サポートセンター

海外の大学をめざしてるけど英語力が不十分・・・なら条件付き入学

アメリカ留学情報

お問い合わせ

毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

電話

東京カウンセリングルーム

0120-655153

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

大阪カウンセリングルーム

0120-952295

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

アメリカ留学

大学プレイスメントサービス/条件付き入学

> > 大学プレイスメントサービス
> > 大学プレイスメントサービス


大学正規留学を目指そう!!

TOEFLスコアが無くても大学進学がめざせる制度=「条件付き入学」

海外の語学学校の中には、大学への進学手続をサポートする「大学プレイスメントサービス」を行っているところがあります。その中でも「条件付き入学」のサービスは、大学への正規留学の最短コースとして、注目されています。

 「条件付き入学」とは?

最終学歴の成績や推薦状などの大学入学基準を満たしているけれど、英語力だけが不十分・TOEFLスコアが無い・・・という人を対象にした、「条件付き入学」という制度があります。TOEFLスコアを取得していなくても、「大学が提携している語学研修機関で、大学入学基準の英語力に到達すること」を条件に、大学への入学が事前に認められる制度です。
現在アメリカには4000校の大学がありますが、そのうち約1000校が条件付き入学制度を採用しています。

 「条件付き入学」はこんな方にお勧めです

「大学留学したいけれどTOEFLの点数がなかなか上がらない・・・」

大学出願時にTOEFLの点数が無くても、高校の成績やその他の基準を満たしていれば、現地で語学力が上がることを条件に大学から合格内定を得ることができます。TOEFLテストは、2005年9月からスピーキングが導入され、ますます難易度が上がっています。早めに現地に行って語学力を伸ばすことが、正規留学の理想的なスタートです。

「出発前に進学先を決めて留学したい!」

何も決まっていない状態で留学するのは、ご本人はもちろんのこと、ご家族の方にとっても不安なものです。進路が決まっていないの宙ぶらりの状態で渡航してしまうと、目標が定まらず勉強に集中できません。「条件付き入学」では、進路を決めた上で英語の勉強に専念できます。

「なるべく早く進学したい!」

通常、正規留学の願書は開校日の3〜4ヶ月前には締め切られてしまいます。例えば9月に入学したい場合は、5月頃にはTOEFLのスコアを手に入れて願書を提出を完了しておく必要があります。それに対して条件付き入学であれば、進学希望校による学力と人物評価をすでに受けているので、語学力が基準値に到達した時点で、一番近い入学時期に正規の大学プログラムを開始することができます。

「大学の授業にいきなりついていけるか不安・・・」

「条件付き入学」の英語研修プログラムでは、大学の授業を受ける時に必要とされるアカデミックな技術(スピーチやディスカッションの仕方、ノートの取り方、図書館でのリサーチの仕方、エッセイの書き方など)を学ぶことができます。


プログラム例

700校以上の学校と提携を結ぶ、全米最大の語学学校

外国語準備コースがある 日本語が話せるスタッフがいる E-mailが使える 寮・レジデンス滞在可能

学校名 アメリカ ELS Language Centers ELS ランゲージ・センターズ
学校詳細 1961年、米国国務省からの「外国人に対する英語教育と文化理解に関する要請」に従って開設された、米国最大の私立語学研修機関です。全米45カ所以上に校舎を展開しており、大学キャンパス内の校舎も多い為、語学研修中に大学の雰囲気やシステムに慣れておくことができます。条件付き留学で願書提出可能な学校は、専門学校から短大、大学、大学院まで550校以上。ELSの設定するレベルに到達するとTOEFLスコアなしで入学が認められます。まさに条件付き留学に関して最強の語学学校といえます。
内容 ELSが提供する語学コースは、週30レッスンのインテンシブ・コースと20レッスンのセミ・インテンシブ・コースの2種類。条件付き留学を申し込む場合、自動的にインテンシブ・コースの受講となります。レベルは101から112までの12レベルに細分化され、スピーキング・ヒヤリングの基本から大学・大学院進学準備まで非常に幅の広い授業が提供されており、初心者レベルでも、ある程度の実力を持った人の留学であっても最適なレベルに振り分けられるので、効率よく英語研修を修めることができます。また、大学や大学院であれば原則としてレベル112、専門学校や短大であればレベル109をクリアした段階から、提携学校へのTOEFL免除入学が認められます。
※滞在費はサン・ラファエル(ドミニオン大学)、1日2食付のホームステイ料金。寮手配も可能。
【インテンシブコース】  2009年度 日程と授業料 (通貨単位:US$)
授業開始日 週数 申請料 授業料 滞在費
お問い合わせください

※センターにより異なります
4 145 1,575 1,010
8 145 3,150 2,020
12 145 4,725 3,030
16 145 5,672 4,040
24 145 8,508 6,060
32 145 11,344 8,080
36 145 12,762 9,090
48 145 17,016 12,120

センター全てが大学構内にある優良語学研修機関

外国語準備コースがある 日本語が話せるスタッフがいる E-mailが使える 寮・レジデンス滞在可能

学校名 アメリカ FLS INTERNATIONAL FLS インターナショナル
学校詳細 FLSはカリフォルニア州に3カ所(Marymount College, Citrus College, MiraCosta Collega)、ネバダ州(ラスベガス校)、マサチューセッツ州(ボストン校)、ペンシルバニア州(Lock Haven University)にそれぞれ1カ所ずつセンターを持つ、民間の語学研修機関です。大学進学プレスメントを専門に扱っている部門があるため、全米各地で予算や希望の専攻に見合った大学・カレッジを紹介してくれます。各センターは比較的少人数で運営されており、スタッフと学生の距離も近くなるので、語学の研修はもちろん進学に関する相談にも非常に丁寧に応対してくれます。
内容 集中英語コースは1週間に25時間のレッスンで、うち17.5時間がSpeaking、Hearing、Reading、Writingを総合的に学ぶコアクラス。7.5時間がTOEFLの準備や文法、発音矯正といった選択授業という構成になっています。特に進学希望の初心者には、アカデミック・イヤー・アブロードと呼ばれる32週間のパッケージプログラムがお奨めです。多くの学校が開講日限定で同様のプログラムを設定しているが、FLSの場合毎月開講となっています。また、32週間を16週ずつに分け、西海岸と東海岸のセンターで授業を受けることもできるので、進学先の決定に役立てることができます。
※授業料はボストン校、ホームステイ2人部屋・1日2食付きの滞在費を含む。追加料金を払えば1人部屋、学生アパートの手配も可能。
2009年度 日程と授業料(通貨単位:US$)
授業開始日 週数 申請料 授業料 滞在費
2009年
9/28、10/26、11/23、12/21

(上記以外の月曜日スタート可能)
4 150 2,095 -
8 150 4,160 -
12 150 6,180 -
16 150 8,240 -
24 150 12,240 -
32 150 15,360 -
52 150 24,440 -

さらに詳しく知りたい方には、無料カウンセリングも実施中!

「サービス内容について、もっと具体的に知りたい」「やっぱり英語のレベルに不安がある」など、疑問や質問があれば、どうぞお気軽にお問い合わせください。 無料カウンセリングも実施中です(要予約)!

カウンセリング予約

お問い合わせ  毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

 東京カウンセリングルーム : TEL 03-6267-4188
 電話受付時間   (月〜金) 10:00〜18:00  (第1・第3土) 10:00〜13:00

インターネットでのご質問・お問い合わせは、下記のフォームをご利用ください↓↓

 

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページTOP


ページトップに戻る