サポートセンター

山田隆司さん(バージニア州ほか)-9|アメリカ留学体験談

アメリカ留学情報

お問い合わせ

毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

電話

東京カウンセリングルーム

0120-655153

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

大阪カウンセリングルーム

0120-952295

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

アメリカ留学

留学体験談
山田隆司さん(バージニア州ほか)-9

> > > 山田隆司さん


Takさんの留学見聞録(9) ブラウニーポイント

名前 山田隆司さん 山田隆司さん
プログラム 大学正規留学
都市 アメリカ/バージニア州ほか
学校 バージニア・ウエスレヤン大学ほか
期間 4年間/1993年8月-

一生懸命やれば先生はある程度認めてくれる。点数をくれる。それがアメリカ留学で救われたことだと思う。

シラバスにかかれていることが多いが、成績の点数配分以外のところでクラスに関わる研究や協力をすると点数がもらえる制度を取っているクラスが多い。この点数のことをブラウニーポイントと呼んだ。政治学のクラスでは2週間に一度ある政治関連のセミナー(テーマごとに政治映画を見る催し)に出席してリポート1枚を提出すると2、3点もらえた。

スペイン語のクラスではスペイン語やラテン文化に関係する催し物にいったりしてリポートすると1点もらえた。よく、ラテンアメリカの文化を題材にした劇を見に行ったりしたもの。あと、メキシコのマリアチを聞きにいったり。もうそうなるとどこまでが勉強でどこまでが遊びなのか分からなくなりそうだったけど。あと音楽のクラスで、1学期の間に大学近辺で10回くらい音楽のコンサートや2,3回はオペラがあったりしてそのうちの5回くらいは必須で出席しないといけないけどそれ以上出席してレポートを出すと更に点数がもらえたり。

そういう楽しみながらブラウニーポイントがもらえたものって、本当に勉強&遊びがあってよかった。実際にそういうのがあると授業に関しての話題に興味がもてて結果的には深い理解につがったような気がする(ほんとうに”気 がしている”だけかも)。


>> (1)留学の意義
>> (2)留学の準備をしよう
>> (3)不安との闘い
>> (4)トイレ・バス戦争
>> (5)語学力アップの秘訣
>> (6)「シラバス」について
>> (7)遊びについて
>> (8)スピーチの話
>> (9)ブラウニーポイント
>> (10)メキシコ留学
>> (11)酒・ドラッグ・セックス
>> (12)バケーション
>> (13)カフェテリアのはなし
>> (14)教科書のはなし
>> (15)図書館のはなし
>> (16)パソコンのはなし
>> (17)バランスのとれた留学を
>> (18)Takのバックグラウンドから


アメリカ アメリカ留学体験談へもどる >>



  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページTOP


ページトップに戻る