サポートセンター

イギリス留学のご案内/イギリスの留学体験談を読もう1

トピックス

イギリス留学

イギリス留学体験談
毎日留学ナビTop>>イギリス留学>>留学体験談

初めての留学にぴったりな小さな町

名前 39歳/女性 (派遣社員)  
プログラム 語学留学
都市 イギリス/ワージング
学校 Swandean School
期間  

<ホストファミリー宅での生活>

イギリスでの生活はとても楽しかったです。ホストマザーはイタリア人だったからか、食事もパスタがでたりして美味しかったです。ホストマザーは友達が多い人でほとんど毎日誰かが家にきていました。そういう人の話に私も一緒に加われてよかったです。また、食事の後に散歩にいったり、友達を送りがてらドライブにつれていってくれたりしました。学校終了後の旅費のことまで心配してくれ、ホストマザーが知っているB&Bを予約してくれたりもしてくれ、実の母以上に私のことを気遣ってくれました。ただ、あまりにも世話を焼かれすぎて少し疲れた時もありましたが・・・。

日系の会社に勤務している息子さんが家にいて、ホストマザーは私がその家を発つ前日にイタリア旅行に行ってしまったのですが、彼が出発日は駅に荷物を持っていってくれ、その後イギリス国内を1人旅する私を気遣って、「何かあった時には電話して」と、自分の携帯の番号を教えてくれて感激しました。

私はSwandean School という学校に通ったのですが、規模が小さいだけにスタッフや先生の面倒見がよく、色々と相談にのってくれました。ちょうど同時期にポーツマスの学校に語学留学していた友達がいたのですが、その学校はあまり親切な感じではなかったようです。夏休み前で人が少なかったのも私とってはラッキーでした。(7〜8月は4〜5倍の人数になるそうです)。学校の設備には、日本語対応のパソコンが3台位設置されていてとても助かりました。気になったことは、Self Access Room(図書室)を使う時に、いちいち鍵を借りないといけないのがちょっと面倒だったので、いつも部屋の鍵を開けておけないのかなと思ったりもしました。


<ワージングWorthingという街について>

ワージングはイギリスでも日照時間が長い町らしく、お天気には結構恵まれました。治安もよく、ホストマザーいわく「夜遅く帰っても、ほぼ100%安全な町」だそうです。町が小さいので、図書館や映画館、お店、銀行などが集まっていて、何かと暮らしには便利ですし、道に迷う心配もありません。ですので、初めて留学する人や女の子にはぴったりの環境だと思います。ただ、都会的な刺激が欲しい人には物足りないかもしれません。

ワージングという街の様子に関するエピソードなのですが、ステイ先にホストマザーの女友達が私の滞在中2週間くらい同居していて(今はアメリカに住んでいて私が家を離れる4日前に帰ったのですが)、彼女のお母さんが養老院のような所に暮らしていてホスト宅から近かったので一緒に連れていってもらいました。 彼女は「ワージングは坂道が少ないから私の母みたいな老人が沢山住んでいる。私はこの街を"老人の町"って呼んでるの。」と言っていました。


<こんなエピソードもありました>

女王在位50年を記念して、6月3・4日はナショナル・ホリデーになり学校が4連休になりました。そこでポーツマスにいる友達とウェールズに旅行することになったのですが、その経緯は、私が学校終了後ウェールズを旅するつもりと言っていたのをホストマザーが覚えていて、大きなトランクを持って移動するのは大変だから、この休みにウェールズに行き、最後はロンドンの安いB&Bを予約してあげるからそこに泊まりなさいと強く勧めてくれ、迷った末に、ホストの案に従ったのでした。(完全に仕切られてました・・・笑)

イギリス人は倹約家が多く、ホテルに泊まるなどといったら「高いからやめろ」とブーイングの嵐です。彼らにとっては、他人が払うのも我慢できないようです。ロンドンのB&Bは1泊25ポンドで、地下鉄northern line 、OVAL駅近くの修道女が経営している所でした。また、ブライトンやロンドンに日帰りした時はホストマザーや息子のジェームズまで私の服装をチェックし、「それでは薄すぎるからもう1枚持っていきなさい。」とダメ出しをされたこともありました。

イギリスはおもしろい国だなって思います。帰国してから1週間がたち、少しずつイギリスの記憶がなくなりつつあるので、覚えているうちに旅日記をつけておきたいなと思っています。



イギリス イギリス留学体験談へもどる >>



  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る