サポートセンター

海外留学をもっと楽しく!〜 毎日留学ナビ、11月の特集

トピックス

Part.2 こんなハズじゃなかった点/期待どおりだった点


---- それぞれ期待をして留学をしたわけですが、留学先でイメージと違っていた部分、「こんなハズじゃなかった」という部分はありましたか?


シナトラ
予想外だったのは、大学寮の食堂が・・・。正直激ヤセしましたね。レギュラーの生徒がいる時期ならまだフルでカフェがオープンしてるから選択肢から、危険そうな?メニューは避けたけど。夏休みに入っちゃうと一部しか空いてなくて、それが外れるともう何も食べれず。ビーフシチューかと思ってご飯にかけたら、「甘い!」みたいな。なんでこんな味になっちゃうの?みたいな食事で。
寮にもキッチンがついていたので、どうしてもと言う時は自炊してました。
  学食にて

ビラボン
オーストラリアはアジア料理が多くて、お店でもアジア食材専門のコーナーがありますよ。生の魚も売ってて、サーモンの切り身で寿司を作ったりして、日本にいる感じで普通に食べられました。
それでも、ぼくも1年間で7キロやせました。

ああ、やっぱり。男って減るんですよ。

シナトラ
ほとんどの男性は、見事に痩せてましたね〜。
男は「これは厳しい」と思ったらなかなか手が出ないけど、女性は「美味しくない」と言いながらも結構食べてましたね(笑)。
向こうは高カロリーだから、日本にいるときと食べる量は変わらないと、あっという間に…。
女性は強いなーと実感させられました・・・(汗)。
  学食にて

ビラボン
確かにたまたま店で納豆とキムチを見つけたら、もうそれしか食べなかったですね。

シナトラ
ああ、ぼくも安いスーパーでうどん見つけたら、そればかり食べてた。あと「辛ラーメン」。

(一同)
あ〜、「辛ラーメン」ね!
(以下、お世話になった「辛ラーメン」の話で盛り上がる)

ビラボン
カナダの食事はどうですか?

ウェスティ
カナダは多国籍ですよ。バンクーバーは中国系の人が多いから、おいしい中華の店も多いし、ギリシャ料理やロシア料理も普通に食べられます。あとお好み焼きの店ができたりして、これはカナダ人にも人気がありましたね。

シナトラ
イギリスは?イギリスに行ったお客様から、「食事が淡泊すぎて辛い」ってよく言われますけど。

NR
イギリスの食事はあまりおいしくないですね。。何を食べても味がしない★。見た目はおいしそうなんですけどね。おいしくない割に高くて、特にロンドンは物価が高いからマックでも高くて辛かったです。
生活で言えば、住環境も狭くて、良くないですね。ロンドンでホームステイする方は、イメージよりもしっかりとした情報を得てから行くことをお勧めしますね。
 

【★注】 一般的に美味しくないとされるイギリス料理ですが、連載コラム「異文化体験おもしろ話」で高田容冶氏がその美味しさを力説しています。


シナトラ

確かにゾーン1なんて寝るところもなさそう。


ウェスティ
なんだかネガティブな情報ばかり(笑)。イギリスは古い建物が多いから、最新の設備はどうしても期待できないですね。本当に昔から建っている建物は使い勝手が悪いです。    
カナダでイメージが変わったのは、ホスピタリティやサービスについてですね。一般的に日本の接客は素晴らしいとされてるから、きっと海外では店員の態度もよくないだろうと思ってたんですよ。
でも実際は逆で、皆すごくプロフェッショナル。近所のカジュアルなレストランでも、ウェイターはメモを取らずにみんなの注文を覚えていたり、楽しませてくれたり、すごく気持ちよく食事ができた。もちろんチップの文化があるためだけど、その分サービスする側も受ける側も意識が高かったですね。
  レストラン

---- 逆に、期待どおりだったところは?


ビラボン
オーストラリアで満足したのは、サーフィンやアウトドアが身近だということですね。日本だとわざわざ車で2時間かけてという感じだけど、オーストラリアだとシティの中心から10分くらい行くと水泳や日光浴ができたり、川沿いにきれいなサイクリングロードがあったりします。
日本と比べると、住環境も含めてライフスタイルの面では、オーストラリアのほうが数段上を行っているなと、肌で感じました。

アメリカで一番うれしかったのは、車の運転ですね。ハイウェイは広いし、何キロ出してもいい。ちょっと田舎になると地平線が見えてくる。
I5っていう、西海岸のワシントン州からサンディエゴまでいくハイウェイがあって、それで一回ロスまで行ったんですよ。24時間走ってるとどんどん景色が変わっていく。話には聞いていたけど、実際走ってみて、「でかいなー」と。ドライブの気持ちよさは、期待どおりでしたね。

NR
私もちょっとポジティブなイギリス情報を(笑)。いまヨーロッパは格安航空会社が沢山あり、ヨーロッパ内の主要都市に片道数千円、往復でも1万円以下で行けるんです。これはメリットですね。私もドイツとかスペインとかイタリアとか、けっこう旅行しました。あと、ヨーロッパは人がいいですよね。田舎のほうに行くと特に。

それは日本も同じじゃないですか(笑)



■Part.1 なぜその国に留学したか?

■Part.2 こんなハズじゃなかった点/期待どおりだった点

■Part.3 気になる治安の問題

■Part.4 海外で英語を学ぶ意味 〜留学中の英語マスター法

■Part.5 留学生活は自分次第で変わる 〜 これから留学する皆さんへ

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る