わせください)。現地に日本人スタッフ常駐。
滞在方法 トロント大学学生寮(個室または相部屋。バス・トイレ共同)
食事 カフェテリアならびに外食にて全食事付。
申込締切日

2018年5月25日(金)

【ご注意】
先着順でのお申込み受付となります。申込締切日以前でも、コースの定員に達した場合はお申込みを締め切らせていただくことがあります。


プログラム費用について

概算費用 【3週間】約546,000円

費用に含まれるもの
●現地空港〜滞在先までの往復送迎費用
●プログラム申請料、授業料、教材費
●大学寮宿泊費用
●タオルケット・シーツ等のレンタル料
●食事費用:現地全食付
●アクティビティーならびに週末旅行等のすべての費用
セレクション面接・手続きサポート料(75,600 円)

注意事項

※上記プログラム費用は、概算費用(2018年2月15日時点)となります。実際の費用はプログラム実施機関から請求書が到着した日、もしくは翌営業日の三菱UFJ銀行が発表するカナダドル・キャッシュセリングレートを適用し換算した金額でご請求させていただきます。

※上記費用に含まれないもの
●往復航空運賃
●国内・海外空港税、燃油付加運賃等
●日本国内の移動交通費
●航空機超過手荷物料金
●自由行動中の一切の費用
●コインランドリー代、電話代、おみやげ代、食事以外の飲食費など個人的な諸費用
●海外旅行傷害保険費用
● eTA(電子出入国カード)申請実費


お申込みまでの流れ

お申し込みまでの流れはこちらをご覧ください。

さらに詳しい情報は・・・パンフレットをご請求ください

「トロント大学グローバル・シチズンシップ・プログラム」2018年の募集パンフレットをお届けします。
ワークショップのさらに詳しいスケジュールやテーマなどを掲載しています。
▼▼▼ご請求はこちらから▼▼▼


資料請求をする


毎日ジュニアプログラムの説明会を開催します!

東京では「トロント大学グローバル・シチズンシップ・プログラム」の説明会を開催します。参加をご検討中の方はぜひご参加ください!

説明会日程


「トロント大学主催プログラム」のお問い合わせ

「英語のレベルに不安がある」「日程についてもっと詳しく知りたい」など、 疑問や質問がありましたら、毎日エデュケーションまでお気軽にお問い合わせください。

株式会社 毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

東京本社カウンセリングルーム:0120-655153

月〜金、第1・3土 10:00-18:00
東京都千代田区一ツ橋1-1-1
パレスサイドビル9階 地図・アクセス

大阪支社カウンセリングルーム:0120-952295

月〜金、第1・3土 10:00-18:00
大阪府大阪市北区梅田2-5-6
桜橋八千代ビル6階  地図・アクセス


■インターネットでのお問合わせ
  こちらのお問い合わせフォームからお問い合わせください。 ↓↓



毎日ジュニアプログラム一覧へ戻る>>

ページトップに戻る