スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

成均館大学校・訪問レポート|韓国学校情報

韓国留学お役立ち情報

お問い合わせ

毎日エデュケーション 海外留学サポートセンター

電話

東京カウンセリングルーム

0120-655153

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

大阪カウンセリングルーム

0120-952295

【月〜金】10:00〜18:00
【第1・3土】10:00〜13:00

地図・アクセスはこちら

韓国留学

成均館大学校
<学校訪問レポート 2014.3>

> > > > レポート


訪問レポート



600年の歴史を持つ成均館大学校探訪スタート!

ソウルデスクのパクです。
この度ご紹介する学校は成均館大学校です。

ソウルの鍾路区に本部があり、京畿道の水原にもキャンパスを置かれている韓国の名門大学です。ソウルキャンパスの最寄り駅は地下鉄4号線「惠化駅」。演劇の町として有名な大学路があるところです。

成均館大学校と言えば特に歴史の深い学校として有名です。1398年、現在のソウルキャンパスに朝鮮王朝の最高教育機関である成均館が設立されました。その伝統を受け継いだ大学校なのです。そのため、成均館を卒業した歴史的な人物も多いです。例えば、韓国の1000ウォン札、5000ウォン札に描いてある人物も成均館出身の人物です。


正門からとても長く続く面白い風景

駅周辺

成均館大学校はソウル地下鉄4号線「惠化駅」の4番出口から徒歩15分ほどです。駅の周辺には居酒屋、食堂、洋服屋などお店がたくさんあってとても賑やかでした。それで結局買い物をしてしまいました。

(余談ですが、ここで買ったのと同じ靴が高速バスターミナルの地下商店街で1万ウォンも安かったことがわかり、とても悲しい気持ちになりました…。気をつけてください)



校門

いよいよ学校の正門に到着!正門の柱がとても韓国らしいです。しかし、この入口から学校の建物までの距離がまだまだ遠い…。よっし!歩こう!



文化財

正門に入ったら現れたこの建物! さすが600年の歴史を持つ学校は違う! 学校内に文化遺産があるなんて不思議でした。ここは「ソウル文廟」というところ。孔子を始め、中国や韓国の儒学者たちを祀るところだそうです。ここも1398年に建てられた歴史深い文化遺産なのです。



文化財の前で

ソウル文廟の中に入ってみました。タイムスリップをしたかのような伝統衣装を着た人を発見!その隣には登山が終わったばかりの女性。不思議な光景です。



正門から

学校の正門から建物までの距離が…けっこうあります。しかし、その道には距離を感じさせない面白い横断幕がいっぱいありました。



横断幕

書いてあることをよく見ると友達や恋人、家族からの就職、国家試験の合格祝いのメッセージでした。横断幕に書いてある言葉がすべて面白く、笑いながら歩きました。



やっと本館に到着!学校を回ってみましょう!

語学堂

いよいよ語学院の事務所がある「茶山経済館」に到着。成均語学院はこの建物の3階で、語学院事務所の隣には外国人学生をサポートするグローバルゾーンという所も一緒にありました。



スクールバス

この建物は学生会館です。前に止まっているバスはスクールバスで、料金は300ウォンだそうです。駅から学校の建物までが遠いため、スクールバスを利用する学生も多いようです。学生会館には食堂やお店が入っていてとても賑やか!



学食

食事はやっぱり学食でしょう! 食堂はとても広くて素敵で、しかも人も多い! 座る席がなかったので、しばらく時間をおいてから行きました。また学生たちも素敵でした。おしゃれな人も多い気がします。そしてイケメンも多い気がします(笑)。



ソルロンタンとハンバーグ

私たちが頼んだ料理はソルロンタンとハンバーグ定食。
味は…ごく普通ですが、雰囲気が良かったので星二つ!(厳しくてすみません)最初は人がいっぱいでしたが、お昼時間が過ぎるとわりと空いていたので、ゆっくりお茶を飲む学生もいました。



文房具屋さん

学生食堂の下にはコンビニ、書店などいろいろなお店が入っていました。文房具屋さんでノートを買ったら定価から10%ディスカウントをしてくれました。やはり学校内はなんでも安い!最高です。



フレッシュマンラウンジ

学生食堂の下で偶然見つけたこのスペース「フレッシュマンラウンジ」。ここのドアにはこんなことが書いてありました。飲食禁止、新入生のみ利用可能(学生証検査)、スタディールームは予約必須。厳しい…。本当にフレッシュマンだけか…。



600周年記念館

600周年記念館の様子です。この建物は名前通り成均館大学校の600年周年になる1998年に建てられた建物です。とても立派でした!600年はすごいですね!



