スマ-トフォン向けサイトへ
サポートセンター

コラム「留学は目的じゃない。夢を叶える手段なんだ!」第4回

トピックス

グローバルキャリア塾・連載コラム

留学は目的じゃない。夢を叶える手段なんだ!

> > 眞田まことさん

第4回:NY同時多発テロ発生。取締役辞任からメルボルンで再出発

眞田まことさん

オーストラリア・ビクトリア州 政府 東京オフィス
教育企画推進官

眞田まこと (さなだ まこと)

大阪府出身。社会人10年目にしてオーストラリア留学をし、その後留学エージェントを日本で立ち上げ、その後メルボルンで働く。2006年に帰国して現職に就く。ビクトリア州政府によるオーストラリア留学推進プロジェクト「STUDY MELBOURNE」に携わる。

足掛け約2年のオーストラリアでの留学&就職活動にピリオドを打ち、日本に帰ってきた訳だが、事業の立ち上げという一大イベントが待ち構えている。もちろん初体験である。何もかもわからないことだらけだったが、いつの時でも不思議な縁というか、必要な出会いというものがある。

まずは自分が留学した学校のスタッフに紹介された、その学校の日本オフィスの方。当時はその日本オフィスに2人の方々がいらっしゃったが、業界のいろはを教えて頂いた。今でも私はそのお2人のことを師匠と呼んでいる。

そしてそのうちのお1人からご紹介を受けた、当時1人で留学エージェントをされている方だ。主にニュージーランドの高校留学を中心に扱っておられた方だが、この方からも多くのことを学ばせて頂いた。それだけでなく、オーストラリアの現地サポートをして下さる方もご紹介頂き、少しずつネットワークを広げていった。

私はオーストラリアの専門学校でグラフィックデザイン&マルチメディアを勉強したのだが、卒業して帰国後この仕事を立ち上げた時、オーストラリアで学んだことが本当に実社会でそのまま使えるスキルだったということを実感することができた。その勉強のお陰で、ウェブサイト、パンフレット、チラシ、名刺などデザインは全て自分でこなせたのである。日本の専門学校には行っていないので比較はできないが、オーストラリアの専門学校はすごい!と思った。

立ち上げ当初、当然問い合わせなどはない、毎日開店休業状態だ。毎日毎日資料作りと良い広告媒体を探し続けていた。それでも一応ウェブサイトも何となく格好がついたし、広告も出した。問い合わせも入り始めた頃にはもう数ヶ月が経っていた。実際に会ってきた学校はもちろん、そうでない学校ともコンタクトができてきた。来日した学校スタッフが訪問もしてくれるようになってきた。これは更にネットワークを広げるために、再渡豪して各地の学校訪問をしなければならない。

年末年始にオーストラリア5都市訪問ツアーに出た。留学中に旅行をしたが、今回は初めて行く都市を含んでいる、しかも仕事では初めてで、各都市の学校や現地サポート機関とアポイントを取りまくっているので、行く前からかなりの緊張をしていた。それぞれの都市でも多くの出会いがあった。事前にアポイントを取っていた相手だけではなく、現地で紹介されて出会った人もあり、その中の1人との出会いが、また私の人生を変えることになる。

一通りの学校訪問を終えて日本帰国を果たし、その情報をウェブサイトへ反映すべく総アップデートを行った。情報も体制も比べ物にならないほど充実し、ようやくビジネスも軌道に乗るべく光明を見出した頃にそれは起きた、NY同時多発テロだ。

テレビを見ながら打ちひしがれてしまった。こんな状況で誰が留学へ行くんだ、と。そこから挫折への時間はかからなかった。事業を続けていけなくて取締役を辞任、仲間と立ち上げた会社を離れた。実家の大阪に帰って、病に伏した母親の介護を始めた矢先に、メルボルンで出会った現地サポート機関の社長さんから願ってもないオファーを頂いた。「メルボルンに来て働かないか?」断る理由などある訳がない。



Share (facebook)  このコラムをFacebookでシェアする。

  • カウンセリング予約
  • 説明会イベント
  • 資料請求

ページトップに戻る