サポートセンター

特集:語学学校の選び方〜毎日留学ナビ・カウンセラーがアドバイス

国籍バランス

日本人が少ない環境で学ぶ

生徒たち

ただ漠然とその国で暮らしていても決して現地の言葉を話せるようになるワケではない。特に日本人同士で固まってしまったり、日本の社会性をそのまま引きずって生活をしていると英語力の上達も鈍ってしまう。

また、ある程度英語力が上達してくるとぶち当たるのが「アジアの壁」。
アジア人同士では通じていた英語が他の国からの留学生、南米やヨーロッパの留学生と話すとなかなか通じないなんていうことを経験するだろう。

逆に、そういった英語圏に近い言語を話す人たちとコミュニケーションがとれるようになれば、現地の人とのコミュニケーションもそれほど難しくなってくる。



だから、語学学校を選ぶ上ではやはり、日本人比率、国籍バランスは重要な要素の一つ。
参考に下の表を見ていただきたい。(ECパンフレットより抜粋)

同じ学校でも地域によって国籍のバランスは全然違う。また、季節によって変動もある。学校では常に国籍バランスを把握しているので、気になった学校があったらカウンセラーに聞いて見るといいだろう。

そして、「話すチャンス」を提供してくるアクティビティ、上達に合わせて提供されるクラスの充実度も学校を選ぶ上ではポイントになってくる。

国籍比率


社会人になってからの留学なら、クラスメートの年代にも要注意

生徒たち

社会人になってからキャリアアップをめざしての留学、またリタイア後の語学留学などの場合、気になるのはクラスの年齢編成。

留学中は授業でのディスカッションはもちろん、放課後のアクティビティー、休み時間やランチタイムなど、クラスメートと話す機会が非常に多い。話題や目的意識が共通する同年代の学生が多いほうが、気兼ねも少ないし、収穫も多いだろう。

もちろん違う年代、違うバックグラウンドをもつ海外の学生と同じクラスになって、刺激を受けたいという考え方もある。


いずれにしろ語学学校の年代構成は、留学生活の充実度を左右する一つのファクターと言っていい。

国籍バランスと同様に、同じ語学学校でもセンターのある国・都市、または季節によって年代構成に特徴がある。これは気候やアクティビティの内容などによる。

時期によって変動があるので、気になる学校があれば、留学カウンセラーを通じてその学校の傾向や最新の情報をゲットしておこう。


年齢比率

横軸は年齢層、縦軸はパーセンテージを示す。



ECのパンフレットは、国籍比率や年齢情報の詳細が分かる。

留学期間中、最も時間を費やすのが学校なのだから、留学先の学校については出来るだけ事前に知っておきたい。今回オススメの語学学校「EC」のパンフレットには国籍バランス、年齢層、ロケーション、そして学校の様子など、留学生が知りたい情報が手に取るように分かる。ぜひ、一度手にして留学イメージを膨らませてみよう。

矢印ヨーロッパや南米に強いネットワークを持つのが「EC」の特徴。日本人には理想的な留学環境が整っている。


カウンセリング予約

ページトップに戻る