正門から

初代学長「キム・チャンスク」先生の銅像です。銅像の下はキム先生の詩が刻まれていました。ポーズがとてもユニーク。



正門から

私たちは学校内を歩きながらふっと思いました。この学校の歴史がこれだけ長いなら博物館がどこかにあるに違いないと…。それで私たちは博物館を探しはじめました。そして600周年記念館で博物館を発見!入場は無料です。



花壇

お花も冬の準備をしていました。形がかわいい。スーパーマリオに出てくるカメみたいです。



ウリ銀行

学校の至るところに「ウリ銀行」のATMが驚くほどたくさんありました。成均館に通うならウリ銀行の口座を作れば間違えなし!



学校の周辺には楽しいところだらけ。

演劇のポスター

学校の近くの壁には演劇のポスターがたくさん貼られていました。授業が終わった後は演劇を見るのもいいですね! 劇場の周辺には演劇俳優さんたちがよく歩いているのでイケメンも多いとか。(笑)



10×10

ソンギュングァン大学の最寄り駅の「惠化駅」の2番出口の周辺はお店がとても多いです。そこで韓国でオンラインショップで有名な雑貨店の「10×10(テンバイテン)」を見つけました。中にはかわいいものがいっぱい!



面白ノート

そこで見つけた面白いノート。左側のノートはレトルトのカレーのパッケージを真似した「3分勉強」。右側のノートには「大学行ってミーティング(合コンのこと)する?工場行ってミシンする?」と書いてあります。(ちなみに韓国語では合コンを「ミーティング」ミシンのことは「ミシング」と言います。最後の文字が一緒なのです)私も勉強しなくちゃ!



成均館の語学院の留学生お二人にインタビュー!

面白ノート

成均館の語学院に通っている佐藤さんと杉山にお話を聞かせていただきました。

アンニョンハセヨ。

Q.韓国にいつ来ましたか。

佐藤さん、杉山さん: 一ヶ月半前です。

Q.成均館大学校を選んだのは何故ですか。

杉山さん: 10月に入学できる学校でしたし、1年で6級まで学べるところもいいと思って選びました。
佐藤さん:成均館大学校は1学期が2ヶ月間だったので、大学卒業の前に2ヶ月間だけ留学したいと思って選びました。

Q.授業の特徴を教えてください。

佐藤さん、杉山さん: 授業が進むのも早いですし、毎日宿題もあって小テストも多いですが、わりと中間と期末テストはそれほど難しくない気がします。毎日の試験や宿題をちゃんとこなしていくことを大事にしているような気がします。提出物は遅れても必ず出してと言われますね。
また午後には選択授業があって発音、文法、文化体験、韓国の歌で学ぶ授業などもあります。文化体験として同じクラスのみんなと外に出ることも多いので、いろいろな国の人たちと交流をする機会が多いです。

Q.成均館大学校のいいところは何ですか。

杉山さん: Wi-Fi環境がとてもいいです。留学生にとってWi-Fi環境はとても大事だと思います。学校内だとどこに行ってもWi-Fiが使えるのでとても便利です。
佐藤さん: 学校から明洞や東大門も近いので便利です。交通が便利なところもいいです。

Q.成均館を選んで満足しますか?
杉山さん、佐藤さん: はい。満足しています。
韓国語を短期間で学びたい方におすすめします。



*********************************

まとめ -------

成均館大学校は学校の生活以外にも少し違う留学ライフを楽しむにはとてもいい環境だと思います。

いつでも演劇やミュージカルを楽しむことができますし、平日に行けばチケットの値段もお手頃でした。新村と弘大と同じような繁華街ですが、芸術的な感性があふれる場所だと思います。

また、成均館語学院が他の学校と大きく違うところは1学期が2ヶ月ということです。なので、授業は少し大変かもしれませんが、短期間で効果的に勉強したい方には最適な環境だと思います。

みなさんも600年の歴史を誇る韓国の名門成均館大学校で勉強してみてはいかがでしょうか?



取材・記事作成: 毎日エデュケーション ソウルデスク
Reported by パク ギョンミ 박 경미(2014年3月)

ソウルデスクのブログはこちら!






成均館大学校の学校情報へ戻る


Share (facebook)  この記事をFacebookでシェアする。



韓国留学のご相談

韓国留学チーム

「自分に合った学校を見つけたい!」
「どんな滞在方法がある?」など、
 どうぞお気軽にお問い合わせください!

お電話でのカウンセリングも承ります。


  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページTOP


ページトップに戻る