サポートセンター

社会起業に興味があるなら、「チェンジメーカー留学」

トピックス

卒業生の体験談

毎日留学ナビTop>>チェンジメーカー留学>>Social Innovation in Seattle>>卒業生体験談>>Emi Yamamotoさん


帰りたくなる家のような場所

名前 Mana Igarashiさん Mana Igarashi
プログラム Social Innovation in Seattle(SIIS)
2012Summer 4週間コース
大学 立教大学
期間 2012年8月 4週間

私は1ヶ月の間、SIIS Summer Program (2012) に参加してきました。Social Innovationとは何かを学ぶプログラム”Social Innovation in Seattle=SIIS”、この経験は私にとって一生忘れられません。

私にとっての初めてのSeattle、そして海外インターン体験、本当にわくわくしていたのを覚えています。今私は、1ヶ月のプログラムを終え帰国し、このプログラムに参加すると決めた過去の自分に、プログラムを運営しているiLEAPのStaffの皆さん全員に、ホストファミリーに、支えてくれた両親に、全員に感謝しています。

iLEAPオフィスSIISを運営しているiLEAPのオフィスがある場所は、帰りたくなる家のような場でした。Seattleの北の静かな住宅街の一角にあるオフィスは、外には広い芝生があり、中は広く解放感溢れるリビングルームみたいです(右の写真)。Brittは私達に対して、「ここはSeattleにいる間の皆のhome、安心して過ごしなさい」といってくれましたのを強く覚えています。この言葉が私の支えとなって、異国の地とは思えない程安心してSocial Innovationとは何かを学び続けることができたのでしょう。

具体的に私達は2つの軸でSocial Innovationを学びました。1つはiLEAPにて外部講師の方やBrittからの講義、もしくはSite VisitにてSocial Businessを行っている企業を訪れることです。Starbucksの本社や、Farestartというホームレスの方への食事提供をしている高級レストラン等、様々な場所に行き現場で働くStaffの方と直接話すことができ、一つ一つにわくわくしてました。

Committee for Childrenもう1つはインターンです。私はCommittee for ChildrenというNPOに行き、企業のことを学ぶと同時に、このNPOが作っているアメリカの子ども向けの教育教材をどう日本に広めるかという大きなプロジェクトを行いました。私達インターン生を信頼し期待をしてくれたCFCの人達に感謝しています。期待に応えることができるよう、全力でプロジェクトに取り組むことができ、インターンメンバーと良い時間を過ごすことができ、Social Businessを肌で感じながら学ぶことができたことは私にとって本当に素敵な経験です。(左の写真)

ホストファミリーとSeattleで得たもので忘れてはいけないのが、かけがいのない友人、SIISに参加していたメンバー、ホストファミリーです。私のホストファミリーは同時に多くの留学生を受け入れていた為、台湾人・韓国人・サウジアラビア人のハウスメートができ、お互いの留学生活を支えあいながら一緒に過ごした時間は忘れられません。(右の写真)週末には一緒に旅行や映画に行く等、日本ではなかなか体験できない経験でした。

今思い返してみると、たった1ヶ月だったのに、信じられないくらい充実した時間を過ごしていたんだなと驚きます。帰国してから、自分の体験としてこのSeattleで過ごした時間を話すことで、自分自身の変わった点・加わった新たな価値観を見直せていて、改めてiLEAPのプログラムに参加してよかったと思えます。このプログラムを通し自分の次のVisionを見つけることができた今、私は次に向かいまた全力を注ぎたいです。 iLEAPの皆さん、本当にありがとうございました。

SIIS 2012年参加者

毎日留学ナビTop>>チェンジメーカー留学>>Social Innovation in Seattle>>卒業生体験談>>Mana Igarashiさん




  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る