サポートセンター

kaoruさん(ニューヨーク)-1|アメリカ留学体験談

アメリカ留学情報

お問い合わせ

毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

電話

東京カウンセリングルーム

0120-655153

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

大阪カウンセリングルーム

0120-952295

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

アメリカ留学

留学体験談
kaoruさん(ニューヨーク)-1

> > > kaoruさん


NYインターンシップ奮闘記(1) インテリア産業をのぞいてみたい

名前 kaoruさん  
プログラム 語学留学
都市 アメリカ/ニューヨーク
学校 レナートバイリンガル
期間 2002年10月-

NYに語学留学中のkaoruです。はじめまして!!
東京で勤務していた会社を退職することになり、どうせなら次の会社に就職する前に大きなチャレンジを...と、一大決心してNYにやってきました。

大の建築ウォッチング好きの私としてはNYはほんとうに大大大好きな場所。毎日があっという間にすぎていきます。それから早5ヶ月、語学学校の授業だけではあきたらなくなり、インターンシップにトライしてみることに。やっぱり言葉は生き物。実際に使ってみないとね...。ということで、私が通っている語学学校、レナートバイリンガルにアレンジを依頼しました。

レナートでは、まず、インターンシップスタート前に2週間(毎日午後の2時間)のプロフェッショナルデベロップメントのクラスが必修になります。このクラスではインタビューの受け方、電話の取り方等、実践的な内容で、2週間の最後の日に締めくくりとして、プレゼンテーションをやることになっています。そして、インターンシップコーディネーターが個々の希望に沿って紹介してくれる企業のインタビューをいくつかこなし、これぞ!という会社を見つけたらいよいよインターンシップ開始、という流れです。

私のインターンシップの目的は、第一に私のサバイバルイングリッシュをもうちょっとまともな「形」にしたい、という点。第二の目的は日本にいる時にインテリアコーディネーターの仕事を2年やっていたので、アメリカのインテリア産業を覗いてみたい、という点。さてさて、どうなることやら?

2月の頭に2週間学校を休んで、NYの寒さから逃げるべくモロッコに旅に出ていた私は、体はNY、頭の中はモロッコに置いてきちゃった状態で。(「なぜ、モロッコに?」ということを語り出すと止まらないので割愛)
こんなんでインタビュー大丈夫なのか???


>> (1) インテリア産業をのぞいてみたい
>> (2) 面接スタート!



アメリカ アメリカ留学体験談へもどる >>



  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページTOP


ページトップに戻る